クレジットカードの分類方法はかなり変わってきた

世の中にあるクレジットカードはたくさんの種類があります。
今だと多分1,000くらいの種類があるんじゃないかと思います。

クレ活管理人も初めて聞くようなカードが結構あったりします(汗)。

で、このたくさんあるクレジットカードですが、
一気にこういうカードがあります、といった感じで一覧を見ても、
どれを選んで良いかわかりませんよね?

そこでクレジットカードを分類していく必要があるんですが、
この分け方によって、カードの探しやすさが段違いに変わります。

なので、分類方法を把握しておくと、
自分が求めているカードも探しやすくなる
わけです。

どういう分類方法があるのか調べてみると、
昔から今にかけて結構変わってるんです。

そこで今回は、
クレジットカードの分類方法の移り変わりについて書いていきます。

昔のクレジットカード分類方法

昔のクレジットカード分類は、カード会社ごとに分けていました。

  • 銀行系クレジットカード
  • 信販系クレジットカード
  • 流通系クレジットカード

だいたい主なものはこんな感じで、
カード会社が何系に属するかを表しています。

銀行系は、三井住友やUFJ等の銀行が発行しているカード、
信販系は、セディナやオリコ等の信販会社が発行しているカード、
流通系は、イオンやセブン等のスーパー、デパートが発行しているカードです。

昔はどのカードも還元率が一緒で、
カードの発行元くらしの違いしかなかったので、
こういう分類になっていたのだと思います。

今のカードは多種多様で色々な機能のカードがあるので、
この分類方法では、どういうカードなのか全くわからないので、
だんだんと意味の無い分類方法になっています。

クレ活管理人的には、もう不要なんじゃないかと思う分類方法です。

今のクレジットカード分類方法

今のクレジットカードだと、目的別に分けるのが主流になっています。

  • 高還元率カード
  • 年会費無料カード
  • マイレージカード
  • ステータスカード

高還元率カードは、ポイントが貯まりやすいカード、
年会費無料カードは、年会費が無料のカード、
マイレージカードは、マイルが貯まるカード、
ステータスカードは、ステータスのあるカードといった感じです。

これらはあくまでも一例で、
目的によって様々な分類方法があります。

例えば、Tポイントを貯めたい人は、
Tポイントの貯まるカード、というページがあると一番良いと思います。

ただ、これらの分け方はかなり種類があったり、
サイトや雑誌によって色々な分け方になっています。

たくさんあってどれを見ていいかわからない人は、
自分の目的を再確認して、
それに沿ったものを選ぶと良いです。

ほとんどのカードユーザーは、
無料で持ててポイントのたまりやすいカードを求めているので、
上に挙げた「高還元率カード」と「年会費無料カード」を、
確認してみれば、良いカードに巡り会えると思います。

まとめ

今回をまとめるとこんな感じです。

  • 銀行系といった分け方は古く、今ではあまり意味が無い
  • 自分の目的に合う分け方のカードを探すと良い
  • 高還元率カード、年会費無料カードがおすすめ

今回以上です。
良いカードを探してもらえれば幸いです!


関連記事一覧

サブコンテンツ

クレ活一押しの年会費無料&高還元率カード!

「Orico Card THE POINT」(オリコカードザポイント)は、年会費永年無料でポイント還元率は常時1%のカード。

 オリコモール経由でAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングの還元率が常時2%になるネットショッピングに強い、メインカードにおすすめのカードです。

クレ活!クレジットカード4コマ

クレ活4コマ003
クレ活4コマ004

このページの先頭へ