海外旅行でのクレジットカードの使い方

ここでは海外旅行でのクレジットカードの使い方や、注意点を説明します。
使い方は日本とほぼ変わらないので、
注意点が中心になります。

いざという時のために、一度確認しておいてください!

海外旅行の事前準備

海外旅行に行く前の準備は、確認事項が中心になります。
でも、この準備が一番重要なので、しっかり確認してくださいね。

カード会社の連絡先をメモ

まずは、クレジットカードを盗まれた時などのために、
カード会社の連絡先やクレジットカード番号をメモしておきましょう。

カードによっては、
トラベルデスクという旅行時用の専用サポートもあるようなので、
さらに確認しておくと良いと思います。

もし、面倒だったらカード会社に電話して、
「海外旅行をするんだけど、現地からの連絡先を教えて?」
と聞いておけば確実です。

カードの限度額が心配なら

カードの利用限度額は、電話一本で一時的に増やすことができます。

もし、旅行時に限度額が心配な場合は、
カード会社に電話をして増額しておきましょう。

海外旅行傷害保険の確認

クレジットカードの旅行傷害保険をあてにする場合は、
内容をしっかりと確認しておきましょう。

特に、自動付帯か利用付帯かは重要です。
もし利用付帯の場合は、
旅行代金をカードで支払わないと保険が有効にならないので、
カードで支払っておく必要があります。

また、旅行傷害保険は家族特約が無い限り、
家族分の保険はききません。
カード保有者、もしくは家族カード保有者のみ、保険が適用されます。
これらを考えて保険を組んでおきましょう。

旅行傷害保険については、「クレジットカードに付帯する旅行傷害保険とは?」も参考にしてみてください。

2、3枚のクレジットカードを持っていく

ここが唯一、行動が必要になる点です。

1枚のクレジットカードだと、
いざ使えなくなったり、盗難に遭った場合に困ることがあります。

なので、可能なら2~3枚を持っていきましょう
その場合は、違う場所や人が保管するようにします。
同じ財布に入れておいたら意味がありません。

また、国際ブランドによってカードが使えないことがあります。

クレ活としてのおすすめは、VISA+何か、です。
VISAが使えないことは、ほぼ無いと思いますので、
とりあえずVISAを持っていくことをおすすめします。

海外旅行中

海外旅行中にカードを使う場合です。

海外でのクレジットカードの使い方

基本的に、カードの使い方は日本と同じです。

支払い時にカードを出して、
サインをするか暗証番号を入力します。

サインは漢字でいいのか?
という質問をよくみかけますが、漢字で大丈夫です。
カード裏に書いたサインと同じサインをします。

たまに、現地の通貨で払うか、日本の通貨で払うかを聞かれることがあります。
この場合は、現地の通貨で払います。
日本の通貨にすると、その店の独自のレートで交換されるので損になることがあります。

サイン前の確認はいつもより念入りに

日本の場合、レシートの内容を見ずにサインしている人は多いんじゃないでしょうか?
クレ活管理人も金額が少ない時は、多分見てません(笑)。

ですが、海外の場合は
金額、支払い方法を念入りに確認しておきましょう。
かなりアバウトなお国もありますので(笑)。←桁が違うと笑えない。。

また、旅行中にカード使用した商品の請求が確認できるまでは、
クレジットカードの控えを保管しておきましょう。

海外旅行後

海外旅行後は、不正利用されていないかどうかを確認します。
旅行時の利用明細を念入りにチェックしましょう。

もし、見に覚えのない明細があったら、
カード会社に電話します。

この時に、旅行代金や旅行中のレシートが必要になることがあるので
必ず保管しておいてください。


関連記事一覧

サブコンテンツ

クレ活一押しの年会費無料&高還元率カード!

「Orico Card THE POINT」(オリコカードザポイント)は、年会費永年無料でポイント還元率は常時1%のカード。

 オリコモール経由でAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングの還元率が常時2%になるネットショッピングに強い、メインカードにおすすめのカードです。

クレ活!クレジットカード4コマ

クレ活4コマ003
クレ活4コマ004

このページの先頭へ