クレジットカードの利用明細

利用明細とは?

クレジットカードの利用明細とは、いつ、どの店で、いくら使ったがわかるものです。

利用明細を見る方法は2種類あって、紙とWEBがあります。
紙の場合、毎月郵送で送られてきます。
WEBの場合、カード会社のサイトにログインすれば見ることができます。

利用明細は、次回の支払日に支払う確定された分と、
次々回の支払日に払うであろう最近使った未確定分の2種類を見ることができます。

この確定というのは、クレジットカードの締め日と支払日が関係してきます。
(締め日と支払日については、「クレジットカードの支払い方法や種類のまとめ」)

例えば、締め日が末日、支払日が翌月27日とします。
この場合、1月1日~1月末日に使った分は2月頭に確定します。
確定したら、
1月1日~1月末日の請求額、その明細、支払日は2月27日、というように見られるようになります。

もし、2月締め日前に2月に使った分を見たい、といった場合は
まだ確定していないので、未確定分を見ます。

未確定分は、カードを使ったその日に見れるわけではなく、
数日後に反映されるようです。
この辺はカード会社によって、すぐに反映される場合や1週間経っても反映されないような場合もあります。

基本的には、確定された時に請求額とその明細を確認すれば問題無いと思います。

利用明細はWEBがおすすめ!

利用明細には、郵送で送られてくる紙とWEBがあります。
どちらがいいかというと、WEBをおすすめします。

金額的に得になることがある

カード会社によっては、紙の場合は有料になる場合があります。
WEBは無料なので、金額面でお得です。
また、WEBにすると何らかの特典が付く場合もあったりします。

単純にWEBの方が便利

WEBに繋げられる所なら、いつでもどこでも確認することができるようになります。
銀行に行って、いくらだったっけ?と思った時に携帯から確認できます。

また、未確定分はWEBからしか見ることができません。
カード会社によっては、電話で聞けば教えてくれるところもありますが、
だいたいはWEBからしか見られません。

その他

利用者のメリットではありませんが、
紙を使わないことで環境面にも優しかったりします。

毎月必ず利用明細を確認しよう

利用明細は毎月必ず確認してください
おすすめします、というレベルではなく、必ず確認してほしいと思っています。

利用明細の確認を、どうしても忘れてしまうという人は、
利用明細が確定した時にメールが送られてくると思います。
そのメールが来た時に確認する癖を付けておけば、忘れないと思います。
もし、メールが来ない人は、WEBから設定ができるはずなので、設定しておきます。
わからなければ、カード会社に電話すれば設定してくれるはずです。

また、利用明細を見るついでに、ポイントが貯まっているか確認し、
貯まっていたらすぐに交換してしまうのがオススメです。
ポイントには有効期限がある場合があるので、使える時に使いましょう。

利用明細を確認することで以下の効果があります。

請求額の確認

次回の支払日の請求額がわかります。
支払えないと信用の低下や遅延損害金が発生して明らかに損ですので、
請求額が確実に引き落としできるように準備をしておきましょう。

犯罪予防

利用明細を見ることで、自分が使った覚えのない請求が無いかどうか確認できます。
もし発見して、本当に身に覚えがない場合は、カード会社に問い合わせましょう。

なお、家族カードで使った分も利用明細に反映されますので、
問い合わせをする前に、家族にも確認しておきましょう。

支払い方法ミスの確認

一括払いで払っていたと思っていたが、実はリボ払いだった、と言う場合があります。

これは、リボ専用カードを使っていたり、
デフォルトの支払い方法がリボになる設定をしていた時に起こります。

たとえ知らずにリボで使っていたとしても、
利用明細をきちんと確認をしていれば、1回目で気がつくことができます。

利用明細を見ずに放置していた結果、未払金が100万くらい貯まっていたというケースもあるようです。

いずれも、利用明細さえ確認しておけば事前に防げることになります。
なので、面倒臭がらずに利用明細は毎月必ず見るようにしてください


関連記事一覧

サブコンテンツ

クレ活一押しの年会費無料&高還元率カード!

「Orico Card THE POINT」(オリコカードザポイント)は、年会費永年無料でポイント還元率は常時1%のカード。

 オリコモール経由でAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングの還元率が常時2%になるネットショッピングに強い、メインカードにおすすめのカードです。

クレ活!クレジットカード4コマ

クレ活4コマ003
クレ活4コマ004

このページの先頭へ