実はクレジットカードは現金よりも安全性が高いんです

クレジットカードは怖いと思っていませんか?

第三者に不正に使われてしまうと限度額一杯まで使われてしまう可能性があります。
なので、カードを使わない現金派の人もいると思います。

たしかに、いきなり限度額一杯の請求が来たら、怖いですよね。

クレジットカードを第三者に使われてしまうケース

そこでまず、第三者に不正に使われてしまうケースを洗い出してみます。

  • 盗難(リアル)
  • 紛失(リアル)
  • スキミング(リアル)
  • 情報漏洩(ネット)
  • フィッシングサイト(ネット)

おおまかに、リアルとネットに分かれます。

クレジットカード自体の盗難や紛失は、一番多いと思います。
ただ、カードが無いことで気付けるので、早めに対策ができます。

スキミングは、カードの情報を盗むことです。
専用のカード読み取り機械にカードを通されることで情報を盗まれてしまいます。
大抵見えないところでスキミングをするので、スキミング行為には気づきにくいです。
カードを持って奥の部屋に行くような怪しいお店では使わないようにするしかありません。
あとは、利用明細を見て、おかしな項目が無いか確認します。

ネットの場合は、情報漏洩やフィッシングサイトがあります。
ネットショッピング時に入力するクレジットカードの情報を盗まれてしまい、
不正に使われるケースです。
これも盗まれたことに気付けないと思うので、利用明細で確認するしかありません。

これだけの様々な不正利用のケースがあると、怖くなってしまうのは仕方ないと思います。

どの方法だとしても、まず気付くことが重要です。
毎月、利用明細をきちんと確認しておきましょう。

クレジットカードが現金よりも安全だと言う理由

様々な犯罪ケースがある中、本当にすべてを防ぐことができるのでしょうか?

結論から言うと、防げます。

クレジットカードには保険や補償があります。
なので、クレジットカードは現金よりも安全性が高いと言われています。

クレジットカードには以下の保険があるので、
すべての犯罪ケースを防ぐことができます。

  • 盗難・紛失の保険
  • ネット不正利用の保険
  • ショッピング保険(カードによって無い場合もある)
  • 旅行傷害保険(カードによって無い場合もある)

盗難・紛失や、ネットで不正利用された場合、
つまり犯罪に遭ったようなケースは、おそらく全てのクレジットカードが対応してくれます。

不正利用に気づいたらすぐにクレジットカード会社に連絡することで、
不正利用分全額を補償してくれます。
ケースによっては、カード会社の方から不正利用されていると連絡が来ることもあるようです。

ただ、これはカード利用側に過失がない場合です。
以下のことは必ずしておきましょう。

  • カードの裏にサインをしておく
  • カードをきちんと管理(他人に見える場所に出しっぱなしにしない)
  • 月1回は利用明細を確認する(メールが届くように設定すると良い)

他にも、ショッピング保険や旅行傷害保険といったプラスアルファの保険もあります。

ショッピング保険は、
クレジットカードで買った物が壊れたり盗まれたりしたら、補償してくれます。
旅行傷害保険は、旅行中の事故、病気、賠償、携行品被害などを補償してくれます。
(本当はもっと細かく規定されていますが、ここでは省略)

まとめ

  • クレジットカードは保険があるので、たとえ不正利用されても補償される
  • カードによっては、カードで買った物に対しても保険が効く
  • 現金は盗まれたら基本返ってこない

クレジットカードの方が保険が効く分、現金よりも安全性が高いです。

もし、クレジットカードを使うのに抵抗があって今まで使っていなかったら、
この機会に使ってみてはいかがでしょうか?

とは言っても、心配なことが多いと思うので、まずは基礎知識を付けることをお薦めします。
怖いと思う最大の原因は知識不足からくるものだと思います。
正しい知識さえ付ければ、怖いどころか非常に便利でお得なものに変わります。

基礎知識は、「クレ活の基礎知識編」が参考になると思います。


関連記事一覧

サブコンテンツ

クレ活一押しの年会費無料&高還元率カード!

「Orico Card THE POINT」(オリコカードザポイント)は、年会費永年無料でポイント還元率は常時1%のカード。

 オリコモール経由でAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングの還元率が常時2%になるネットショッピングに強い、メインカードにおすすめのカードです。

クレ活!クレジットカード4コマ

クレ活4コマ003
クレ活4コマ004

このページの先頭へ