ANA VISA ワイドゴールドカードでマイル付与率1.71%にする方法

ANA VISA/マスター ワイドゴールドカードのサンプル画像

実は1年くらい前から、ANAマイルの最強クレジットカードが、
ANA VISA ワイドゴールドカード」とANAマイラーの間で言われています。
その理由が、最大マイル付与率が1.71%になるからです。

実際にクレ活管理人が検証してみたところ、
きちんと1.71%のマイル付与率になりました!

ただ、この最大の1.71%を実現するためには3つの条件があり、
普通にクレジットカードを使っているだけでは実現できません。

今回は最大マイル付与率の1.71%にする方法を徹底解説します。

最強のANAマイラーになって、旅行を楽しみたい人は必見です!
この方法を使って、ガンガンANAマイルを貯めていきましょう!

ANA VISA ワイドゴールドカードのスペック再確認

この先の話では、色々前提知識が必要になってくるので、
ANA VISA ワイドゴールドカードについて簡単に再確認しておきます。

先に結論をまとめておくと、

  • 通常時のマイル付与率は1%(1,000円=10マイル)
  • 貯まるポイントはワールドポイント
  • マイル移行手数料は無料
  • 年会費は通常14,000円だが、9,500円まで割引できる
  • 「マイ・ペイすリボ」とは、自動でリボ払いになるサービス

ということです。

これだけ見て理解できる人は、飛ばしちゃってください。
では見ていきます。

貯まるポイント

まずはポイントについてです。
ANA VISAワイドゴールドカードは、1,000円につき1ポイント貯まります。
ポイントの種類は、「ワールドポイント」で、
三井住友系のクレジットカードで採用されているポイント制度です。
実際、このワイドゴールドカードも三井住友カードが発行しています。

そして、ANAマイルへの交換は、
1,000円=1ポイント=10マイルです。
つまり、1,000円=10マイルなので、マイル付与率は1%ですね。

通常はマイルに以降する際、マイル移行手数料がかかりますが、
ワイドゴールドカードの場合、この手数料が無料になります。

年会費・マイル移行手数料

マイル移行手数料はさっき書いたとおり、無料です。

年会費は、通常14,000円+税かかります。
ただ、以下の2つをすることで、年会費を9,500円+税まで割引できます。

  • マイ・ペイすリボに登録し、年間1回以上利用で10,500円+税に
  • WEB明細書サービスに登録し、年間6回以上の請求で1,000円引きに

つまり、ANA VISA ワイドゴールドは、年会費9,500円+税のみで持てるということです。

マイ・ペイすリボとは?

マイ・ペイすリボもよく出てくるので、一応確認しておきます。

マイ・ペイすリボとは、
ショッピング利用した支払いが自動でリボ払いになるサービスです。
つまり、1回払いにしてもリボ払いになってしまいます。
カード会社によってこういった自動リボサービスは色々な名前がありますが、
三井住友系では、「マイ・ペイすリボ」と言います。

リボ払いならやめておこう、と思う人もいるかもしれませんが、安心してください。
毎月のリボ支払額を全額払い(限度額と同じ金額)にしておけば、
毎月全額支払うことになり、金利手数料は一切かからないようにできます。
なので、実質1回払いと変わらないように使えます。

ただ、今回のマイル付与率1.71%にするためには、
マイ・ペイすリボの裏技を使う必要がありますが、それはまた後で解説します。

ANA VISA ワイドゴールドカードでマイル付与率1.71%にする3つの条件

それでは、「ANA VISA ワイドゴールドカード」で、
マイル付与率最大1.71%にする方法に移ります。

マイル付与率を最大化させるためには、下の3つをやる必要があります。

  • マイ・ペイすリボでリボ払い手数料を発生させる
  • 年間利用額300万円以上でV3メンバーになる
  • ボーナスポイントをソラチカカード経由で交換する

順番に見ていきます。

条件1:マイ・ペイすリボでリボ払い手数料を発生させる

1つ目は、マイ・ペイすリボを使って、リボ払い手数料を発生させます。
その理由は、リボ払い手数料が発生した月はポイントが2倍になるから、です。

ポイントが2倍になる、ということは、
1,000円で2ポイント貯まるということです。

それなら、1,000円=2ポイント=20マイルになって、
マイル付与率は2%になる、と思うかもしれません。
でも、そうはなりません。

というのも、こういった増えたポイントは、「ボーナスポイント」扱いされ、
ボーナスポイントは、1ポイント=10マイルではなく、
1ポイント=3マイルの交換レートになります。

なので、リボ払いをしてポイントが2倍になった場合、
通常ポイントが、1,000円=1ポイント=10マイル、
ボーナスポイントが、1,000円=1ポイント=3マイル、となり、
1,000円=13マイル、つまりマイル付与率1.3%になります。

