J’sコンシェルで得しよう!JACCSのカードを持っている人必見です

クレ活では高還元率カードを押しているので、
ここを見てくれている人は、
高還元率カードを持ってくれていると思います。

その高還元率カードの中で、よく名前の出てくるのがジャックスのカードです。

  • 漢方スタイルクラブカード
  • REXカード
  • リーダーズカード
  • エクストリームカード

この辺は雑誌でもネットでもよく出てくるカードです。

これらのJACCSカードを持っている人なら、
会員限定のお得なサービス「J’sコンシェル」が使えます

J’sコンシェルとは、
旅行やグルメ、エンタメ、ショッピング等で、
割引や優待サービスを受けることができるサービスです。

JACCSカードを持っている人は無料で使えるサービスなので、
このページを読んで興味が出たら、登録してみてください。

J’sコンシェルを利用するメリット

J’sコンシェルを利用すれば、様々な割引を受けることができます。
たくさん種類がありますが、
クレ活管理人が個人的に気になったものを紹介しておきます。

レジャー施設の割引や入場無料

全国各地の対象レジャー施設が割引になったり、
入場料が無料になる場所もあります。

割引はだいたい20~50%オフになっており、結構お得です。

入場料無料は毎月開催されていて、
無料になる施設は変わっていきます。

現在、無料になっている施設の一例です。

  • 東京サマーランド:入園料2,000円が無料
  • 白樺リゾート池の平ファミリーランド:入園料1,200円が無料
  • 和歌山マリーナシティ ポルトヨーロッパ:入園料1,500円が無料
  • 那須りんどう湖LAKE VIEW:入園料1,500円が無料

映画鑑賞券の割引

各種映画館での割引チケットを購入できます。
以下は一例です。

  • イオンシネマ:1,800円→1,300円
  • TOHOシネマズ:1,800円→1,300円
  • MOVIX:1,800円→1,300円

ギフト券の割引

一応、商品券やギフト券の割引があります。
しかし、種類によってはクレジットカードで購入できなかったり、
送料が掛かることがあるので、よく確認した方が良いです。

例えば、Amazonギフト券だと10,000円分を9,800円で買えますが、
手数料105円かかるそうなので、微妙です。

J’sコンシェルにあるベネフィットブックストアで本が買えます。
ここでは、還元率が10%付きます。

ただ、もらえるポイントはこのサイトで使える「ベネポ」になります。

全国各地のホテル・旅館の無料宿泊券の抽選

全国各地の無料宿泊券の抽選もありました。
これに応募する人は、ジャックスカードを持っていて、
J’sコンシェルに登録している人になるので、
結構確率は高いんじゃないかなぁと思って、よく応募しています(笑)。

その他

全体的に色々見ていると楽しくなるようなものが多いです。

家族とおでかけする特集とか、グルメギフト特集とか、
「へぇ~こんなのあるんだ!」
というようなものが結構ありました。

割引となりお得になるのもあるんですが、
自分が知らないようなレジャースポットやお店等があるので、
見ているだけでも結構楽しめますよ(笑)。

J’sコンシェルへの申し込み方法

J’sコンシェルへの申し込みは簡単です。
Webから今すぐに登録して、サービスを使うことができちゃいます。
もちろん無料です!

まずは、JACCSのWebサービス「インターコムクラブ」にログインします。
そして、左にある「各種メニュー」から「J’sコンシェル登録」を選択。
インターコムクラブのメニュー画像

続いて、「J’sコンシェルを利用する」ボタンを押します。
J'sコンシェルへの申し込み画像

J’sコンシェルへの登録ボタンが出てくるので押します。
J'sコンシェル新規登録の画像

J’sコンシェルの会員情報を登録する画面が出てくるので、
自分の個人情報を入力して、登録します。
J'sコンシェル会員情報登録画面の画像

これで、すぐにJ’sコンシェルが使えるようになります。

まとめ

ジャックスカードを持っている人は、
一度J’sコンシェルを覗いてみてください。

無料で使えるサービスなので、おすすめです。


関連記事一覧

サブコンテンツ

クレ活一押しの年会費無料&高還元率カード!

「Orico Card THE POINT」(オリコカードザポイント)は、年会費永年無料でポイント還元率は常時1%のカード。

 オリコモール経由でAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングの還元率が常時2%になるネットショッピングに強い、メインカードにおすすめのカードです。

クレ活!クレジットカード4コマ

クレ活4コマ003
クレ活4コマ004

このページの先頭へ