複数のクレジットカード等を1枚にまとめるCoinとは?

複数のクレジットカードを1枚にできるCoinの画像

最近、複数のクレジットカード等を1枚にまとめられる「Coin」が話題になっています。

今回は未来の話になりますが、Coinについてのまとめと、
クレ活独自の視点から見ていきたいと思います!

Coinとは?

まずどんなものかイメージするために、
以下の公式動画を見てもらうのが一番です。

どうでしたか?
未来的なデバイスにワクワクしたんじゃないでしょうか?
(クレ活管理人だけ?(笑))

Coinの特徴をまとめました。
なお、まだ不確定情報なので変更がある可能性はあります。

  • 複数のクレジットカードを「Coin」1枚にできる
  • Coinはカード型の電子デバイス
  • サイズは、普通のクレジットカードと同じ
  • 対象カードは、対応可能なクレジットカード、デビットカード、ギフトカード、メンバーカード
  • 1つのCoinに8枚分のカードを保存可能
  • Coinはスマートフォン(Android、iOS)アプリが必要
  • Coin本体とスマホアプリがBluetooth通信することで使用可能
  • スマホの電池が切れてもある程度の時間なら使える
  • Coin本体のバッテリーは最低2年は保つ
  • Coin本体のバッテリーが切れたら、Coinごと交換する必要がある

Coinはセキュリティ面を最優先課題で対策しているらしいです。

  • Coin内の別のカードに切り替えるボタンは意図して押しにくくしている
  • 店員にCoinを渡して、誤操作で別のカードに変わってしまう可能性は低い
  • カード情報は、暗号化される
  • Coinとスマホが遠ざかると、スマホがアラート音を出す
  • Coinとスマホの接続が切れ、ある程度時間が経つと自動的にCoinが使えなくなる

なお、集めた情報によるとCoinは発売後すぐに日本では使えないらしいです(笑)。
どうやらCoinは磁器(カードの裏面の茶色い線の部分)を使うので、
日本でよく使われているICチップ&暗証番号のタイプの
「EMV」という種類の機械では使えないためです。
この辺は、リリース間近になったらより詳細情報が出ると思います。

で、そのCoinの発売時期ですが、なんか延長したらしく、
今のところは2015年春くらいになるそうです。
また、価格は50~100$の間くらいになりそうです。

クレ活管理人が考えるCoinの懸念点

Coinのコンセプトである、「複数のカードを1枚にする」を聞くと、
かなり良いものだと思えます。

しかし、Coinの仕様を見てみると、
クレ活管理人としては、これ流行らないんじゃないかなと思うくらい、
懸念点が浮かびました。

クレ活管理人が思うがままにツッコんでみます(笑)。

スマホが無いと使えない

スマートフォンを持っている人は多いと思いますが、
スマホと常にBluetooth通信をしていないとダメというのは、
やや使いにくいと思います。

スマホ自体のバッテリーも減りが早くなるので、ちょっと嫌ですね。

携帯本体のバッテリー

携帯本体のバッテリーが切れると、Coinも使えなくなってしまいます。
(バッテリーが切れてもある程度使えるらしいですが)

Coinが使えなくなると困るので、
重要な時や、長期間になる旅行時だと、
結局はクレジットカードも持っていかないといけない気がします。

携帯の充電器を持ち歩けば問題ないかもしれませんが、
財布をスッキリしても、カバンの荷物が増えるのもちょっと微妙な気がします。

Coin本体のバッテリー

Coin本体のバッテリーは2年は保つそうですが、
もし切れてしまったら、また新しいCoinが必要になります。

この時のCoinは新しいのを買うのか、無料で交換してもらえるのかはわかりませんが、
もし新品を買う必要があったら、金銭的にかなり厳しい気がします。

Coin本体が結構高い

現時点だと、Coin本体は100$(約1万円)で、
予約をすると50%オフになり、50$(約5,000円)になるそうです。

もし、1万円だったとすると、ちょっと高く無いですかね?
いや、5,000円でも高いですね(笑)。
しかもバッテリー切れたら、また新しい物を用意しないといけなくなるので、
これ、年会費払うような感じになってしまいます。

せっかくクレジットカードでポイント節約しても、
Coinでパーになったら意味ないですよね。。

セキュリティ面も万能じゃない

Coinならセキュリティばっちりと思うかもしれませんが、
Coinとスマホを同時に盗まれたら結局同じような気がします。

もしCoinが流行ったら、空き巣が増えそう

もしCoinが流行ったら、クレジットカード本体は家に置くと思います。

そうなったら、Coinをひったくるよりも、
家にあるクレジットカードを盗んだ方が簡単に思えるので、
空き巣が増える可能性があります。

そうなってしまうと、家のクレジットカードと、
持ち歩き用のCoin両方を守る必要が出てきます。

余計に面倒になるかもしれない

今までは財布の中からカードを出すだけだったのに、
スマホと連携させ、Coinのボタンを押して、店員に渡す必要が出てきます。

また、家に置くであろうクレジットカードもきちんと管理する必要はあります。

なんだか、管理しなければいけない物が増えて、
余計に面倒になってしまうかもしれません。

使うクレジットカードが増えるかもしれない

Coinは複数のカードを保存できるので、
Coinを持っている人は色々なカードを入れたがるかもしれません。

そうなると、クレジットカードを複数持つことになり、
その結果、支出が増える可能性があります。
(Coin関係ないかも(笑))

ポイントがメインカードに集まりにくくなる

ポイントをより貯めやすくするには、メインカードを決めて、
そのカードを集中的に使うことです。

しかし、Coinにしてしまうと、
色々なカードを使うことになるので、ポイントが集めにくくなる可能性があります。

果たしてCoinは買いなのか?

Coinは日本で使えない、という噂があるので、
日本で使えなければ、結局考える意味はありませんが、
とりあえず日本で使える前提で、Coinは買いなのか考えてみます。

クレ活管理人としては、Coinは買うべきでは無いと思いました。

細い理由はいくつかありますが、
一番の理由はCoin本体が高すぎる点です。

還元率1%のクレジットカードで年間100万円使っても、
獲得できるポイントは10,000円分です。
これがパーになってしまうCoin本体の値段の高さは、ちょっと厳しい気がします。

このくらいの金額を物ともしない人や、
普段かなりの枚数のカードを使っている人なら問題ないと思いますが、
普通の人には必要は無いんじゃないでしょうか?

とりあえずCoinの情報がまだ少ないので、
現時点での結論は「買わない」ということになりました。


関連記事一覧

サブコンテンツ

クレ活一押しの年会費無料&高還元率カード!

「Orico Card THE POINT」(オリコカードザポイント)は、年会費永年無料でポイント還元率は常時1%のカード。

 オリコモール経由でAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングの還元率が常時2%になるネットショッピングに強い、メインカードにおすすめのカードです。

クレ活!クレジットカード4コマ

クレ活4コマ003
クレ活4コマ004

このページの先頭へ