信用情報機関とは?

信用情報はどこに記録されている?

信用情報は、信用情報機関と呼ばれている場所に記録されます。

信用情報機関とは、個人の信用情報の収集や提供を行う機関で、以下の3つがあります。

  • 全国銀行個人信用情報センター(KSC)
  • 株式会社シー・アイ・シー(CIC)
  • 株式会社日本信用情報機構(JICC)

それぞれ簡単に説明します。

全国銀行個人信用情報センター(KSC)

主に銀行が利用する信用情報機関です。
住宅ローンや、銀行系クレジットカードなどで利用します。

株式会社シー・アイ・シー(CIC)

主にクレジットカード発行企業や、自動車などのローン会社など利用する信用情報機関です。
クレジットカード会社は、ほぼCICを使います。

株式会社日本信用情報機構(JICC)

主に消費者金融などが利用する信用情報機関です。
融資の際などに利用します。

信用情報機関同士のつながりについて

3つの信用情報機関は、扱っている情報は同じ信用情報ですが、別の機関です。
別の機関なので、通常は他の信用情報機関の情報を見ることができません。

ただ、これだと困ることがあります。

例えば、KSCの信用情報である住宅ローンを滞納していて、
CICの信用情報であるクレジットカードの支払いは問題が無いとします。

この時、クレジットカードを申し込むとクレジットカード会社はCICに照会します。
CICには問題となる情報がないので、このままだと審査OKになってしまいます。

しかし、実際には現在進行中で住宅ローンを滞納しており、
この状態で、クレジットカードの支払いをきちんとしてもらえる可能性は低いです。
クレジットカード会社がこのまま審査OKにしてしまうのは、リスクが非常に高いわけです。
ただ、住宅ローンの情報は別の機関にあるので、クレジットカード会社からは知ることができません。

このままの状態だと各信用情報機関で問題が起こりやすくなってしまいます。
なので、問題のある情報(延滞や滞納)を信用情報機関同士で共有するようになっています。
この情報を「CRIN(クリン)」と言います。

CRINがあれば、クレジットカード会社でも住宅ローンの滞納があることを知ることができるので、正しい審査ができるようになります。

CRINは、どの情報が共有されていて、どの情報が共有されていないかはわかりません。
なので、いつどの信用情報を参照されてもいいように、綺麗な信用情報にしておきましょう

誰でも信用情報を照会できる?

自分の信用情報がどのような状態になっているか気になりませんか?
実は、信用情報機関にある信用情報は、自分で確認することができます。

本人しか見ることはできず、赤の他人は見ることはできません。
少なくとも本人の同意が必ず必要になりますので、
勝手に誰かに見られる、ということは無いので安心してください。

信用情報の取得には、手数料が500~1000円程度が掛かります。
取得方法は、ネットや、郵送、直接信用情報機関に行く、などがあります。
オススメは自宅から取得できるネットでの方法になります。

もし、クレジットカードの審査に通らず、その原因に心当たりが無い場合は、
信用情報を取得してみるのもいいと思います。

信用情報の取得については、以下のページも参考にしてみてください。


関連記事一覧

サブコンテンツ

クレ活一押しの年会費無料&高還元率カード!

「Orico Card THE POINT」(オリコカードザポイント)は、年会費永年無料でポイント還元率は常時1%のカード。

 オリコモール経由でAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングの還元率が常時2%になるネットショッピングに強い、メインカードにおすすめのカードです。

クレ活!クレジットカード4コマ

クレ活4コマ003
クレ活4コマ004

このページの先頭へ