ANA 学生カードの違いを徹底比較!

ANA 学生カードの違いを徹底比較します。

  • ANA JCB一般カード(学生用)
  • ANAカード(学生用) VISA/マスター

ANA学生カードは2枚です。
同じ学生カードですが、内容は結構分かれていて、
クレ活ではどちらが良いか、ほぼ結論が出ています。
そんなANA学生カードを各項目ごとに比較し、違いをまとめました。

どちらのカードが良いか迷っている人は、
これを見れば決められると思います。

ANAマイル付与率・移行手数料の違いを比較

ANA学生カードのマイル付与率と移行手数料は、以下のようになります。
5マイルコースの移行手数料は無料です。

カード名 マイル付与率
5マイルコース
マイル付与率
10マイルコース
移行手数料
10マイルコース
ANA JCB一般カード(学生用) 1~1.06% 無料
ANAカード(学生用) VISA/マスター 0.5~0.89% 1~1.39% 6,000円+税
ANAカード(学生用) VISA/マスター+ソラチカ 0.5~1.08% 1~1.58% 無料(メトロポイント→ANAマイル)

学生カードJCBは、移行手数料が無料です。
移行手数料が無料なので、10マイルコースのみとなっています。
スターメンバーズのメンバーランク(年間利用額)に応じてポイントが増えるので、
ANAマイル付与率は多少幅があります。

学生カードVISA/マスターは、ANAマイル付与率が高いです。
マイ・ペイすリボによるリボ手数料発生時はポイントが2倍になるのと、
V1~V3のランク(年間利用額)に応じてボーナスポイントが増えます。
通常のANAマイル付与率は1%ですが、
リボ手数料発生で+0.3%、V1~V3ランクで+0.03~0.09%になるので、
AMAマイルを貯めやすくなってます。
さらにソラチカカードと組み合わせればマイル付与率がアップするだけでなく、
マイル移行手数料も無料にすることができます。

単純なスペック比較なら、VISA+ソラチカになりますが、
学生のカード利用額や、ソラチカの審査が通らない可能性も考えると、
移行手数料が無料のJCBの方が有利だと思います。

年会費の違いを比較

ANA学生カードの年会費は、
両カードともに在学中無料になります。

ETCカードは、JCBは無料です。
VISA/マスターは初年度無料です。
翌年度以降は500円+税になりますが、
年1回以上のETCカード利用で無料になります。

ANAマイルボーナスの違いを比較

ANA学生カードの入会時ボーナス、毎年継続ボーナス、フライトボーナスは、
以下のようになります。

カード名 入会ボーナス 継続ボーナス フライトボーナス
ANA JCB一般カード(学生用) 1,000マイル 1,000マイル 10%
ANAカード(学生用) VISA/マスター 1,000マイル 1,000マイル 10%

両カードともに同じです。

年会費無料で毎年継続ボーナスがもらえるので、
どちらも持っているだけでお得なカードです。

付帯保険の違いを比較

付帯保険の違いはありません。

ANA学生カードの選び方まとめ

ほとんどのケースで、「ANA JCB一般カード(学生用)」を選べばOKです。

JCBの方は移行手数料が無料、VISA/マスターは6,000円かかります。
一方でVISA/マスターは、ANAマイル付与率が高くなります。
一応ソラチカカードを使えばこの移行手数料は無料にできますが、
学生だと持てるかどうか微妙なところなので、
学生用ANAカードならJCBにしておくのが無難です。

ただ、結論はまだ続きます。
結局は、両方持っておくのがお得です。
年会費無料で毎年継続ボーナスのマイルをもらえるので、
持っておくだけでお得だからです。

なので、JCBを持つことができたら、
続いてVISA/マスターも申し込んじゃいましょう。

各カードの詳細は以下になります。
ANA JCB一般カード(学生用)
ANAカード(学生用) VISA/マスター


関連記事一覧

サブコンテンツ

クレ活一押しの年会費無料&高還元率カード!

「Orico Card THE POINT」(オリコカードザポイント)は、年会費永年無料でポイント還元率は常時1%のカード。

 オリコモール経由でAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングの還元率が常時2%になるネットショッピングに強い、メインカードにおすすめのカードです。

クレ活!クレジットカード4コマ

クレ活4コマ003
クレ活4コマ004

このページの先頭へ