AmazonでJCBのOkiDokiポイントを使うのはお得なのか調べてみた

普段のネットショッピングでは、
Amazonをよく利用するクレ活管理人です。
どれくらい買ったのかちょっと振り返ってみると、、

クレ活管理人のAmazon利用履歴の画像

うーん、結構使っています(笑)。

昔はそうでもなかったんですが、
Amazonの電子書籍「kindle」が出てからというもの、
よく本を買うようになりました。

まあ、本といっても、マンガ、ラノベ、小説が大半で、
たまーにビジネス書(コミック版)や技術書を読んだりします。

そして、2015年のペース早すぎです!
これは、年始年末付近にkindleのセールがあったからです。
50%オフ祭りとかあると、普段なら買わないような本もついつい買ってしまいます。
1日100冊以上買ってしまうことも。。

通常400円~500円とかしている本が、
電子書籍のセールだと200円台になるんです。
中には1冊200円未満になることもあったり、
1巻目は0円!だったりすることも結構あります。

こんな感じで安くなる時はかなり安くなるので、
今ではもうセールがある時のみ買うようになっています。
なので、ほしい本はほしい物リストに入れて、
ほぼ毎日割引されてないかチェックしています。
某掲示板にもセールのスレッドがあるので、そこもチェックしています。

まあ、こんな感じでクレ活管理人はよくAmazonを使ってる、ということです。

以上前置き。ちょっと長くなりました(笑)。

それで本題ですが、よくAmazonを使っていると、
右上に出てくる広告の中にちょくちょく気になる広告が出てきます。

Amazonの右上にある広告画像

上記の広告をクリックすると、以下のような画面に飛びます。

JCBのOkiDokiポイントがAmazonで使える画像

これはJCBの「Oki Dokiポイント」が、
Amazonで1ポイント=3.5円のレートで使える、ということです。

これを見て、Amazonをよく使うクレ活管理人的には、
JCBのOki Dokiポイントの方が得なのかどうか気になってきます。

ということで、今回はOki DokiポイントがAmazonでお得なのか調べてみました。

JCBのOki Dokiポイントとは?

まずJCBのOki Dokiポイントについてです。

JCB自体が発行しているカードなら、
だいたいOki Dokiポイントがもらえるようになっています。

大半のJCBカードは1,000円につき1 Oki Dokiポイントもらえます。
JCB EITだと1,000円につき2ポイントです。

Oki Dokiポイントは色々なものと交換ができますが、
主な交換先としては、以下になります。

  • Tポイント
  • nanaco
  • 楽天スーパーポイント

これ以外にも色々なポイントがあります。

それぞれのポイント交換レートは以下になります。

交換先 交換レート 最低交換ポイント
Tポイント(※) 1ポイント→5 Tポイント 1ポイント
nanaco 1ポイント→5 nanacoポイント 200ポイント
楽天スーパーポイント 1ポイント→5 楽天スーパーポイント 500ポイント

※・・・らくらく自動移行コースの場合(毎月すべてのOki DokiポイントをTポイントに自動移行)

つまり、OkiDokiポイントは1ポイントあたり5円の価値がある、ということです。

AmazonでOki Dokiポイントは使うべきではない?

Oki Dokiポイントの価値が1ポイント=5円というのがわかりました。

ということは、Amazonで使えるOki Dokiポイントは、
1ポイント=3.5円になってしまうので、損になってしまいます。

1,000円で1 Oki Dokiポイント=5円の場合は、還元率0.5%ですが、
Amazonで使ってしまうと、還元率0.35%まで落ちてしまいます。。

JCB EITの場合は上記ポイントが2倍になるので、
通常時は還元率1%、Amazonだと0.7%になります。

ということで、普通にOki Dokiポイントを使うよりも価値が下がってしまうので、
AmazonでOkiDokiポイントは使うべきではないことがわかりました。

ただ、1点だけ使える点があります。
それは、1ポイントから使えるということです。
何らかの事情で、ポイントを使い切りたい時には重宝します。

Tポイントに自動移行で交換している人は関係ありませんが、
そうでは無い場合は、このAmazon交換を利用して、
無駄なくポイントを使い切ることができます。

まとめ

ということで、まとめると、、

  • Oki Dokiポイントは1ポイント5円の価値
  • Oki DokiポイントをAmazonで使うと損になってしまう

ということで、Amazonでは使うべきではないことがわかりました。
Amazonではポイント還元率が高くなるクレジットカードで買い物するのが良さそうです。


関連記事一覧

サブコンテンツ

クレ活一押しの年会費無料&高還元率カード!

「Orico Card THE POINT」(オリコカードザポイント)は、年会費永年無料でポイント還元率は常時1%のカード。

 オリコモール経由でAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングの還元率が常時2%になるネットショッピングに強い、メインカードにおすすめのカードです。

クレ活!クレジットカード4コマ

クレ活4コマ003
クレ活4コマ004

このページの先頭へ