電子マネーのプリペイド方式とは?

電子マネーには、プリペイド方式とポストペイ方式の2種類の方式があります。
今回はその内の、プリペイド方式について説明します。

プリペイド方式とは?

プリペイド方式とは、前払いの方式です。

電子マネーは、お金をデータに変換して、
そのデータのやり取りで買い物ができます。
このお金からデータへの変換作業を、前もってやる方式がプリペイドです。

一言で言えば、「チャージ」が必要ということです。

プリペイド方式の電子マネーには、以下のような種類があります。

  • 楽天Edy(らくてんエディ)
  • Suica(スイカ)
  • PASMO(パスモ)
  • nanaco(ナナコ)
  • WAON(ワオン)

など。

発行方法

発行方法は、いくつか方法があります。

専用端末で発行する場合は、
必要項目を入力していくことで、その場で即発行することができます。

基本的には無料で発行できますが、
一部の電子マネーには、デポジット(預り金)が発生します。
これは、発行時に500円を払い、使わなくなったら500円返してもらえる方式です。
お金が戻ってくるコインロッカーのようなイメージです。

それ以外だと、インターネットから申し込んだり、
お店の人に言って作ってもらうなどあります。

おサイフケータイの場合は、アプリをダウンロードすることで使えます。
アプリの初期設定が必要です。
モバイルSuicaなど、一部のサービスでは年会費がかかります。

チャージ方法

チャージの方法は、カード型とおサイフケータイで違います。

カード型は、専用の端末で電子マネーのカードを入れ、
チャージしたい金額分のお金を入れます。

おサイフケータイは、アプリからチャージします。
アプリを起動し、チャージしたい金額を入力して、チャージを実行すればOKです。
インターネットに繋ぐ必要があります。

使い方

使い方は、カード型でもおサイフケータイでも同じです。

残高があれば、カードもしくは携帯電話・スマートーフォンを
電子マネーを受け付ける専用端末にかざすだけです。
密着させなくても1cmくらいの距離まで近づければ、認識してくれます。

残高が足りない場合は、チャージしてください、と怒られます。

プリペイド方式のメリット・デメリット

プリペイド方式のメリットは、
子供からお年寄りまで誰でも手軽に使えることです。
ほとんど現金がカードになったようなものなので、
使い方も簡単でわかりやすいと思います。

デメリットは、毎回チャージをしなければならないので、
多少面倒に感じるかもしれません。
金額が少なくなったら自動でチャージしてくれる
「オートチャージ」ができる電子マネーもあります。

また、紛失時は、記名していれば残高そのままで再発行はできますが、
無記名の場合は、現金を落としたのと同じで、再発行はできません。
誰かに使われた金額分までは復活できません。

手軽な反面、きちんとした補償はないので、気をつけましょう。


関連記事一覧

サブコンテンツ

クレ活一押しの年会費無料&高還元率カード!

「Orico Card THE POINT」(オリコカードザポイント)は、年会費永年無料でポイント還元率は常時1%のカード。

 オリコモール経由でAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングの還元率が常時2%になるネットショッピングに強い、メインカードにおすすめのカードです。

クレ活!クレジットカード4コマ

クレ活4コマ003
クレ活4コマ004

このページの先頭へ