ステータスカードの取得方法

ステータスカードが欲しい!って思っても、
残念ながらほとんどのケースで、簡単に取得することはできません。

インビテーション(招待制)であったり、
社会的地位や年収などの取得条件が厳しかったりするので
申し込んでも、すぐに取得できるわけではないんです。

まあ簡単に取れないからこそのステータスカードでもありますが。

では、どのようにすればステータスカードが取得できるんでしょうか?
ステータスカードを将来的に持ちたいと思っている人は、重要なので見ておいてください!

そのクレジットカードの上下(グレード)関係を意識する

クレジットカードにはグレードがありますが、
ほとんどのクレジットカードがその種類ごとに上下関係があります。
(グレードは、ゴールド、プラチナ、ブラックなどです。
グレードの詳細は「クレジットカードのグレード(ランク)」)

例えば、三井住友VISAカードの場合、
以下のように同じ種類のカードの中で、グレードが分かれています。

  • 三井住友VISAカード
  • 三井住友VISAゴールドカード
  • 三井住友VISAプラチナカード

欲しいと思ったステータスカードにも、おそらくこのような上下関係があります。
まずは、このような上下関係を知ることが第一歩になります。

お目当てのステータスカードの下位ランクを取得

冒頭でも書きましたが、お目当てのステータスカードを一発で直接取得することは困難です。

では、どうすれば取得できるかというと、
そのステータスカードの下のグレードを取得します。

例えば、三井住友VISAカードでは、以下のようにグレードが分かれています。

  • 一般
  • ゴールド
  • プラチナ

プラチナカードの取得を目指している場合は、
ゴールドカードを取得する、ということになります。

もし、ゴールドカードの取得の審査に落ちたり、厳しそうと感じるのであれば
さらにその下の一般カードを取得することになります。
(三井住友VISAカードには、一般とゴールドの間にヤングゴールドがありますがここでは省きました)

下位ランクのカードを取得した後、どうするの?

目的のステータスカードの下位カードを取得したら、
あとはひたすら使って、ひたすら返済をしていきます。

これを継続していけば、上位のカードへの招待が来ることがあります。
だいたい、半年~2年くらいでカード会社から反応があると思います。
それでも来ない場合は、自分から申し込んだり、連絡してみましょう。

カード会社は、自分の会社のカードをコツコツと使ってくれる利用者には、
優良顧客と判断して、その上のランクのカードに招待してくれるようになります。

特に以下の点には注意して下位のカードを使っていくと、より招待してもらいやすくなります。

  • 毎月使う(なるべく多く)
  • 延滞しない
  • 毎月記録されていることを意識する

これらを、クレヒス作りとも言います。
信用情報は毎月記録されるので、その記録の際に最も良い記録が付くようにします。
これを継続していけば、カード会社も注目してくれて、招待してくれる、というわけです。

なるべく年間利用額が多い方が、招待の確率は上がると思います。

一見、欲しいステータスカードの前に1年くらい費やして、クレヒス作りをするのは
遠回りに見えるかもしれません。
しかし、一般人にとってはこれが一番確実で早く取得できる方法になります。

もし、まだ取得したいステータスカードが決まっていないのであれば、
ステータス目的でクレジットカードを選ぶ方法」のページを参考にしてみてください。


関連記事一覧

サブコンテンツ

クレ活一押しの年会費無料&高還元率カード!

「Orico Card THE POINT」(オリコカードザポイント)は、年会費永年無料でポイント還元率は常時1%のカード。

 オリコモール経由でAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングの還元率が常時2%になるネットショッピングに強い、メインカードにおすすめのカードです。

クレ活!クレジットカード4コマ

クレ活4コマ003
クレ活4コマ004

このページの先頭へ