信用情報、クレジットヒストリー(クレヒス)について

信用情報とは

信用情報とは、
個人情報の1種で、クレジットカードの支払い情報や、色々なローンの支払い情報のことがメインです。
他に個人の属性情報(名前、住所、勤務先等の情報)が記録されています。
クレジットカードの審査においては、クレジットヒストリー(通称クレヒス)と呼ばれることがあります。

信用情報の重要性

信用情報の重要性について、アメリカを例として説明していきます。

日本では主にクレジットカードや何かのローンを申し込む時に、信用情報を参照しています。
アメリカはこれに加えて、部屋の賃貸や就職活動などにも信用情報を参照するようです。
信用情報が悪ければ、部屋を借りれなかったり、ローン金利が高くなったり、就職が困難になったりします。
なぜここまで信用情報を使っているのかというと、
アメリカは移民が多く、客観的に信用度合いを判断する必要があるため信用情報が使われています。
なので、アメリカに住んでいる人は日本人に比べて、信用情報が良くなるように意識している傾向があります。

でも、ここは日本だぞ! と言いたくなると思います。
たしかに、まだ日本ではアメリカほど信用情報を参照する機会はありません。

ただ、身近な例としては携帯電話本体の割賦販売(かっぷはんばい)時に信用情報を参照します。
割賦販売とは、商品の代金を分割で支払える販売方式で、簡単に言えばローンになります。
携帯電話会社は、割賦販売と割引を併用し、実質0円で買える、という仕組みで売っています。
この割賦販売時にも信用情報を参照されます。
思い返してみると、「個人信用情報機関への個人信用情報の照会・提供に関する同意書」のような書類にサインをしたと思います。
これは、あなたの信用情報を確認してもいいですか? という書類です。
なので、割賦販売の審査時に信用情報が参照されます。
また、月々の携帯電話本体代金の支払いは、
ローンの返済と同じようなものなので、信用情報として記録されていきます。

他の身近な例としては、家賃の支払状況も信用情報として記録している会社もあるようです。
保証人不要と謳っているようなところだと、保証人の代わりに信用情報を見て判断しているようです。

信用情報の重要度は、まだアメリカほどではありませんが、
今後は参照するケースは増えていくと思われます。
信用情報は良いに越したことはないので、意識した方が良いと思います。

良い信用情報(クレヒス)を作るには?

では、良い信用情報を作るにはどうすればいいでしょうか?

実は非常にシンプルで簡単です。

クレジットカードの支払いや何かしらのローンを、
遅れることなく確実に返し続けていくことです。

信用情報は、毎月支払い状況が記録されていきます。
その記録を、「毎月きちんと払っている」状態にしておけばいいわけです。

たまーに1回だけ支払いが遅れてしまった、程度であれば問題ありません。
連続して支払いが遅れたり、滞納が続くと信用が下がりますので注意してください。

ちなみに支払が遅れ続けた状態の信用情報のことをブラックリストと呼ぶことがあります。
実際にブラックリストというリストがあるわけではなく、
「悪い信用情報」のことをブラックリストと呼んでいます。


関連記事一覧

サブコンテンツ

クレ活一押しの年会費無料&高還元率カード!

「Orico Card THE POINT」(オリコカードザポイント)は、年会費永年無料でポイント還元率は常時1%のカード。

 オリコモール経由でAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングの還元率が常時2%になるネットショッピングに強い、メインカードにおすすめのカードです。

クレ活!クレジットカード4コマ

クレ活4コマ003
クレ活4コマ004

このページの先頭へ