マイル自動移行コースとマルチポイントコースどっちが得?

ANAマイルを貯めるなら、必ずマイルへの移行が必要になってきます。

そして、ANAのマイレージ移行コースは2種類あります。

  • マイル自動移行コース(自動移行方式)
  • マルチポイントコース(応募方式)

JCBでは、マイル自動移行コース、マルチポイントコースと呼び、
VISA/マスターでは、自動移行方式、応募方式と呼ばれています。
この記事では、JCBの呼び方にしておきます。

それぞれの移行コースがどういうコースなのか、
また、どちらのコースの方が得なのかを、
このページで紹介しようと思います。

マイル自動移行コース

まずはマイル自動移行コースです。

これは自動とあるように、獲得ポイントが自動的にマイルに移行されます。
そのため、何も手続きをしなくても、毎月のポイントが勝手にマイルになってくれます。

マイルへの移行手数料は毎年かかります。

例外として、ボーナスポイント・優遇ポイントは、
手動での移行手続きが必要です。

マルチポイントコース

マルチポイントコースは、自由なタイミングで移行することができます。
自分が好きな時に、ポイントをマイルに交換することになります。

こちらはポイントを移行する年に、移行手数料がかかります。
移行しなければ移行手数料はかかりません。

どっちの移行コースが得なのか?

両コース共、ポイントをマイルに交換をすると年間で移行手数料がかかります。
それなら、自動で移行してくれる「マイル自動移行コース」の方が得なように思えます。

しかし、実際に得なのは「マルチポイントコース」です。

マイル自動移行コースは、必ず毎年移行手数料が発生してしまいます。
しかし、マルチポイントコースは自分が交換した時のみ移行手数料が発生します。

ポイントの有効期限は2年間なので、
マルチポイントコースで2年に一度、ポイント交換をするようにすれば、
実質移行手数料は半額になります。

ただ、その一方で有効期間ギリギリまで交換しないことになるので、
交換を忘れてしまうと、ポイントが失くなってしまいます。

なので、ポイント交換を忘れずにできないと意味がありません。

マイル自動移行コースは、移行忘れが絶対に起こらないというメリットもあるので、
人によってはこちらのコースでも良いと思います。

ただ、金銭的には「マルチポイントコース」の方がお得なので、
忘れずにポイント移行ができる前提なら、こちらの方がおすすめです!


関連記事一覧

サブコンテンツ

クレ活一押しの年会費無料&高還元率カード!

「Orico Card THE POINT」(オリコカードザポイント)は、年会費永年無料でポイント還元率は常時1%のカード。

 オリコモール経由でAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングの還元率が常時2%になるネットショッピングに強い、メインカードにおすすめのカードです。

クレ活!クレジットカード4コマ

クレ活4コマ003
クレ活4コマ004

このページの先頭へ