実際に信用情報を取得してみた(CIC)

CICからのハガキ写真
実際に、CICから信用情報を取得しみたことの体験談になります。

手順については、「自分の信用情報を確認する方法(CIC)」を参考にしてみてください。

信用情報の取得

ほぼ手順通りに進めていきました。

まずは、電話をかけて受付番号を取得しました。
音声ガイダンスに沿って、クレジットカード番号と有効期限を入力します。
受付番号は、数字6桁でした。

続いてフォームに入力します。
念のため、必須項目以外の運転免許証番号も入れておきました。

一応、画像を載せておきますが、
個人情報のためほぼ全てを隠してあります。

実際のクレジット情報開示情報入力画面

ここの画面の下にあるパスワードは、すぐに必要になるのでメモしておきます。
あとは、確定ボタンをクリックすれば、信用情報のPDFファイルをダウンロードできました。

ここまでで30分も掛からずに取得できました。

CICのの信用情報開示報告書の見方

実際の信用情報を見る前に、見方を確認しておきます。
信用情報には記号が書いてあり、その記号の意味を知っておく必要があります。

記号 意味
問題なし
請求通りの入金があった
請求額の一部が入金された
本人以外から入金があった
本人の事情で引き落とし日に入金がなかった
本人の事情とは無関係の理由で引き落とし日に入金がなかった
入金されておらず、原因が不明
請求もなく入金もなかった(クレジット未使用)
空欄 クレジット会社等から情報の更新がなかった(クレジット未使用など)

記号は色々ありますが、
主に見るのが「$」かどうか、になります。
「$」や「-」であれば、問題が無いということです。

実際の信用情報

では、実際の信用情報を見ていきます。
※個人情報の部分は、消してあります。

まず、ダウンロードしたPDFには、パスワードが掛かっています。
このパスワードは、上の画像の中にあるパスワードを使用します。
パスワードを入力すると、pdfファイルを開くことができます。

まず、1ページ目です。
表紙になります。
信用情報開示報告書01
赤で囲った部分を見ると、CICに情報が登録されていることがわかります。

続いて、2ページ目以降です。
クレジットカードやローンの情報です。
信用情報開示報告書02
一番重要なのは下にある「入金状況」の部分です。
すべてが、問題なく支払っている事を意味する「$」記号で埋まっています。
これがいわゆる、綺麗なクレジットヒストリーというものになります。
ちなみにメインカードです。

次も、クレジットカードのページです。
各クレジットカードやローン毎にページが分けられています。
信用情報開示報告書03
「$」や「-」記号で埋まっています。
「-」記号は、請求が全く無いことを意味します。
ちなみにサブカードです。

次も、クレジットカードのページです。
信用情報開示報告書04
このページで注目するのは一番下のコメントです。
要は、解約したクレジットカードであることを意味します。

最後のページには、6ヶ月以内の申し込み状況が記載されています。
信用情報開示報告書05
クレジットカード1枚、カードローン2枚を申し込んだことがわかります。

この例の信用情報を審査してみると、
過去の支払いはすべて行っており、特に問題無いことがわかります。
ただ、最近カードの申し込みが多いのが少し気にか掛かる、といったところです。
一般カードやゴールドカードくらいまでなら、まず審査は通ると思います。

心当たりが無いのに審査に落ちてしまったり、
自分の信用情報が気になった場合は
一度CICの信用情報を確認してみるのも良いと思います。


関連記事一覧

サブコンテンツ

クレ活一押しの年会費無料&高還元率カード!

「Orico Card THE POINT」(オリコカードザポイント)は、年会費永年無料でポイント還元率は常時1%のカード。

 オリコモール経由でAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングの還元率が常時2%になるネットショッピングに強い、メインカードにおすすめのカードです。

クレ活!クレジットカード4コマ

クレ活4コマ003
クレ活4コマ004

このページの先頭へ