クレジットカードの有効期限が切れたらやるべきこと

クレジトカードの有効期限が切れたらどうなる?

クレジットカードの有効期限が切れたら、そのカードは使えなくなってしまいます。

じゃあ、その前に何か手続きをしないといけない?と思うかもしれませんが、ほとんどの場合不要です。
というのも、有効期限が切れる1ヵ月前くらいに、新しいカードが勝手に送られてきます。
だいたいは1ヶ月前ですがギリギリになることもあるようです。
家族カードも新しい家族カードが送られてきます。

基本的に更新時の発行手数料は無料ですが、
元々発行手数料がかかっているETCカードのような場合だと、発行手数料がかかることもあります。

新しいカードが送られてきた時点で、新しいカードを使い始めてもらって大丈夫です。
古いカードは使わなくなるので、破棄します。
破棄方法は、「クレジットカードの解約方法とその注意点」を参考にしてみてください。

ちなみに、カードを全く使っていないと、新しいカードが来ない場合もあります。

古いカードと新しいカードの違い

カードの違いは、有効期限とセキュリティコードになります。
クレジットカード番号は変わりません。
セキュリティコードは、カード会社によっては変わらないこともあります。

新しいクレジットカードが来たら絶対にやるべきこと

新しいクレジットカードが来たら、以下の2つを絶対にやっておきましょう。

  • サインをする
  • 固定費のカード情報更新

サインをする

新しいカードは、当然サインが書かれていませんので、必ずサインをしてください。
前と違うものでも問題ありません。

固定費のカード情報更新

固定費をクレジットカードで支払っている場合は、情報を更新する必要があります。
固定費とは、例えば、電気代、ネット代、携帯代などです。

クレジットカード番号が変わっていないから、何もしなくてもいいんじゃない?と思うかもしれませんが、
有効期限が変わっているので更新する必要があります。
これをやらないと、固定費の支払いが滞ってしまうので、大変なことになってしまいます。

なので、結構手間になると思いますが、全固定費のクレジットカード情報を更新する必要があります。
新しいカードが来た時点で切り替えてもらって大丈夫です。
忘れずにやっておきましょう!

有効期限が切れる前にやっておくと良いこと

固定費のクレジットカード情報更新は、大変だったと思います。

クレ活管理人もカード情報更新時は大変でした。
カードで支払ってる固定費を思い出し、そこのカード変更の窓口を調べて、1つずつ連絡する。
意外と時間がかかりました。
それでも、カード情報変更の抜け・漏れがあり、支払いが失敗になった固定費がいくつかありました。

なので、この作業を簡単にするためのオススメの方法があります。
それは、今支払っている固定費の一覧を作っておくことです。
可能なら、カード変更時の連絡先やURLを載せておくと、もっと良いです。

これをやっておけば、カードの有効期限が変わったり、
クレジットカード自体を変更する時に、
この固定費リストを見ながらカード情報を更新すれば良いので、抜け・漏れが無くなります。

もしもっと良い方法があったら、教えてください(笑)。

まとめ

  • 有効期限が近くなると、何もしなくても新しいカードが送られてくる
  • 新しいカードが来たら、サインと、固定費の情報更新をする
  • 固定費の支払いは、メモしておくと便利

関連記事一覧

サブコンテンツ

クレ活一押しの年会費無料&高還元率カード!

「Orico Card THE POINT」(オリコカードザポイント)は、年会費永年無料でポイント還元率は常時1%のカード。

 オリコモール経由でAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングの還元率が常時2%になるネットショッピングに強い、メインカードにおすすめのカードです。

クレ活!クレジットカード4コマ

クレ活4コマ003
クレ活4コマ004

このページの先頭へ