カードを利用せずにイオンゴールドカードを取得する方法

イオンゴールドカードは、年会費無料で持てる数少ないゴールドカードです。

年会費無料で、充実した付帯保険や空港ラウンジが付くので、
1枚は持っておきたいと思う人も多いんじゃないでしょうか?

ただ、イオンゴールドカードは招待制で、自分から申し込むことはできません。
一般的には、年間100万円以上の利用が必要だったり、
それなりの金額や回数、イオンカードを使う必要があります。

しかし、イオンカードをあまり使う機会が無い人や、
すでに高還元率カードを使っている人からすると、
そこまで使って取得するのは難しいと思います。

そこで、今回はイオンカードをあまり使わなくても
イオンゴールドカードを取得する方法
を紹介します。

ゴールドカード取得までのスピードも早いのでおすすめです!

狙うのはイオンゴールドカードセレクト

イオンゴールドカードに招待してもらうには、
どうしてもカード利用が必要になってきます。
なので、カードをあまり使わずにイオンゴールドカードに招待されるのは難しいです。

そこで、イオンゴールドカードではなく、
イオンゴールドカードセレクトを狙っていきます。

イオンゴールドカードセレクトだと、カードをあまり使わなくても
ゴールドカードへの招待が来るルートがあるんです!

カードを使わなくてもゴールドカードに招待される方法

イオンカードセレクトは、イオンカード+WAON+イオン銀行の三位一体型カードです。

そのため、イオンカードセレクト独特の使い方で、
イオンゴールドカードセレクトへの招待を受けることができます。

それは、「イオン銀行に定期で500万円以上預金すること」です。

500万円以上の現金が必要になりますが、
ただの定期預金なので、クレジットカードをあまり使わなくて済むのがありがたいです。
(多少はカードを使った方がいいらしいです)

既に500万円持っている人は、すぐに実行できる方法にもなります。
イオンカードセレクトを作り、イオン銀行に500万円預け、定期を組みます。

昔は100万円の預金でOKだったようですが、
今は厳しくなって500万円以上が必要になっているので注意してください。

最短だとイオンカードセレクトを取得してから、
1ヵ月くらいで、イオンゴールドカードセレクトの招待が来ることもあります。

もし使っていない500万円があれば、持て余しているよりは、
イオン銀行に移してゴールドカード取得に挑戦してみてください!

一度ゴールドカードが発行されれば、後は条件を満たしていなくても問題ないので、
定期預金の期間が終わったら、お金を移しても大丈夫です。
(解約もできると思いますが、一応確認してください!)

ちなみに、イオンカードとイオンカードセレクトは別物なので、
イオンカードを持っている人も発行することはできます。


関連記事一覧

サブコンテンツ

クレ活一押しの年会費無料&高還元率カード!

「Orico Card THE POINT」(オリコカードザポイント)は、年会費永年無料でポイント還元率は常時1%のカード。

 オリコモール経由でAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングの還元率が常時2%になるネットショッピングに強い、メインカードにおすすめのカードです。

クレ活!クレジットカード4コマ

クレ活4コマ003
クレ活4コマ004

このページの先頭へ