国内旅行障害保険と国内航空障害保険の違い

クレジットカードの付帯保険の1つに、
「国内旅行傷害保険」というものがあります。

さらに、ANAカードの場合は「国内航空傷害保険」というものもあります。

一瞬同じように見えますが(笑)、
3~4文字目の「旅行」と「航空」部分が違い、
内容も別物となっています。

実際にANAカードの一部には、
「国内旅行傷害保険」と「国内航空傷害保険」の両方が付帯したりします。

どこがどう違うのか、公式サイトを見ても非常にわかりにくいと思うので、
これらの違いについて調べてみました。

※なお、細い点については各カード会社によって違う場合があります。

国内旅行傷害保険とは?

国内旅行傷害保険とは、
以下どれかを満たした時に保険金が支払われます。

  • 公共交通機関搭乗中のケガ
  • 宿泊施設内における火災・破裂・爆発によるケガ
  • 募集型企画旅行参加中(パッケージツアー)のケガ

海外旅行傷害保険だと、自宅を出てから自宅に帰るまでが保険対象になりますが、
国内旅行傷害保険の場合は、実は公共機関や宿泊施設など特定の場所に限られています。
さらに宿泊施設は火災・破裂・爆発と状況までかなり限定されています。

ツアーの場合は、自宅~集合場所や解散場所~自宅は対象外になります。

国内航空障害保険とは?

国内航空傷害保険とは、
以下どれかを満たした時に保険金が支払われます。

  • 航空機に乗客として搭乗中のケガ
  • 入場が許される飛行場構内にいる間のケガ(搭乗者に限る)
  • 航空機が不時着陸し、引き続き目的地へ赴くために航空会社提供の交通の乗客として乗っている間のケガ(搭乗者に限る)

つまり、出発地の空港に入った時から、到着地の空港を出る時までが、
保険対象になります。

国内旅行障害保険と国内航空障害保険の違い

結局、国内旅行傷害保険と国内航空傷害保険の違いはどこかというと、
適用される範囲が違います

  • 国内旅行傷害保険は、公共機関搭乗中や宿泊施設
  • 国内航空傷害保険は、出発地の空港から到着地の空港まで

国内旅行傷害保険の方が範囲は広いです。

だいたいの場合は国内旅行傷害保険は国内航空傷害保険を含みますが、
飛行場構内は国内航空傷害保険のみとなります。

ANAカードは、国内航空傷害保険のみが付帯する場合が多いので、
国内旅行傷害保険が付かない場合は少し注意してください。

どちらにしろ、国内旅行用の付帯保険は適用範囲が狭いです。
クレジットカードの保険はあまり当てにせず、
場合によっては、別途旅行会社が提供する保険も検討してみてください。

ちなみに海外旅行傷害保険の方は厚い保険内容なので、当てにしても大丈夫です。


関連記事一覧

サブコンテンツ

クレ活一押しの年会費無料&高還元率カード!

「Orico Card THE POINT」(オリコカードザポイント)は、年会費永年無料でポイント還元率は常時1%のカード。

 オリコモール経由でAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングの還元率が常時2%になるネットショッピングに強い、メインカードにおすすめのカードです。

クレ活!クレジットカード4コマ

クレ活4コマ003
クレ活4コマ004

このページの先頭へ