楽天カードのような年会費無料のカードが良いとは限らない件

もしかしてあなたは、
クレジットカードは年会費無料が良いと思い込んでいませんか?

もちろん、年会費だけを見れば、
有料よりも無料の方が良いに決まっています。

しかし、総合的に見ると
年会費有料のカードを選んだ方が得になることも多いです。

クレ活管理人も最初は同じで、
とにかく年会費無料の中で決めることしか、頭にありませんでした。
実際に高還元率のカードと比較すると
3倍くらいの差があり、驚愕をしたのを覚えています(汗)。
(記事下に3倍の差になるリアルなデータも出してます)

クレ活管理人と同じような人も多いと思うので、
よりお得になるカードを選ぶための方法を書いていきたいと思います。

まずは、自分の年間利用額をチェック

まず、自分のクレジットカードの年間利用額を把握する必要があります。
これは必須です!

一応意味を説明すると、
クレジットカードで1年間で実際に使う金額のことを、
年間利用額と言っています。

この年間利用額を知ることによって、
自分に向いているクレジットカードが分かります。

というのも、クレジットカードの中には
年間利用額がいくら以上だと特典が付く場合があります。

特典の内容は、年会費が無料になったり、
ボーナスポイントがもらえたりなどです。

これを基準に考えると、
通常年会費が有料だったカードも、
あなたにとっては年会費無料のカードに変わる可能性もあるんです!

年間利用額の出し方については、
クレジットカードの年間利用額を知ろう」を参考にしてください。

で、年間利用額がいくら以上なら、カードを変えた方が得?

これは正直、カードによるので一概には言えません。
でも目安は言えます。

まず、年間利用額50万円以上だった場合は、
間違いなく高還元率カードにした方が得です。

年間利用額30万円~50万未満はちょっと微妙です。
年会費有料カードの方が得は得ですが、正直微差だったりします。
もし今後も年間利用額が増えそうなら、高還元率カードに、
年間利用額が安定しているのなら、
そのまま年会費無料カードで良いかもしれません。
この辺の判断は、お任せします。

年間利用額30万未満なら、
年会費無料のカードでいいと思います。

なぜ、このように言えるのかは次を見てください。

それで、年間利用額50万以上だったけど、おすすめのカードは?

クレ活は、クレジットカードでの「得」を最重視しています。

クレジットカード雑誌群

全クレジットカードの中から、
お得なクレジットカードを日々研究しています。
(つい気になって買っちゃっただけですが(笑))

そして、得を追求した結果は、
こちらのグラフになります。

年間利用額に対する還元額のグラフ(家族カード無し)

タイトルにも出した楽天カードと、高還元率カードとの比較をしています。
年間利用額が高いほど、差がどんどん広がっていくのがわかると思います。

楽天カードは還元率1%ですが、通常のカードは還元率0.5%です。
もしあなたのカードが還元率0.5%だったら、
グラフに出ている楽天の半分になってしまうんです。
こうなると、3倍以上の差が付いてしまうのがわかると思います。

このグラフの比較の詳細については、
ポイントが貯まるおすすめクレジットカード4枚を徹底的に比較!」のページにもあります。

超まとめ! つまり言いたいことは…

クレ活管理人が言いたいことは、、

年会費無料のカードを使っている人は、
もう一度カードを見なおして欲しい!

ということです。

世の中には、よりお得になるカードがあります。
それを使わないのはもったいないんです。

損より得!
得より大得!

とにかくこのサイトを見てくれた人が、
得になってほしいので、
熱く語ってみました(笑)。


関連記事一覧

サブコンテンツ

クレ活一押しの年会費無料&高還元率カード!

「Orico Card THE POINT」(オリコカードザポイント)は、年会費永年無料でポイント還元率は常時1%のカード。

 オリコモール経由でAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングの還元率が常時2%になるネットショッピングに強い、メインカードにおすすめのカードです。

クレ活!クレジットカード4コマ

クレ活4コマ003
クレ活4コマ004

このページの先頭へ