マイレージカードは、カード選びよりもマイルの使い方が重要

今回はマイレージカードについてです。

クレジットカードは一律カード選びが最も重要だと思っていませんか?
たしかに重要ではあるんですが、
マイレージカードの場合だと、貯まったマイルの使い方の方が重要なんです。

今回はマイルの使い方がどれだけ重要なのかを、
実例を持って説明しようと思います。

マイレージカードを使っている人は、参考にしてみてください!

マイルの価値は不定

まずはマイルの価値について確認です。

マイルは円に換算しようとしても、一概に何円とは言い切れません。
理由は、航空券の価値が状況により変化するためです。

例えば、10万円分の航空券を50,000マイルで交換した場合は、
1マイルあたりの価値は2円になります。
15万円分の航空券を50,000マイルで交換した場合は、
1マイルあたりの価値は3円になります。

つまり、航空券の値段によってマイルの価値は全然変わります。
場合によっては、1マイル5円以上、10円以上になることもあります。

普段マイルに触れない人はピンと来ないかもしれません。
1マイル=2円でだいたい還元率2%と考えてみてください。
そうなると上記は、還元率5%とか10%もありえる、ということなんです。
スゴイですよね?

で、航空券の値段が変わる理由は、主に時期とクラスです。

時期は繁忙期は高くなり、閑散期は安くなります。
クラスは、エコノミー、ビジネス、ファーストと順に高くなっていきます。

マイルも同様に、繁忙期に交換するためのマイル数は多くなり、
閑散期に交換するためのマイル数は少なくなったりします。

マイルの価値を実例で見る

では実際にどれくらいマイルの価値が変動するか見ていきます。

例として、日本~ニューヨークの場合を見ていきます。
(価格はあくまでも一例です)

搭乗条件 時期 必要マイル
エコノミークラス
(105,000円)
繁忙期 5万マイル
閑散期 4万マイル
ビジネスクラス
(530,000円)
繁忙期 8万マイル
閑散期 8万マイル

ビジネスクラス高いですね(笑)。
クレ活管理人は、そもそもビジネスクラスを検討したこともないので、
正直値段初めて見ました。ビックリです。
これを普通に乗れる人はすごいなぁと思います。

でも、航空券の値段と、必要マイルをよく見てください。
値段にマイル数が比例していません。

航空券の値段は5倍以上違うのに、マイルは1.6倍で済みます。
つまり、マイルでならビジネスクラスに乗るのもそこまで難しくないんです。

それぞれマイルで特典航空券に交換した場合のマイル価値を計算してみます。

すると、

搭乗条件 時期 必要マイル マイル価値
エコノミークラス
(105,000円)
繁忙期 5万マイル 1マイル=2.1円
閑散期 4万マイル 1マイル=2.625円
ビジネスクラス
(530,000円)
繁忙期 8万マイル 1マイル=6.625円
閑散期 8万マイル 1マイル=6.625円

のようになります。
マイル価値がかなり違うことがわかると思います。

マイル価値は、ビジネスクラスや繁忙期を狙うと高くなります

ただ、マイル価値は高まりますが、消費するマイルも多くなるので、
そこは自分のマイルと相談して決めてみてください。

カード選びとマイルの使い方を比較

ここでようやく本題に移ります(笑)。

マイレージカードはカード選びよりも、マイルの使い方が重要な理由です。

何となく想像は付くと思うので先に結論を言っておくと、
マイル価値への影響が最も強いのが、マイルの使い方なんです。

順に見ていきます。

まずは、カード選びによるマイル価値への影響を見ていきます。

マイル付与率はだいたいのマイレージカードは1%以上はあります。
ANAでは10マイルコース、と呼ばれます。

だいたいのマイル付与率の最高値は1.35~1.39%になります。(プレミアムは除外)
なので、マイレージカードの最小値と最大値の差は、
1.35% - 1% = 0.35%
となるわけです。

で、この0.35%のマイル付与率は、
年間利用額100万円なら3,500マイル相当の差がつくことになります。

一方で、マイルの使い方の場合は、
先ほどの実例だと、最高で1マイル=6円、最低で1マイル=2円となりました。
その差は4円分です。

10,000マイル使って4円の差が出た場合は、差額は4万円。
20,000マイル使って4円の差が出た場合は、差額は8万円。
30,000マイル使って4円の差が出た場合は、差額は12万円。

という感じで、
マイル価値の高い時と低い時で使った場合の差額を見ると、
かなり大きな金額差が付くことがわかります。

ただ正直言うと、若干この計算は乱暴です。
実際ここまで差が付くかは状況によるんですが、
ただ、雰囲気は掴んでもらえたと思います。
数字はあくまでも一例です。

実際に1マイル10円超えの価値になることもあるので、
マイルを交換する航空券によって、
かなりの差になることは覚えておいてください。

まとめ

カード選びよりも、マイルの使い方の方が重要です。

あ、もちろんカード選びも重要ですよ!

ただ、マイルの使い方は影響が大きいので気をつけてほしい
ということが言いたかったのです。

マイレージカードを選んだからといって安心せず、
もっと得をするためにも、マイルの使い方も検討してみてください。


関連記事一覧

サブコンテンツ

クレ活一押しの年会費無料&高還元率カード!

「Orico Card THE POINT」(オリコカードザポイント)は、年会費永年無料でポイント還元率は常時1%のカード。

 オリコモール経由でAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングの還元率が常時2%になるネットショッピングに強い、メインカードにおすすめのカードです。

クレ活!クレジットカード4コマ

クレ活4コマ003
クレ活4コマ004

このページの先頭へ