ポイントが貯まるおすすめのクレジットカード4枚を徹底的に比較!

クレジットカード徹底比較

以下のポイントが貯まるおすすめクレジットカード4枚を徹底的に比較しました。

  • リクルートカードプラス
  • リーダーズカード
  • REXカード
  • 漢方スタイルクラブカード

還元率だけでなく、ポイントの使いやすさ、国際ブランドなど、
あらゆる角度から比較しています。

このページを見てもらえれば、
あなたにとって1番お得なカードが明確にわかると思います!

各クレジットカードの比較内容

各クレジットカードの比較内容を説明しておきます。

以下表の内容を順番に比較していきます。

比較方法 重要度
ポイント比較 ★★★★★
国際ブランド比較 ★★★★
還元率比較 ★★★

なお、以降はクレジットカード名等は略称で表記します。

正式名 略称
漢方スタイルクラブカード 漢方
REXカード REX
リーダーズカード リーダーズ
リクルートカードプラス リクルート
楽天カード 楽天
Amazon限定デポジット Amazonデポ

ポイント比較

クレジットカードを使う目的は、ポイントをゲットして得をするためです。
もし、そのポイントの交換先が使えないものであれば、
ポイントを貯めること自体が無駄になってしまいます。
なので、ポイントの交換先が使えるかどうかを、一番最初に比較していきます。

ポイントが使えるかどうか

ポイントで交換できるものは以下になります。

クレジットカード ポイント交換先
漢方
REX
Jデポ
リーダーズ Amazonデポ
リクルート Ponta

Jデポは、どんな商品でも値引きできるので使い勝手は最高です。
誰でも使いこなすことができるので、ポイントとしては問題ありません。

リクルートは、共通ポイントのPontaが使えるとはいえ、
Pontaでも使いにくい人はいるので、使えるかどうか確認してみてください。
ただ、使えないと判断した場合でも、一応以下のページ
最も得するリクルートポイントの使い道」を一度読んでもらって、
必要そうか判断してみてください。
逆に、よくリクルートのサービスを使うなら、一気にメインカード候補になります。

ポイントが増えるケース

続いて、ポイントが増えるケース(ボーナスポイント)の比較です。
ここで言うポイントが増えるケースというのは、
通常の還元率に+αされる場合になります。
この+αされる場合が多いのであれば、一気にお得になります。

クレジットカード ポイントが増えるケース
漢方
リーダーズ
JACCSモール
REX JACCSモール
(価格.com安心支払いサービス)
リクルート リクルートの特定サービス
※参照「リクルートカードのポイント還元率をぐーんと上げる方法

漢方、REX、リーダーズは、JACCSモールがあります。
JACCSモールにはAmazonや楽天も含まれるので、使える範囲は広いです。
REXの価格.comは、実際には使うことはほぼ無いので、実質無しとします。

リクルートは、リクルートのサービスを使う場合に大幅に還元率が増えます。
表中のリンク先のサービスを使うかどうか、確認してみてください。
もし、使うのであれば還元率が大幅にアップするので、
リクルートを使った場合のお得度が増します。

電子マネーのチャージによるポイント付与

電子マネーのチャージでポイントが付くかどうかは以下の表になります。

○・・・チャージ可、ポイント満額付与
△・・・チャージ可、ポイント対象外
×・・・チャージ不可

楽天Edy 漢方
REX
リーダーズ
リクルート
nanaco 漢方 ○(還元率0.25%)
REX
リーダーズ
リクルート
モバイルSuica 漢方
REX
リーダーズ
リクルート
SMART ICOCA 漢方
REX
リーダーズ
リクルート
WAON 漢方 ×
REX ×
リーダーズ ×
リクルート ×
PASMO 漢方 ×
REX ×
リーダーズ ×
リクルート ×

色の変わっている部分が、違いになります。
電子マネーでは、nanacoとSMART ICOCCAに違いが出ています。

リクルートは、nanacoに対応しています。
漢方もnanacoに対応はしていますが、還元率が低くなるので微妙です。
漢方、REX、リーダーズは、SMART ICOCCAに対応しています。

電子マネーの対応をどのように考えるかは、電子マネーの使用頻度によります。
今までほとんど使っていない、これからも使う予定はない、
ということであれば気にする必要はありません。

