入会特典狙いでクレジットカードを作るデメリット

クレジットカードを新規で作る場合、
大抵のカードに入会特典が付きます。

しかも、カードによっては数万円レベルの
価値の高い特典もあったりします。
これだと、入会特典狙いでカードを作る人が出てくるのが普通です。

ここで言う入会特典狙いとは、
入会特典だけもらい、カードはほとんど使わないような場合のことです。

今回は、この入会特典狙いはやっても問題ないのか、
主にデメリットが無いかどうかについて考えてみます。

カード会社が、なぜ入会特典を付けるのか考える

まずは、カード会社視点で考えてみます。

カード会社の利益は、主に以下になります。

  • カードを使ってもらう
  • 年会費
  • 金利手数料

つまり、カードを使ってもらう必要があるわけです。

なので、入会特典というエサでまずはカードを作ってもらって、
そのまま使ってもらえれば良いわけです。
入会特典は先行投資のようなものですね。

ということは、入会特典だけ持っていかれて、
すぐに解約されてしまうと、当然赤字になります。

これでカード会社の運営は大丈夫か?と思うかもしれませんが、
現状ではカードの解約に規制は無いので、うまく回っているようです。

似たような事例としてうまく回らなかったのが、
携帯電話の本体安売りです。
携帯電話の本体を安くするのは、
継続して使ってもらうことで回収できるからです。

しかし、即解約などが相次いでしまったため、
現状では2年縛りのようなク○システムができたわけです。

もし、クレジットカードの入会特典で、
カード会社が赤字になるようなことになったら、
もしかしたら携帯のような縛りが、出てくるかもしれませんね。

入会特典狙いはやっても良いか?

カード会社にとって、入会特典は先行投資ということはわかったと思います。

では、入会特典狙いはやっても良いのでしょうか?

少し倫理的な問題もありますが、
結論としては、「やっても良い」です。
なぜなら、禁止されていないから。

カード会社も、当然入会特典狙いの人がいることは承知しているでしょうし、
その数も想定して、入会特典の金額を設定しています。

さらに言えば、入会特典狙いだったけど、
そのカードを何だかんだで使う人、
つまりお客になる人もいると思います。

実際にやるかどうかは置いておいて、
やっても良いかどうか、で言えば
やっても良い、というのが答えになります。

入会特典狙いのデメリット

では、入会特典狙い、
つまりカードを作ってしばらく寝かせた後に解約する行為、
にはデメリットはないのでしょうか?

信用情報に残るので、審査に影響も

まず、カードを作成時、解約時に
信用情報に記録が残ります

それを見た他のカード会社が、
「こいつ、入会特典狙いの常習犯か」
と判断してしまった場合は、
残念ながら審査に落ちることもあります。

なんとなくですが、大手企業ほど、
多数のカードに申し込んでいる行為を嫌う傾向が
あるように感じます。

ちなみに、クレ活管理人は
おそらく多数のカード歴があったため、
一般カードの審査で落とされました(泣)。(参照

カードの改悪につながる。最悪廃止も・・

入会特典狙いは、カード会社の利益を削る行為です。

当然、度が過ぎると運営が苦しくなります。
そして、クレジットカードの改悪や、最悪廃止もあり得ます。

もしくは、先ほど言ったような
解約手数料の制度が出来たりするかもしれません。

すぐには起きないデメリットですが、
何事も度が過ぎることは、やらない方が身のためと言えます。

結論:やるか、やらないか

1つの結論を出すなら、やらない方が良い、になります。

たくさん申し込みをしていると、
本当に気になるカードができた時に
審査が通らずに悔しい思いをするかもしれません。
無理して入会特典を狙いに行くほどでも無いと思います。

それでも入会特典狙いをやりたいという人は、
半年~1年に1回程度であれば問題ないと思います。

機会は少ないので、
期間限定キャンペーンのような
入会特典金額が増える時を狙うと効率が良いと思います。

でも、あくまでも度が過ぎないようにしてくださいね。

※自己責任でお願いします。


関連記事一覧

サブコンテンツ

クレ活一押しの年会費無料&高還元率カード!

「Orico Card THE POINT」(オリコカードザポイント)は、年会費永年無料でポイント還元率は常時1%のカード。

 オリコモール経由でAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングの還元率が常時2%になるネットショッピングに強い、メインカードにおすすめのカードです。

クレ活!クレジットカード4コマ

クレ活4コマ003
クレ活4コマ004

このページの先頭へ