第6話 どうやって使うの?クレジットカードの使い方!

お店での使い方

そういえば、クレジットカードって、実際にどうやって使うの?


初めて使う時は緊張しますよね。僕は、これでいいのかな? と心配しながらカードを使ってました。


あたふたしてたら、ちょっと恥ずかしいね。詳しく教えて!


こんな感じで使いますよ。


クレジットカードの裏面のサインの欄に自分の名前を書く漫画

まず、準備として、カードの裏にサインをしておきます


サインって自分の苗字とかを書けばいいの?


一般的には、漢字やローマ字で、フルネームを書きます。


漢字でもローマ字でも、どっちでもいいの?


はい、どちらでも大丈夫ですよ。それから、フルネームじゃなくてもいいんですよ。自分が何度でも忘れずに、いつでもどこでも同じものを書けるものなら、何を書いてもいいんです。


絵文字は、、、カワイイけど、ダメだよね?


いえいえ、絵文字でもいいんですよ。ただ、自分の名前にしておいたほうが無難です。普段から書き慣れているものをオススメします。


わかった! 漢字で自分の名前にしようかな。


カードにサインを書いたら、お店でカードを使えるようになります。


クレジットカードにサインを書いたらお店で使えるようになる。支払い方法は1回で!の漫画

カードを出して、「1回で!」って言えばいいの?


そうです。分割払いの場合は、このときに「X回払いで」とか「リボ払いで」と言います。ただ、分割払いやリボ払いは手数料がかかってしまうので、1回払いにしておきましょう。


本人確認を暗証番号でする場合と、サインでする場合の漫画

「1回で!」とお店の人に伝えたあとは、本人確認として、暗証番号を入力するか、サインをします。


どうして、2パターンあるの?


以前は、サインしかなかったのですが、サインは真似をすることができてしまうので、より安全な暗証番号が作られました。あと、サインよりも暗証番号の方が利用者も簡単です♪


そうだよね、サインは真似しようと思えばできちゃうよね。だからさっきクレトは、書き慣れてる自分の名前にしたほうがいいって言ってたんだね。でもそれも不安だから暗証番号にしたほうがいいのかな。


暗証番号なのか、サインなのかは、お店によって違うので、お店に言われた方法で対応すれば大丈夫です。また、暗証番号もサインも求められないお店もたまにあります。


じゃあ、お店の人に言われた方でやれば良さそうだね。


ふつうのレシートの他にカード用のレシートがもらえるの漫画

ネットでの使い方

ネットでの買い物でも、サインとかするの?


いえ、ネットの場合だとサインはできません。その代わりに、セキュリティコードとパスワードがあります。順に見ていきましょう。


インターネットで500円のりんご10個セットを買いたいので、支払い方法からクレジットカードを選ぶの漫画

まずは、500円のりんご10個セットを、クレジットカードで買いたいので、支払い方法を「クレジットカード」にします。


買いたいものをカゴに入れたら、支払い方法を選ぶ画面があるんだね。


クレジットカードの表面に書いてある、カード番号と有効期限を入力するの漫画

次に、クレジットカード番号、有効期限を入力します。名前の入力を求められる場合もあります。すべて、カードに書かれている情報になります。


有効期限は、年じゃなくて、月を先に書くんだ。


カードの裏面に書いてある、セキュリティーコードを入力するの漫画

続いて、セキュリティコードを入力します。


セキュリティコード?


第三者による不正使用を未然に防ぐための番号です。ほとんどはカードの裏面に書かれています。なので、他人に知られないように注意してください。


うん、注意するよ。


場合によって求められる3Dセキュアと呼ばれるパスワードを入力するの漫画

場合によっては、インターネット用のパスワードの入力が必要です。画面の指示に従って入力してください。


え、パスワードも入力しないといけないの? ちょっと面倒だね。


パスワードはより安全性を高めるものなので必要ですよ。
クレジット番号や有効期限、名前、セキュリティコードは、すべてカードに書かれている情報なので、カードを他人に見られて記憶されると、勝手に使われてしまう可能性があります。


あ、よく考えるとそうだよね。気を付けないと、、、


なので、さらにパスワード入力をして、安全性を高めています。このパスワード認証のことを3Dセキュアと呼びます。


そっか。パスワードはやっぱ必要なんだね! でも、やっぱりネットでカード使うのってちょっと抵抗あるかも。。


ほとんどの場合は、SSLという暗号化技術を使って通信しているので、お店でカードを見せて買うよりも安全だったりします。ただ、いかにも怪しそうなサイトだった場合は使うのはやめておいた方がいいと思います。


うん、気を付けるよ。たくさんの人が使ってるし、暗号化? されてるなら大丈夫そうだね!

クレジットカードの利用限度額

あとは、クレジットカードを使う時に、「利用限度額」に注意してください。


利用限度額? 使える上限ってこと?


その通りです。クレジットカード会社が立て替えてくれる上限金額のことです。
利用限度額を超えてしまうと、カードが使えなくなってしまいます。


それって、もうずっと使えなくなっちゃうってこと?


いえ、口座から引き落とされれば、その分が使えるようになります。


あー、返せば使えるようになるんだね。


図書館で本を借りれるのが10冊までだとして、今3冊借りてたら、後7冊借りれるみたいなイメージです。


じゃあ、その時その借りてた3冊を返せば、10冊借りれるってことだよね?


はい。借りられる冊数が利用限度額で、今借りてる冊数が今使っている金額、後借りれる冊数が後使える金額、になりますね。


でもそれだと、上限が10万円の時、12万円の物は絶対買えないってこと?


そういう場合は、利用限度額を上げる必要がありますね。カード会社に電話するか、ネットから、利用限度額を上げられます。


へー、ネットからでもできるんだ! 一気に100万とかでもいいの?


さすがにそれは無理だと思います。利用限度額もその人の信用度合によりますので、返済が遅れまくってる場合は断られる場合もあります。


そっか。いきなりだと相手も警戒するよね。


あとは、旅行とか家電を買う時など一時的に利用額が増える時は、利用限度額も一時的に増やすことも可能です。
とりあえずカード会社に電話するのがいいと思います。


普段は利用限度額は超えないと思うから、超えそうなときはとりあえず電話すれば良さそうだね。

クレジットカードの使い方、まとめ

  • カードの裏にはサインを必ずすること
  • お店で使うには、カードを出し、支払い方法を言い、サインもしくは暗証番号入力で支払いが完了する。
  • ネットで使うには、カード番号や有効期限、セキュリティコードを入力し、必要ならパスワードも入力して支払いが完了する。
  • カードには利用限度額があり、それ以上は使うことができない。

関連記事一覧

サブコンテンツ

クレ活一押しの年会費無料&高還元率カード!

「Orico Card THE POINT」(オリコカードザポイント)は、年会費永年無料でポイント還元率は常時1%のカード。

 オリコモール経由でAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングの還元率が常時2%になるネットショッピングに強い、メインカードにおすすめのカードです。

クレ活!クレジットカード4コマ

クレ活4コマ003
クレ活4コマ004

このページの先頭へ