クレジットカードに付帯する旅行傷害保険とは?

旅行傷害保険とは?

クレジットカードには旅行傷害保険が付くことがあります。
旅行中に何か事故が起き、費用が発生してしまった場合に、その費用が戻ってくるという保険です。

種類としては、海外と国内で分かれています。
また、それ以外にも色々と細かく項目が分かれているので、順に説明していきます。

旅行の保険をクレジットカードで大丈夫かどうか、気になっている人は是非読んでみてください!

自動付帯と利用付帯

クレジットカード毎に、保険の効果が有効になる条件があります。
条件は2つあって、自動付帯と利用付帯というものです。

自動付帯とは、カードを持っているだけで有効になります。
実質、無条件です。
この持っているというのは、手に持っている、持ち歩いているという意味ではなく
カードを保持しているという意味なので、
言ってしまえば、家に置きっぱなしでも効果を発揮するという意味になります。

利用付帯とは、旅行代金をカードで支払えば有効になります。
自動付帯よりは劣りますが、結局旅行代金はクレジットカードで支払うと思うのでほとんど問題ありません。
ただ、メイン(使いたい)カードに旅行障害保険がなく、
サブ(普段使わない)カードに利用付帯付帯の保険しか無い場合は、
普段使わないポイントが貯まることになるので少しもったいないです。
ですが、保険のためと割り切れば良いと思います。

両方共、保険適用期間が旅行開始日から90日とか決まっています。
だいたい90日ですが、カードによって違うので長期間の旅行の場合は確認しておきましょう。

複数枚のカードがあれば補償額を合算できる!

各項目を見て行く前に知っておきたい重要なことがあります。
それは、複数枚カードを持っていると、それぞれの補償額を合算した金額が補償されるということです。

例えば、カードA 自動付帯 補償額100万、カードB 自動付帯 補償額200万、を持っていた場合、補償額はその合計の300万になるんです。

ただ、合算できないケースが2パターンあります。

1つ目は、「死亡・後遺障害」の補償は合算できません。
合算ではなく、最も高い金額が適用されます。

2つ目は、発行会社が同じ場合です。
同じ発行会社の場合、発行会社が入っている損害保険会社が同じ場合が多く、
その場合は合算できず、最も高い金額になる場合があります。
ただ、カードによって変わることがあるので、事前に確認しておいた方がいいです。
ちなみに、ジャックスのカードは合算できるようです。(電話確認済み)

海外旅行傷害保険の各項目

それでは、各項目について説明します。

死亡・後遺障害

旅行出発から帰宅までにケガをして、事故日から180日以内に死亡か、後遺障害になった場合に補償されます。

ただし、ケガは偶然の事故である必要があります。
故意はもちろんですが、事故率の高いスポーツなども対象外になる可能性があります。

また、病気も対象外です。

そもそも病気による死亡や後遺障害は、どのクレジットカードの保険も効きません。

障害・疾病治療

旅行中にケガや病気で、医師の治療を受けた場合に補償されます。

海外で突然の大きな手術がいるような自体になってしまった場合、何百万もの費用がかかる場合があります。
実際にそういった事例も探せば結構あるようです。
年会費無料カードの補償額は、100万とか200万になるので、1枚のカードでは全然足りません。
補償金額的には500万以上は確保しておきたいところです。

障害・疾病治療は、合算できるので
年会費無料で自動付帯のクレジットカードを複数持っておくのが一番です。

賠償責任

自分ではなく他人にケガをさせてしまったり、物を壊してしまった場合に、賠償しろと言われた時に補償されます。

他人にケガをさせることは少ないと思いますが、物を壊してしまうことは結構あると思います。
うっかり落としてしまい、壊れてしまったような場合は簡単に想像できます。

賠償責任の補償額は、年会費無料カードでも2,000万円あったりするので
金額面ではそこまで気にしなくても大丈夫です。

救援者費用

自分が事故に遭い、それによって他の人にかかってしまう費用を補償できます。
捜索救助費用や、家族が飛行機などに乗って現地に行く時の費用、死亡時の遺体処理費用、等の費用です。

救援者費用の保障額は、だいたい200万くらいでそこまで高くありませんが、
そもそも救援者の費用が多くかかることはないので、そこまで気になくても大丈夫です。

携行品損害

携行品損害は、物の補償です。
旅行中の偶然の事故によって、自分の物が破損したり、盗難に遭った場合に補償されます。

ただ、補償金額は定価ではなく時価になります。

あと、1品あたり自己費用がかかることがあるので
ある程度の金額の物でないと補償してもらう意味がありません。

自己費用はだいたい3,000円かかります。
カードによって値段は違います。

国内旅行傷害保険の各項目

国内旅行の項目は、海外に比べるとわかりやすいです。

国内旅行傷害保険は、年会費無料で自動付帯のカードは無いので
メインカードに付帯している方が無難です。

死亡・後遺障害

海外旅行傷害保険と同じで、
旅行中のケガによる、事故日から180日以内の死亡か、後遺障害になった場合に補償されます。

入院

旅行中に入院することになった場合の補償です。
1日いくらという形で補償されます。

手術

旅行中に手術することになった場合の補償です。
1回いくらという形で補償されます。

通院

旅行中に通院することになった場合の補償です。
1日いくらという形で補償されます。

旅行傷害保険におすすめの年会費無料自動付帯のカード

年会費無料で自動付帯の旅行傷害保険付き、
という利用者にとって、超都合の良いカードがいくつかあります。

旅行傷害保険が自動付帯!年会費無料のおすすめクレジットカード
にまとめてあるので、旅行に行く人は参考にしてみてください。


関連記事一覧

サブコンテンツ

クレ活一押しの年会費無料&高還元率カード!

「Orico Card THE POINT」(オリコカードザポイント)は、年会費永年無料でポイント還元率は常時1%のカード。

 オリコモール経由でAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングの還元率が常時2%になるネットショッピングに強い、メインカードにおすすめのカードです。

クレ活!クレジットカード4コマ

クレ活4コマ003
クレ活4コマ004

このページの先頭へ