盗難保険・ネット不正利用保険とは?

盗難保険・ネット不正利用保険とは?

盗難保険、ネット不正利用保険は、クレジットカードを第三者に不正に利用された場合の損害を補償してくれる保険です。

盗難保険は、カード自体が盗まれて不正利用された場合に補償されます。
ネット不正利用は、カード情報が盗まれてオンライン上で不正利用された場合に補償されます。
両方共、不正利用された時の保険になりますが、その違いはリアルかネットか、というだけです。
不正利用のための保険というのは同じです。

盗難保険とネット不正利用保険は、
おそらくすべてのクレジットカードに自動で付いてきます。
もちろん無料です。

保険が適用されるケース

盗難保険、ネット不正利用保険が適用されるケースは、以下のような時です。

  • 紛失
  • 盗難
  • スキミング等でカードから情報を盗まれた
  • フィッシング詐欺等でネットでカード情報を盗まれた
  • 個人情報流出による不正利用
  • その他犯罪

一言で言えば、犯罪に遭った時、になります。
すべてのケースの犯罪をカバーできていると言えるので、非常に頼もしい保険です。

現金は盗まれてしまえば基本的には返ってきませんが、
カードを使われた場合は、保険があるので返ってきます。

補償期間

ほとんどは、盗難届けを警察に出した日の前後60日間が補償期間になります。

つまり、クレジットカードを不正利用されてから60日以内に気付くことができれば、保険が適用できます。

なので、毎月必ず利用明細を確認するようにしてください!
利用明細の詳細は「クレジットカードの利用明細」です。

被害に遭った場合に何をすれば良いか

クレジットカードの不正利用に気付いた時に何をしていけば良いか、です。

まず、すぐにカード会社に連絡しましょう。
これをやらないと始まりません。
携帯の連絡先に自分の使っているカード会社の連絡先は登録しておきましょう!

電話をした時に、そのクレジットカードは利用停止になります。
そして、新しいクレジットカードを発行してもらいます。

実際に金銭的に被害も遭った場合は、警察に盗難届も出す必要があります。
盗難届は、保険手続きをする際の証明として必要になってきます。
盗難届が必要かどうかは、カード会社に人に聞いておくと良いと思います。

もし混乱しそうであれば、
とりあえず何かあったらカード会社に電話する
これだけを覚えてもらえれば大丈夫です。

保険が適用されない場合

かなり万能に見える盗難保険、ネット不正利用保険ですが、適用されない場合もあります。

それは、カード利用者側に過失があった場合です。
過失は以下のような時です。

  • クレジットカードにサインが無い
  • カードの保管が甘い(見える場所に出しっぱなし等)
  • 暗証番号情報が漏れた
  • 暗証番号が容易に想像つくものだった
  • カード利用の規約に違反していた場合
  • その他カード会社がNGとした場合

ちなみに、キャッシングには保険は適用されません。
キャッシング時には暗証番号が必要だからです。

まとめ

クレジットカードが届いたら、以下は必ずやっておきましょう。

  • カード裏面にサイン
  • きちんと保管
  • カード会社の電話番号を登録、メモ
  • 毎月の利用明細チェック

不正利用を発見した時は、必ずカード会社に連絡しましょう。


関連記事一覧

サブコンテンツ

クレ活一押しの年会費無料&高還元率カード!

「Orico Card THE POINT」(オリコカードザポイント)は、年会費永年無料でポイント還元率は常時1%のカード。

 オリコモール経由でAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングの還元率が常時2%になるネットショッピングに強い、メインカードにおすすめのカードです。

クレ活!クレジットカード4コマ

クレ活4コマ003
クレ活4コマ004

このページの先頭へ