ANA アメリカン・エキスプレス・カードの違いを徹底比較!

ANA アメリカン・エキスプレス・カードの違いを徹底比較します。

  • ANA アメリカン・エキスプレス・カード
  • ANA アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

ここではANAカードのアメリカン・エキスプレス(アメックス)ブランドの、
全カードを各項目ごとに比較しその違いをまとめています。

正直ANAアメックス内では、迷うほどの数はありませんが、
スペックの違いを確認することで、新しい発見もあると思うので、
確認するつもりで見てもらえればと思います。

申し込み条件の違いを比較

まずは、ANAアメックスの申し込み条件を確認しておきます。

カード名 申し込み条件
ANAアメリカン・エキスプレス・カード 年齢20歳以上で、安定した収入がある方
ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード 年齢20歳以上で、安定した収入がある方

条件は全く同じでした。
両カード共にゴールドクラスのサービスがあるので、
同じ条件となっています。

グレード(ランク)の違いを比較

ANAアメックスのグレードは、以下のようになります。

カード名 グレード
ANAアメリカン・エキスプレス・カード 一般カード
ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード ゴールドカード

ANAアメックスはわかりやすく、一般カードとゴールドカード1枚ずつです。

ただ、一般カードのANAアメリカン・エキスプレス・カードは
アメックスグリーンが元になっているので、
サービス内容はゴールドカード並のものがあります。

ANAマイル付与率・移行手数料の違いを比較

ANAアメックスのマイル付与率は、以下のようになります。

カード名 マイル交換レート マイル付与率 移行手数料
ANAアメリカン・エキスプレス・カード 1,000円=10マイル 1% 6,000円+税
ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード 1,000円=10マイル 1% 無料

移行手数料のみ違いが出ています。
ANAアメックスゴールドは、移行手数料が無料です。

あと、ANAグループでのカード利用時のボーナス倍率にも違いがあります。

カード名 ANAグループでの利用ポイント
ANAアメリカン・エキスプレス・カード 1.5倍
ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード 2倍

そこまで大きな差ではありませんが、
ANAグループでの買物が多い人は要チェックですね。

年会費の違いを比較

ANAアメックスの年会費は、以下のようになります。

まずは、本会員の年会費です。

カード名 初年度の年会費 翌年度以降の年会費
ANAアメリカン・エキスプレス・カード 7,000円+税 7,000円+税
ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード 31,000円+税 31,000円+税

続いて、家族カードの年会費です。

カード名 初年度の年会費 翌年度以降の年会費
ANAアメリカン・エキスプレス・カード 2,500円+税 2,500円+税
ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード 15,500円+税 15,500円+税

ANAアメックスカードは、一般カードながら高めの年会費です。
ただ、その分サービスが充実しています。
このページの少し下で紹介する付帯保険やサービスを見たら、
年会費の印象も高い、から安いに変わるかもしれません。

ANAアメックスゴールドは、さすがに高いです。
こちらもサービスは充実していますが、
ややコストパフォーマンス的には悪いように思えます。
フライトが多い人じゃないと、メリットが少ないと思います。

どちらのカードも、年会費相応のメリットがあるかどうか、
よく考えてみると良いと思います。

ANAマイルボーナスの違いを比較

ANAアメックスの入会時ボーナス、毎年継続ボーナス、フライトボーナスは、
以下のようになります。

カード名 入会ボーナス 継続ボーナス フライトボーナス
ANAアメリカン・エキスプレス・カード 1,000マイル 1,000マイル 10%
ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード 2,000マイル 2,000マイル 25%

ANAアメックスカードはANAの一般カードのマイルボーナス、
ANAアメックスゴールドはANAのワイドカードのマイルボーナス
となっています。

ANAアメックスゴールドは、フライトボーナスが大きくなるので、
フライトによるマイル獲得が多い人ほど向いているカードです。

付帯保険の違いを比較

ANAアメックスの付帯保険は、以下のようになります。

ANAアメックスカード ANAアメックスゴールド
海外旅行傷害保険 付帯条件 利用付帯 自動+利用
死亡・後遺障害
(自動付帯)
なし 5,000万
死亡・後遺障害
(利用付帯)
3,000万 1億
障害治療 100万 200万
疾病治療 100万 200万
救援者費用 200万 300万
賠償費用 3,000万 4,000万
携行品損害 30万 50万
家族特約 あり あり
ANAアメックスカード ANAアメックスゴールド
国内旅行傷害保険 付帯条件 利用付帯 利用付帯
死亡・後遺障害 2,000万 5,000万
入院費用 なし なし
手術費用 なし なし
通院費用 なし なし
家族特約 なし なし
ショッピング保険 年間保証限度額
[自己負担額]
200万円
[10,000円]
500万円
[10,000円]
補償期間 90日間 90日間

ほとんど補償金額の違いのみのなります。

唯一違うのは、海外旅行傷害保険の付帯条件が、
ANAアメックスゴールドは自動付帯+利用付帯になることです。

クレ活管理人の感覚だと、
金額だけの違いなら、どちらも同じように感じます。

ANAアメックスカードの補償金額で足りない、と感じるならば、
ANAアメックスゴールドの方が良いと思います。

各種サービスの違いを比較

ANAアメックスの各種サービスは以下のようになります。
赤字は、ANAアメックスゴールドカードのみのサービスです。

  • メンバーシップ・サービス・センター
  • 空港ラウンジ
  • エアポート送迎サービス
  • 手荷物無料宅配サービス
  • 空港クロークサービス
  • エアポート・ミール
  • 空港パーキング
  • オーバーシーズ・アシスト
  • メンバーシップ・トラベル・サービス(ゴールドデスク)
  • SKIPサービス
  • ANA旅行積立プラン
  • アメリカン・エキスプレス・セレクト
  • チケット・アクセス
  • ANA SKY コインプレゼント
  • ゴールド・ワインクラブ
  • コットンクラブ
  • 新国立劇場
  • ゴルフ関連サービス
  • カード盗難・紛失の場合の緊急再発行

ANAアメックスカードでも十分な付帯サービスがあるので、
この赤字のサービスの中でどうしても欲しいサービスがあれば、
ANAアメックスゴールドが良いと思います。

各サービス内容の詳細は、以下が参考になります。
ANAアメックス以上の優待サービス詳細
ANAアメックスゴールド以上の優待サービス詳細

ANAアメックスの選び方まとめ

ANAアメックスの違いをまとめましたが、どうでしたか?

ANAアメックスカードでも十分に付帯保険、サービスがあるので、
だいたいの人はこちらで良いと思います。
一般カードなのに、家族特約付き、空港ラウンジ付きは、スゴイと思います。

それ以上のサービスが欲しいならANAアメックスゴールドになります。
年会費がアップする分の価値があるかどうか、比較してみてください!


関連記事一覧

サブコンテンツ

クレ活一押しの年会費無料&高還元率カード!

「Orico Card THE POINT」(オリコカードザポイント)は、年会費永年無料でポイント還元率は常時1%のカード。

 オリコモール経由でAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングの還元率が常時2%になるネットショッピングに強い、メインカードにおすすめのカードです。

クレ活!クレジットカード4コマ

クレ活4コマ003
クレ活4コマ004

このページの先頭へ