楽天アカウント名義とクレジットカード名義が違う場合でのトラブル

クレ活管理人は、ネットショッピングする時楽天で買う場合が多いです。

別に楽天が好きだからというわけではなく、
結果的に一番得になるので使う機会が多いです。

まず価格.comで最安のお店を探します。
もちろんクレジットカードに対応しているお店です(笑)。

価格.comに楽天は載っていないので、
次に楽天でも値段を調べます。
そして価格.comの最安値と、楽天の価格を比較します。

楽天でも同じ値段である場合があるんですが、
ここで見ておくべきのはポイントです。
お店によってはポイント10倍付くこともあるので、
値段+ポイント分を考慮して、お店を選びます。
10倍だと実質1割引きなので、非常にお得です!

ポイントがある分楽天の方が安い場合が多く、
楽天で買い物をすることが多くなるわけです。

で、最近10万円くらいの家電を楽天で買いました。
もちろんカード払いです。
しかし、お店からストップを掛けられてしまい、
スムーズに買うことができませんでした。。。

今回はそのことについて書こうと思います。

クレジットカード会社から一時的に止められた

まず、現象としては楽天のショップから以下のようなメールが送られてきました。

ご今回ご注文のお支払方法でクレジットカード決済をご指定いただいておりましたが、
ご指定頂いたクレジットカード番号で承認を取ろうとしましたところ
クレジットカード会社より

1)ご注文者様のカードのご名義
2)名義カードのご住所
3)お電話番号

に相違があるとの事で承認を取ることができませんでした。

大変お手数ですがお客様のクレジットカード情報がお間違えでないか
ご確認いただけますでしょうか。

これはどういうことかというと、

  • 楽天アカウントの名前とクレジットカードの名前が違う
  • クレジットカードに届けた住所と楽天アカウントの住所が違う
  • クレジットカードに届けた電話番号と楽天アカウントの電話番号が違う

ということです。

普段はこの状態でも楽天で買い物できていましたが、
今回10万円という金額だったため、
カード会社から念のためストップをしたということでした。

その後、クレジットカード会社に登録した名前、住所、電話番号を
ショップにメールで連絡することで、
無事認証されて、買い物できました。

楽天アカウントとカード情報が違っていた理由

クレ活管理人の場合は、
家族の楽天アカウントに、クレ活管理人のカードを登録していたので、
相違がおきていました。

それだと、名前と電話番号(携帯)に違いが起きるのは当然ですが、
住所は同じなんじゃ?と思った人は鋭いです!

まあこれはクレ活管理人が特殊なことをしているだけなんです。
例えば、楽天とアマゾンに住所を登録しているんですが、
この2つの登録住所は違います。
家が2つあるということではなく、同じ場所に住んでいます。

どういうことかというと、こんな感じで登録しています。

楽天:○○マンションR 101号
アマゾン:○○マンションA 101号

そうです。勝手にマンション名を変えています(笑)。
これでも問題なく荷物は届きます。

なぜ、こうしているかというと、
情報が漏れた時、どこから漏れたかを知るためです。

知らないところからダイレクトメールが来た時に、
もしその住所に「R」がついたとしたら、
楽天から漏れたというのがわかります。

わかったからどうだ、というわけではありませんが、
ちょっと家族が個人情報にうるさくて、このようにしています(笑)。
これは別に真似しなくていいですからね。

楽天での登録をどうすれば良いか?

少し脱線してしまいましたが、
このようなネットショッピングでのトラブルを避けるには、
以下の対策をすれば大丈夫です。

アカウント登録情報と登録クレジットカード名義を同じにする

少額なら問題は起きないと思いますが、
念のため登録情報を揃えておくと良いと思います。

クレ活管理人のケースの場合、
楽天アカウントは既にあったので、
登録するカードを家族カードに変更しました。

このようなトラブルを避けるためにも、
アカウント登録情報とクレジットカードを揃えておくのがおすすめです。


関連記事一覧

サブコンテンツ

クレ活一押しの年会費無料&高還元率カード!

「Orico Card THE POINT」(オリコカードザポイント)は、年会費永年無料でポイント還元率は常時1%のカード。

 オリコモール経由でAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングの還元率が常時2%になるネットショッピングに強い、メインカードにおすすめのカードです。

クレ活!クレジットカード4コマ

クレ活4コマ003
クレ活4コマ004

このページの先頭へ