家族カードとは?

最初に、用語を整理しておきます。
本会員とは、最初にカードを作ったメインの人。
家族会員とは、本会員の家族カードを作った人。

家族カードとは?

家族カードとは、本会員の家族に使ってもらうためのカードです。
基本的に家族カードでやれることは、本会員カードと同じになります。
家族割の携帯電話を自分の家族に渡すようなイメージです。

もしかしたら、本会員のカードを家族の人に使わせても同じじゃないかと思う人がいるかもしれません。
実はクレジットカードは本人以外が使うことは禁止されています。
なので、家族に使わせたい場合は、家族カードが必要になってきます。

家族カードを使うとどうなるのか?

家族カードを使うと、その金額は本会員に請求されます。
そして、いつもと同じ口座から、いつもと同じ支払日に家族カードで使った金額も引き落とされます。
つまり、請求金額 = 本会員利用分 + 家族会員利用分 となるわけです。
家族カードで使った分は、本会員の利用明細に記録されるので確認できます。

家族カードで使った分にもポイントはもちろん付きます。
本会員が還元率1%なら、家族カードで使う分も還元率1%になります。

利用限度額は、ほとんどの場合、本会員と家族会員で共有します。
例えば、本会員の利用限度額が50万の場合、
本会員と家族会員合わせて50万円まで使える、ということになります。
カードによっては、それぞれ利用限度額まで使える(本会員50万、家族会員50万まで)場合もあるようです。

家族カードにかかる費用

家族カードにも費用がかかる場合があります。
かかる費用は2つです。

  • 発行手数料
  • 年会費

発行手数料は、家族カードを作る初回だけかかる費用です。
年会費は、毎年かかる費用です。
本会員が無料だからといって、家族会員が無料になるとは限りません。
カードごとに違うので、確認しておきましょう。

家族カード特有の条件としては、
家族カード1枚目までは無料とか、
家族カードは3枚までは発行可能でそれ以上は不可
というような条件もあります。

付帯保険や付帯サービスも使える!

家族カードでやれることは、本会員カードと同じ、と上で説明しましたが、
同じように付帯保険や付帯サービスも使うことができます。

なので、旅行傷害保険の付いているカードの家族カードを作れば、
その家族会員にも旅行傷害保険が適用されることになります。

付帯サービスも同じで、例えばある場所で5%OFFになるカードだった場合、
家族カードで使っても5%OFFになります。

家族カードの申し込み方法や条件

家族カードの申し込み方法は、カード会社に依頼します。
電話か、WEBサイトから申し込むことができます。
簡単な審査を通れば、あとは家族カードが送られてくるのを待つだけです。

審査の内容は厳密なものではなく、
カード利用が滞納していたり、停止している状態でなければ問題ないと思います。
また、本会員が主婦、学生、未成年、無職等の場合だと、発行が無理な場合があります。
この辺は、カード会社によってきます。

家族カードの申し込みの条件は、一言で言えば、家族であることなんですが(笑)、
正確に書くとこんな感じになります。

本会員と生計を共にする高校生を除く満歳18歳以上の配偶者、子供、両親。

カード会社によっては、同居が条件となっている場合もあります。


関連記事一覧

サブコンテンツ

クレ活一押しの年会費無料&高還元率カード!

「Orico Card THE POINT」(オリコカードザポイント)は、年会費永年無料でポイント還元率は常時1%のカード。

 オリコモール経由でAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングの還元率が常時2%になるネットショッピングに強い、メインカードにおすすめのカードです。

クレ活!クレジットカード4コマ

クレ活4コマ003
クレ活4コマ004

このページの先頭へ