マイレージカードのお得さは還元率ではなくマイル付与率を見よう

たくさんあるクレジットカードを比較する手段の1つに還元率があります。
還元率は、何円使ったら何円戻ってきた、をパーセントにした指標です。

例えば、100万円使って1万円戻ってきたら、還元率1%ということになります。

この還元率でクレジットカードを比較すれば、
多種多様なクレジットカードも一律に比較することができます。
単純に還元率の高いカードが、よりポイントが貯まることを表します。

それなら、マイレージカードも同じように還元率で比較すれば良いのでしょうか?
結論は問題はないんですが、正確な還元率を出すのが難しいんです。

マイルを還元率にするには、1マイルが何円の価値なのか出さなくてはいけません。
しかし、マイルは時期や場所、旅行会社等によって変動するので、
正確に出すことは難しいです。
そのため、通常還元率を出すには、1マイル=2円、のように、
一律決めてしまって計算することが多いです。

そこで、マイレージカードを比較する際は、「マイル付与率」を見ます。
ここではこのマイル付与率について説明していきます。

マイル付与率とは?

マイル付与率とは、何円使ったら何マイルもらえる、をパーセントにした指標です。
マイル加算率とか、他の呼び方もされることがあります。

例えば、100万円使って1万マイル貯まったら、マイル付与率1%ということになります。

上の方でも書きましたが、マイルを円に換算するのは難しいので、
マイルの貯まりやすさを表すようにしています。

このマイル付与率を使えば、マイルが貯まりやすいカードは、
マイル付与率が高いものを選べばいいので簡単になります。

マイレージカード同士の比較はマイル付与率、
ポイントが貯まるカード同士の比較は還元率で比較していきましょう。

もし、マイレージカードとポイントが貯まるカードを比較する場合は、
マイルを還元率に換算してから比較する必要があります。

マイル付与率のだいたいの平均値

それでは、マイル付与率がどれくらいあればお得と言えるのでしょうか?

マイル付与率のだいたいの平均値は「1%」です。

ANA、JAL、デルタ航空、ユナイテッド航空、
どの航空会社でもだいたい普通のマイル付与率は1%になっています。

低いマイル付与率だと0.5%になります。
高いマイル付与率だと1.3%とか、1.5%になります。

この辺を基準にして、マイレージカード選びをしてみてください!

まとめ!マイルが貯まるマイレージカードを選びたいなら…

マイルの貯まるクレジットカードを選ぶ場合は、
マイル付与率が高いカードを選びましょう

クレ活ではマイル付与率をすべて出しているので、参考にしてもらえば幸いです。


関連記事一覧

サブコンテンツ

クレ活一押しの年会費無料&高還元率カード!

「Orico Card THE POINT」(オリコカードザポイント)は、年会費永年無料でポイント還元率は常時1%のカード。

 オリコモール経由でAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングの還元率が常時2%になるネットショッピングに強い、メインカードにおすすめのカードです。

クレ活!クレジットカード4コマ

クレ活4コマ003
クレ活4コマ004

このページの先頭へ