交通系電子マネー(Suica、Pasmo等)を使おう!

交通系電子マネーとか、交通系ICカードとは、SuicaやPASMOのことです。
関西圏ならICOKA、PiTaPa等地域によって色々あります。

交通系電子マネーは、電車やバスで使用することができます。
最近では、駅近くのお店でも使えるところが増えてきました。

当たり前のように使っている人にとっては、
何で今さらこんな話を?と思うかもしれません。

クレ活管理人も毎日のように使っているので、
話題にしなくても良いかなと思っていましたが、
つい最近、切符を使っている人を見かけたので、
このテーマをブログにしようと思いました。

切符を使うのは別に悪くはないんですが、
2014年4月1日以降だと、切符は電子マネーよりも損になります。

クレ活を見てくれている人には損をしてほしくないので、
確認の意味を込めて、交通系電子マネーについて話します。

交通系電子マネーの方が切符より運賃が安い

2014年4月1日以降は、消費税が5%から8%に上がりました。
その影響で、電車等の運賃も上がることになります。

ただ、5%から8%への値上がりは半端なので、
普通に値上げすると運賃に1円単位の端数が出てきます。

1円単位だと切符購入時に面倒ですし、
一律10円単位で切り上げるのも値段が高くなってしまいます。

そこで、ICカードは1円単位、切符は10円単位となりました。
例えば、同じ区間でもICカードは165円、切符は170円になります。

なので、消費税8%時代では、
電子マネーの方が切符よりも安いんです。
(消費税10%になったら、同額になるかもしれません。)

交通系電子マネーのメリット・デメリット

ということで、交通系電子マネーを使いましょう!

まだ使っていない人のために、
交通系電子マネーのメリット・デメリットをまとめました。

メリット デメリット
切符よりも安い 最初にデポジット(500円程度)を取られる
電車に乗る時いちいち料金を見る必要が無い チャージが手間(オートチャージもある)
改札の通過が楽 紛失・盗難時のダメージがでかいかも

一般的にはメリットの方が大きく、デメリットは少ないです。
デポジットは最初に取られますが、返却時に戻ってきます。
また、クレジットカード一体型の場合、デポジット不要なものもあります。

チャージはオートチャージができますし、
切符を買うよりかは楽なはずです。

紛失・盗難時は唯一のデメリットになると思います。
切符はその金額だけですが、
電子マネーの場合、そこにチャージされている全額を失くす事になります。

ただ、記名式の電子マネーや一体型クレジットカードなら、
カードの利用停止をして、再発行することは可能です。
ただ、停止までの間に使われてしまった金額は補償されないと思います。

まとめると、紛失・盗難時の対応だけしっかり考えておけば、
電子マネーの方が切符よりも得ということが言えます。

交通系電子マネーを使うなら、併せてクレジットカードも検討を

交通系電子マネーを使うなら、よりお得に使いたいですよね?

クレ活としては、クレジットカードと併せて使うことをおすすめします。

クレジットカードに紐づけて電子マネーを使うと、
電子マネーへのチャージ時にポイントが貯まったり、
その他のケースでポイントが貯まることがあります。

ただ、どんなクレジットカードでも良いというわけではなく、
特定のカードのみチャージ時にポイントが付きます。
SuicaならVIEWカード系、
PASMOならTo Me CARD系、東急TOP&ClubQカード系、
小田急カードなどがおすすめです。

PASMOのTo Me CARDでは、
東京メトロに乗るだけでポイントが貯まる乗車ポイントもあります。

ぜひ、交通用のクレジットカードと電子マネーを使って、
快適&お得なライフを過ごしてください!


関連記事一覧

サブコンテンツ

クレ活一押しの年会費無料&高還元率カード!

「Orico Card THE POINT」(オリコカードザポイント)は、年会費永年無料でポイント還元率は常時1%のカード。

 オリコモール経由でAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングの還元率が常時2%になるネットショッピングに強い、メインカードにおすすめのカードです。

クレ活!クレジットカード4コマ

クレ活4コマ003
クレ活4コマ004

このページの先頭へ