ただ、このボーナスポイントは1ポイント=3マイル以上で交換する方法が存在します。
それは後で解説します。

とりあえずこの1つ目で覚えておいて欲しい事は、
リボ払い手数料を発生させ、ボーナスポイントをGETする
ということです。

なお、マイ・ペイすリボ手数料を発生させると還元率が下がるのでは?
と思うかもしれませんが、
実質のリボ手数料は、数円~数十円程度なのでほとんど影響しません。
マイ・ペイすリボのリボ手数料をうまいこと下げる方法は、以下ページを参照です。
マイ・ペイすリボの手数料を少なく発生させ、確実にポイントを2倍にする手順

条件2:年間利用額300万円以上でV3メンバーになる

2つ目は、年間利用額300万円以上だと、別のボーナスポイントが付きます。

ANAのVISA/マスター系のクレジットカードは、
三井住友カード株式会社が発行しています。
三井住友カード系には、カードを使えば使うほどボーナスポイントがもらえる制度があり、
これを使うことでさらにマイルを多くGET、というわけです。

次の表を見てください。

ステージ 条件 ボーナスポイント マイル付与率
通常 前年度の年間利用額50万円未満 なし 1%
V1メンバー 前年度の年間利用額50万円以上 50万円利用で+100ポイント
以降10万円毎に+20ポイント
1.06%
V2メンバー 前年度の年間利用額100万円以上 50万円利用で+150ポイント
以降10万円毎に+35ポイント
1.09%
V3メンバー 前年度の年間利用額300万円以上 50万円利用で+300ポイント
以降10万円毎に+60ポイント
1.18%

前年度、となっているので、
このV1~V3メンバーになるためには、2年目以降ということになります。

これらの条件をクリアすると、「ボーナスポイント」がもらえ、
マイル付与率は表のようになります。

ただ、ここでカンの良い人は気づいたと思いますが、
増えるポイントは、「ボーナスポイント」になります。
上にも書いたとおり、ボーナスポイントは、
1ポイント=3マイルの交換レートになります。
上記表のマイル付与率はこの交換レートで計算したものです。

この2つ目で理解して欲しいのは、
年間利用額が多いと、ボーナスポイントがもらえる
ということです。

そして、3つ目の技を使うことで、
このボーナスポイントのマイル付与レートをさらにあげることができます!

条件1と2を組み合わせると?

3つ目に入る前に、
条件1の「マイ・ペイすリボを使ってポイント2倍」、
条件2の「年間利用額を増やしてボーナスポイントGET」、
この2つを組み合わせるとどうなるか、まとめておきます。

ステージ マイ・ペイすリボなし マイ・ペイすリボあり
通常 1% 1.3%
V1メンバー 1.06% 1.36%
V2メンバー 1.09% 1.39%
V3メンバー 1.18% 1.48%

表を見るとわかりますが、
マイ・ペイすリボがある場合だと、+0.3%マイル付与率が上がります。

これは、マイ・ペイすリボを使って得たボーナスポイントが、
1ポイント=3マイル=付与率0.3%になるため、
これが単純に加算されるわけです。

V3メンバーでマイ・ペイすリボを使えば、
通常よりも0.48%分のマイルが多くもらえますが、
この0.48%は、1ポイント=3マイルで交換した場合の分となります。

では、3つ目の方法を使って、このレートをさらにアップしてみます。

条件3:ボーナスポイントをソラチカカード経由で交換する

ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)のサンプル画像

3つ目は、ボーナスポイントをソラチカカード経由で交換します。

結論を書いておくと、この方法を使えば、
ボーナスポイントの交換レートは、「1ポイント=4.455マイル」となります。

具体的な手順は以下になります。

  1. 条件1、2の方法で「ボーナスポイント」をGETする
  2. ボーナスポイントをGポイントに交換する
  3. Gポイントをメトロポイントに交換する
  4. メトロポイントをANAマイルに交換する(ここでソラチカカードが必要)

ここの交換手順をもっと詳しく知りたい人は、
ボーナスポイント(ワールドポイント)が1ポイント=4.455 ANAマイルになる仕組み詳細」を参照してください。

この交換方法を使い、ボーナスポイントを1ポイント=4.455マイルに交換すると、
最終的には、最大でマイル付与率1.71%を達成できる、というわけです。

実際にマイル付与率1.71%になるか計算してみる

ここでは、実際に細かい計算をして、マイル付与率が1.71%になるかどうか試します。
細かいのが面倒な人は、一番下のまとめだけ見ればOKです。

では、条件1+2で得られる分のマイル付与率を見直します。

まず最も簡単な方法で計算してみます。
条件1+2で得られるマイルは、0.48%分でした。
1ポイント=3マイルが、1ポイント=4.455マイルになるので、
1.485倍マイルが増えます。
なので、0.48% × 1.485 = 0.7128% マイルが増えることになり、
合計で、マイル付与率は1.7128%になります。