ただ、年間で電子マネーを数万円使うのであれば、
電子マネーに対応しているカードの方がお得になります。

国際ブランド比較

国際ブランドの比較です。

クレジットカード 国際ブランド
漢方 VISA、JCB
REX
リーダーズ
VISA
リクルート JCB

VISAかJCBになります。

VISAなら、基本的にどの場所でも使えます。
JCBの場合は、あなたがよく使う場所で、
使えるかどうか確認した方が良いです。

もし、よく使う店でJCBが使えないのであれば、VISAを選ぶ必要があります。

還元率比較

還元率の比較です。
比較内容をよりわかりやすくするために、
年会費無料カードの代表として楽天カードも記載しています。

比較に入る前に、自分のクレジットカード年間利用額を出しておきます。
もし、わからなければ「クレジットカードの年間利用額を知ろう」を
参考にしてみてください。

還元率、年会費、家族カードの年会費、などのお金に絡む全ての部分をグラフ化し、
数値で比較しました。
家族カード有り無しで結構変わるので、両方のパターンで出しています。

家族カード無しのパターン

まずは、家族カード無しのパターンです。
年間利用額に対する還元額のグラフ(家族カード無し)
グラフを見ると、年間利用額が少ない場合は年会費無料の楽天(赤色)が有利ですが、
年間利用額が増えるにつれ、高還元率なカードほど得になっていくのが
わかると思います。

このグラフのポイントとしては、年会費が無料になるタイミングです。
REX(紺色)とリーダーズ(橙色)は、年間利用額50万以上で年会費無料になります。
年間利用額40万から50万に上がる時に、
一気に還元額が増えているのがわかると思います。

漢方(灰色)も、年間利用額58万、100万の時点でボーナスポイントが付くので、
同じくこのタイミングで還元額が増えています。

リクルートカードプラス(水色)は、還元額が一気に増えるタイミングはありませんが、
還元率が他のカードよりも高いので、全体的に高い数値となっています。

ただ、それでもほとんどの場面で、
リクルートカードプラスが圧倒的にお得になっています。
このグラフの年間利用額別に最もお得なカードを出していくと、以下の表になります。

年間利用額 最も得になるクレジットカード
20万未満 楽天カード
20万以上 リクルートカードプラス

家族カード有りのパターン

続いて、家族カード有りのパターンです。
年間利用額に対する還元額のグラフ(家族カード有り)

家族カード有りの場合だと、
年間利用額50万円の時にREXカードが一歩リードします。
ただ、そのリードもほんの一時的なものになるので、
基本的には家族カード無しと同じで、リクルートカードプラスが強いです。

家族カード有りの場合のまとめは、以下の表になります。

年間利用額 最も得になるクレジットカード
30万未満 楽天カード
30万~50万未満 リクルートカードプラス
50万~70万未満 REXカード
70万以上 リクルートカードプラス

この4枚の場合、実は還元率よりもそれ以外の要素が重要です!

家族カード有り、無しのどちらかの表を見て、
自分の年間利用額に対応するクレジットカードが、最も得になるカードになります。

ただ、正直なところ年間利用額20万を超えていればほとんどが微差です。
若干リクルートカードプラスがリードしているものの、
どのカードも高還元率なので、お得なのは間違いありません。

なので還元率よりも、
これまでに比較してきたポイント比較、電子マネー比較、
国際ブランド比較の方が重要になってきます。

例えば、年会費無料が良いのであれば、
年間利用額50万円以上で無料になるREXカードが良いと思います。

国際ブランドがVISAが良い場合でも、REXカードが良い選択です。

リクルートのサービス(還元率+3%)をよく使うのであれば、
文句なくリクルートカードプラスが良いでしょう。

ただ、REXと漢方、リーダーズなら、
REXが基本的には上位互換になっています。

なので、REXかリクルートで使い勝手を比較してカードを決めれば良いと思います。

まとめ

今までの比較を総合して考えてみます。
以下の順番で考えれば、最もお得なカードがわかります。

  1. Amazonポイント(リーダーズ)、Ponta(リクルートカードプラス)を使うかどうか(もし使わないなら選択から外す)
  2. リクルートのサービスを使うかどうか(もし使うならベストカードはリクルートカードプラスで決まり!)
  3. 電子マネー(特にnanaco、SMART ICOCA)のチャージを使うかどうか(もし使うなら対応したカードを選択に残す)
  4. 国際ブランドがJCBで問題ないか(もし問題あるならJCBを選択から外す)
  5. ここまでで残ったカードの中から最も還元額が高いカードを選ぶ(還元率比較の表を参考に)

この手順を踏めば、あなたにとって最もお得なカードを絞れるはずです!
おそらくリクルートカードプラスかREXになると思います。

ここで選んだカードによって
あなたの人生が少しでも得になれば、クレ活管理人としてはとても嬉しいです。


関連記事一覧

サブコンテンツ

クレ活一押しの年会費無料&高還元率カード!

「Orico Card THE POINT」(オリコカードザポイント)は、年会費永年無料でポイント還元率は常時1%のカード。

 オリコモール経由でAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングの還元率が常時2%になるネットショッピングに強い、メインカードにおすすめのカードです。

クレ活!クレジットカード4コマ

クレ活4コマ003
クレ活4コマ004

このページの先頭へ