2014年度のクレジットカードトレンドを予想してみた

もうそろそろで、2013年度も終わります。
そして、魔の2014年度(笑)が始まろうとしています。。

そこで今回は、2014年度にはどういうクレジットカードが流行りそうか、
クレ活独自の視点で予想してみます。

2014年度に重要になると思われるクレジットカード関連のキーワードや、
2014年度、最も熱くなると思われるカード1枚を予想してみたので、
消費税増税対策を考えている人は、最後まで読んでみてください!

2014年度はどういう年になるか

まず2014年度がどんな年になるか考えてみました。

やはり、今一番話題である「消費税増税」がキーになってきます。
消費税が5%から8%になるのは、
思ったよりもインパクトが大きいと感じています。

というのも、クレジットカードの年会費も増税分値上がりするのですが、
クレ活サイトの年会費データを更新していると、
「高っ!」と思うことが何回かありました。

例えば、
消費税5%だと、1,000円の税込みは1,050円ですが、
消費税8%だと、1,000円の税込みは1,080円になります!

高いと感じませんか?

100円は108円、300円は324円(汗)。。

あまり見慣れない数字だからか、余計に高く感じてしまいます。

さらに、2015年度には消費税が10%になることも確定しています。
時期はまだ未定です。

以上から、今後は消費税が落ち着くまでは、
節約志向の人が増え続けていくと思われます。

2014年度のクレジットカードのトレンド予想

今度は、クレジットカード視点で、2014年度の予想をしてみました。

クレ活では、「クレジットカードの見直し」の年になると考えています。

理由は、以下のような節約志向の人が増えてくるからです。

  • 今までカードを持っていない人が、節約目的で持つようになる
  • よりお得な別のカードへ切り替える

おそらく、雑誌やテレビなどで、
クレジットカードや電子マネーを使えば節約できることが特集されたり、
達人の節約術の中にクレジットカードがあったり等、
「クレジットカードで節約」というキーワードを見かける機会が増えると思われます。

こういったことが後押しして、
クレジットカード=節約というイメージが増えてきて、
カードを取得したり、見直したりする機会が増えると考えました。

2014年度に最も注目されるクレジットカードは・・・

そして、どのようなカードが注目されてくるかは、
クレ活でもイチ押している「高還元率カード」です。
高還元率カードとは、ポイントが貯まりやすいカードという意味です。

節約=ポイントがより貯まりやすいカード、になるので、
2014年度になったら高還元率カードがさらに注目されると見ています。

クレジットカードの見直しをすることにより、
ほとんどの人が使っている還元率0.5%や1%のカードから、
より節約に貢献できる高還元率カードへと切り替える人が増えるはずです。

そして、その切り替え先のカードで、
最も熱くなりそうなクレジットカードは・・・

REXカード

このカードが最もトレンドになると予想しています。

高還元率なのは当たり前として、
以下の点で人気が出ると思われます。

  • シンプルで使いやすい
  • Jデポ(現金値引き)
  • 年間50万円以上利用で年会費無料(家族カードも)

条件付きで年会費が無料になるので損は無いし、
さらに、現金値引きが大きいです。

クレジットカードのポイントで商品等に交換出来るタイプの場合、
嫌でも何か買ったり交換しなくてはいけません。
でもよく考えると、これって節約とは違うと思いませんか?
ポイントが貯まっても無駄な買い物をしていては意味がありません。

一方、現金値引きだと、実際に使った金額から引かれることになるので、
全く無駄がなく、本当の意味で節約になります。

以上から、クレ活では「REXカード」が最も熱くなるカードと考えました。

クレジットカードで節約を考えている人は、
消費税増税のこの機会にカードを見直して、
高還元率カードへの切り替えを検討してみてください!

クレ活一押しの高還元率カードは、
ポイントが貯まるおすすめクレジットカード
にまとめてあります。

あなたの節約の助けになれば、幸いです!


関連記事一覧

サブコンテンツ

クレ活一押しの年会費無料&高還元率カード!

「Orico Card THE POINT」(オリコカードザポイント)は、年会費永年無料でポイント還元率は常時1%のカード。

 オリコモール経由でAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングの還元率が常時2%になるネットショッピングに強い、メインカードにおすすめのカードです。

クレ活!クレジットカード4コマ

クレ活4コマ003
クレ活4コマ004

このページの先頭へ