次に正規の方法で計算してみます。
仮に年間300万円を使ったとします。
この時、V3メンバーで、
マイ・ペイすリボをリボ払い手数料が発生するように使ったとします。

まず、通常のワールドポイントがいくらになるか計算してみます。
1,000円ごとに1ポイントなので、
300万円だと、3,000ポイント貯まります。
通常のワールドポイントは、1ポイント=10マイルになるので、
3,000ポイントは、30,000マイルになります。

続いて、ボーナスポイントのワールドポイントを計算します。
まず、リボ払いの分は、ポイントが2倍になるので、
単純に1,000円ごとに1ポイントがボーナスポイントになります。
300万円だと、3,000ボーナスポイントとなります。

次に、V3メンバー分のボーナスポイントを計算します。
「50万円利用で+300ポイント、以降10万円毎に+60ポイント」
なので、300ポイント+(60ポイント×25回)=1,800ポイントになります。
今回300万円利用した想定なので、
50万~300万円までの250万円差は25回分となり、上記のような計算式になります。

つまり、ボーナスポイントの合計は3,000+1,800=4,800ポイントになります。
この4,800ポイントは、上に書いたとおり、
1ポイント=4.455マイルのレートで交換されます。
4,800ボーナスポイントは、21,384 ANAマイルになります。

通常のワールドポイント分は、30,000 ANAマイル、
ボーナスのワールドポイント分は、21,384 ANAマイルでした。
合計で、51,384 ANAマイルです。
300万円使って、51,384 ANAマイルになったので、
マイル付与率を計算してみます。
51,384 ANAマイル ÷ 300万円 × 100 = 1.7128%
となりました。

やはり、「ANA VISA ワイドゴールド」のマイル付与率は、
最大1.7128%になるようです。

ちなみに、同じように計算し、
他の条件でのマイル付与率も出してみました。

ステージ マイ・ペイすリボなし マイ・ペイすリボあり
通常 1% 1.4455%
V1メンバー 1.0891% 1.5346%
V2メンバー 1.13365% 1.57915%
V3メンバー 1.2673% 1.7128%

分解すると、
マイル付与率は「1%(通常分)+0.4455%(リボ分)+0.2673%(V3分)」となります。

V3+マイ・ペイすリボが良いのは当然ですが、
V2やV1メンバーでもマイル付与率1.5%を超えるので良いのがわかります。

ただ、年間利用額が低い場合だと、他のカードの方が良い場合があります。
実際に年間利用額がいくらからワイドゴールドカードが得になるのか知りたい人は、
マイル付与率1.71%のANA VISAワイドゴールドカードは年間利用額いくらから最強なのか検証してみた
を参考にしてみてください。

まとめ

ANA VISA ワイドゴールド」のマイル付与率は、最大1.7128%になります。

手順は以下のとおりです。

  • 毎月マイ・ペイすリボでリボ払い手数料を発生させ、ポイント2倍にする
  • 年間利用額300万円以上でV3メンバーになる(2年目以降)
  • 上2つで得たボーナスポイントをソラチカカード経由(ワールドポイント→Gポイント→メトロポイント→ANAマイル)で交換する

1番ネックなのが、年間利用額300万円以上になりますが、
たとえこれができなくても、少し上にある表のとおり、
V1メンバーでもマイル付与率は1.5%を超えます。

また、ここでは考慮していませんが、
ワイドゴールドカードになるので、
実際に搭乗した時や、毎年の継続ボーナスマイル、空港ラウンジサービスなど、
色々な特典があるので、
ANAマイラーであれば持っておいて損はありません。

ワイドゴールドカードだと、審査が心配な人もいると思いますが、
実は審査基準は、昔は30歳以上でしたが、現在は20歳以上と引下げられています
20歳以上で継続的な収入があれば、基本的には問題なく発行されますので、
普通の社会人なら持てると思います。
(今まで、クレジットで滞納があれば別)

ANAマイルを最高効率で貯めたい人は、
「ANA VISA ワイドゴールドカード」と、「ソラチカカード」を使いこなしましょう!

それぞれの公式サイトは以下になります。
ANA VISA ワイドゴールド
ソラチカカード


関連記事一覧

サブコンテンツ

クレ活一押しの年会費無料&高還元率カード!

「Orico Card THE POINT」(オリコカードザポイント)は、年会費永年無料でポイント還元率は常時1%のカード。

 オリコモール経由でAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングの還元率が常時2%になるネットショッピングに強い、メインカードにおすすめのカードです。

クレ活!クレジットカード4コマ

クレ活4コマ003
クレ活4コマ004

このページの先頭へ