クレジットカードにエンボス(凹凸)がある理由

ほとんどのクレジットカードには、エンボスがあります。

エンボスとはカード番号や、有効期限、名前の印字がでこぼこしている部分です。

三井住友VISAクラシックカードのサンプル画像

逆にエンボスが無いカードもあります。
前回のブログで紹介した「ビックカメラSuicaカード」等がそうです。

ビックカメラSuicaカードのサンプル画像

前回言い忘れていましたが、
ビックカメラSuicaカードのようなカードは、
印字部分がでこぼこしていないので、財布がかさばらないので使い勝手が良いです。
このようにエンボスが無いカードをエンボスレスカードと呼びます。

なぜ、エンボスカードとエンボスレスカードがあるのでしょうか?

今回はそのちょっとした豆知識的な事を紹介したいと思います。

エンボスが必要な理由

ほとんどのクレジットカードがエンボス仕様となっているのは、
もちろん理由があります。

海外ではクレジットカードの決済端末を設置できないお店が一部あります。
このようなお店はどうやってカード決済をするかというと、
インプリンターと言う機械で売り上げ伝票に転写するそうです。
その時にエンボスが無いと転写できないんです。

そのため、エンボスが必要になっています。

ただ、日本ではほぼインプリンターを使ったカード決済はありません。
海外でも先進国なら、ほぼ無いと思われます。
ごく一部の地域で使われているインプリンター方式のせいで、
エンボス仕様のままとなっているんです。

エンボスレスがある理由

エンボスレスが生まれた理由は、2つあります。

1つ目は、インプリンター方式にはセキュリティ上の問題があることです。
インプリンター方式だと、不正利用されやすかったり、
どこで不正利用されたのかが特定できなかったりと、
セキュリティ上弱いんです。

そのため、エンボスを無くすことで、
インプリンター方式自体を使えなくすれば、
セキュリティが向上するし、
エンボスを必要とするのはごく一部ということで、
エンボスレスカードが出てきました。

2つ目は、SuicaやPASMO等の電子マネー一体型カードです。
SuicaやPASMOは、駅にある券売機に入れてチャージすることができます。
一体型のクレジットカードも同様にチャージできますが、
エンボスがあると、券売機にカードを通すことができなくなってしまいます。

そのため、ビューカード系やPASMO系カードは、
エンボスレスカードがほとんどです。

エンボス、エンボスレスどちらのカードを持てばいいのか?

海外ではインプリンター方式のお店の可能性があるので、
エンボスにした方が使えるお店が増えます。

なので、海外へ行くならエンボス有りのカードの方が良いように思えますが、
果たしてそうでしょうか?

クレ活管理人の結論は、
クレジットカードのエンボスは気にする必要無しです。

インプリンター方式でしかカード決済できないお店では、
たとえカードを使えたとしても、使わない方が身のためです。

インプリンター方式はセキュリティ上の問題があるので、
どんな不正をされるかわかりません。
カードを使うのはリスクがあるので、素直に現金で決済した方が良いと思います。

なので、エンボスかどうかは全く気にする必要はありません。
インプリンター方式のお店では現金を使えば良いだけです。


関連記事一覧

サブコンテンツ

クレ活一押しの年会費無料&高還元率カード!

「Orico Card THE POINT」(オリコカードザポイント)は、年会費永年無料でポイント還元率は常時1%のカード。

 オリコモール経由でAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングの還元率が常時2%になるネットショッピングに強い、メインカードにおすすめのカードです。

クレ活!クレジットカード4コマ

クレ活4コマ003
クレ活4コマ004

このページの先頭へ