クレジットカードの審査に落ちる理由

なぜクレジットカードの審査に落ちるのか?

審査に落ちるという事は、「クレジットカードの審査方法」で紹介した通り、
スコアリングにより合格点に達しなかったことになります。

点数が足りないということは、何からしらの原因が必ずあるわけです。
ただ、その理由はクレジットカード会社に聞いても教えてくれないので、自分で予想するしかありません。

ですので、以下の3つの要素から審査に落ちてしまう理由を考えていきます。

安定した収入

安定した収入があることを以下の観点から評価していきます。

  • 勤務形態(正社員、自営業、派遣、フリーターなど)
  • 勤務先自体の問題(会社自体が法人登録されていない、倒産危機など)
  • 年収

勤務形態は、正社員が最も有利で、それ以外の自営業、派遣、フリーター等は若干不利になります。

勤務先は、大企業や公務員などの公的機関であるほど有利です。
また、会社自体に大きな問題が有る場合、かなり不利になってしまいます。

年収は高いほど有利ですが、そもそも自己申告になりますので、目安にしかなりません。
一般カードではそれほど問題にはならず、
ゴールドカード以上の場合に審査が厳しくなってきます。

信用情報

まずは、ある意味信用を落とす行為になる、以下のような申込時の書類不備についてです。

  • 免許証などの住所と記入した住所が違う
  • 空欄が多い
  • 嘘の情報が書いてあった

書類不備は、それだけで審査NGになる可能性もあります。
特に、身分証明証の名前や住所が大幅に違っていたりすると、
この時点で身分証明証としての役割を果たさなくなるので、審査は落ちる可能性が高いです。
小さな不備であれば、電話で確認してくれる場合もあります。
あとは、空欄をすべて埋める、嘘は書かないといったことに注意すれば問題ありません。
正しい情報を入力し、しっかりと確認しておきましょう。

続いて、本当の意味での信用情報になります。
信用情報を簡単に言えば、過去にきちんとお金を返していたかどうか、を表すものです。
信用情報については「信用情報、クレジットヒストリー(クレヒス)について」のページに詳細があります。

信用情報は、以下のような問題点がないかどうかを確認します。

  • 過去5年以内に、クレジットカードの支払いを踏み倒した
  • 現在、クレジットカードの支払いが延滞している
  • クレジットカードやそれ以外の支払いに遅延が頻繁ある
  • 複数のクレジットカードの申し込みをしている
  • 同じクレジットカードを何度も解約している

上2つに当てはまる(お金を返さなかったり、現在、他のクレジットカード等で返済が滞っている)場合は、
そのままの状態でクレジットカードの審査を通すのは難しいです。
他のクレジットカードなら、もしかしたら審査通るかも、と思うかもしれませんが
結局どのクレジットカード会社も同じ信用情報を見ることになるので、
結果も同じになる可能性が非常に高いです。

支払いの遅延は、たまにであれば問題になりませんが
あまりにも多い場合、マイナスの評価になります。

複数のクレジットカードの申し込みをしている場合、
たくさんのクレジットカードに申し込みをしている = お金に困っている = 踏み倒されるかも、
のように悪く解釈される可能性があります。
ここは、クレジットカード会社やその人の信用度合いによります。

同じクレジットカードを何度も解約と申し込みを繰り返していた場合、審査に落ちることはあります。
クレジットカード会社は、クレジットカード申し込み時の入会特典目当てだと考えてきます。
入会特典目当てでカードをすぐに解約されてしまうと、
クレジットカード会社はおそらく赤字になるので、審査で落としてくることがあります。

個人情報

個人情報で重要なのは以下になります。

  • 居住形態(持ち家、社宅、賃貸など)
  • 居住年数
  • 居住している家族構成

主に居住関係が重要です。

居住形態は、持ち家が有利です。
居住年数は、長い方が有利です。
家族構成は、一人暮らしより両親と同居している方が有利です。

クレジットカード会社は、逃げられてしまうことを心配しており、
安定して長く住んでいる人ほど評価が高くなります。
また、親と同居している方が、返済が滞った場合に親の補助を期待できるので有利になります。

まとめ

以上の3つの要素で、思い当たる場所があったら審査に落ちた理由になっているかもしれません。

また、特に審査で不利になるであろう項目を挙げてみました。

  • 正社員ではない
  • 会社が危ない
  • 過去踏み倒した
  • 現在、滞納中
  • 支払い遅延が多い
  • 住居や連絡先が不明確
  • 複数のクレジットカードに申し込んでいたり、過去に急なキャンセル・解約をした

これに当てはまるのなら、その項目が原因で審査に落ちた可能性が高いと思われます。

もし、今までの項目に当てはまらず審査に落ちた場合は、記入ミスの可能性があります。

あとは、申し込んだクレジットカードの審査基準が高い場合も考えられます。
例えば、年齢が30歳以上や持ち家が必要なクレジットカードもあるようです。

申し込むクレジットカードや、その人の現在の状態、過去の履歴など
様々な要素が絡んでくるので、一概にコレとは言い切れませんが、
審査に落ちた原因を探る際の参考にしてみてください。


関連記事一覧

サブコンテンツ

クレ活一押しの年会費無料&高還元率カード!

「Orico Card THE POINT」(オリコカードザポイント)は、年会費永年無料でポイント還元率は常時1%のカード。

 オリコモール経由でAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングの還元率が常時2%になるネットショッピングに強い、メインカードにおすすめのカードです。

クレ活!クレジットカード4コマ

クレ活4コマ003
クレ活4コマ004

このページの先頭へ