クレジットカードでふるさと納税をしよう!

クレ活管理人の家に高級肉が届きました!
ふるさと納税で来た都城和牛

いつもはスーパーで売ってる普通のお肉しか買ったことがありませんでしたが、
このお肉は、牛肉のランクでA5という最高ランクのお肉です。

このお肉をどうやって手に入れたのかというと、
ネットショッピング等で買ったのではなく、
ふるさと納税をした時にもらったお肉になります。

このお肉以外にも、60kg分のお米やたくさんの野菜をもらえる予定になっています。

実は今年が初めてのふるさと納税になるクレ活管理人です。
税金関連っぽいし、自分には関係ないとか思っていましたが、
収入がある人なら誰でも恩恵を受けられるようだし、
かなりお得みたいなので、やってみました。

ということで、今回はお得なふるさと納税について書いてみたいと思います。

ふるさと納税とは?

ふるさと納税とは、どこかの地方自治体に寄付をする制度です。
寄付をする場所によって、お肉とかお米など、色々な物がもらえます。
食べ物ばかり書いていますが、食べ物だけでなく、
工芸品やパソコン関連、化粧品などもあったりします。
ただ、食べ物が一番多いし、人気もあります。

寄付で物がもらえるのはわかったけど、
寄付をするくらいなら、そのお金で何か買った方が得なんじゃないか?
と思う人もいるかもしれません。
ふるさと納税が優れているのは、ここからになります。

ふるさと納税は簡単に言えば、
「寄付した金額 – 2,000円」の金額分の税金が安くなります

なので実質払う金額としては、2,000円だけになります。
しかも、自治体からもらえるお肉やお米は2,000円分を明らかに超えるので、
実質は金銭的にはプラスになります。

さらに言えば、ふるさと納税はクレジットカードでもできます。
最近だとTポイントでも支払うことができます。
そのため、クレジットカードの還元率分のポイントも付くので、
もっと自己負担は減るはずです。
ふるさと納税のクレジットカード利用履歴

例えば、5万円の寄付を還元率1%のクレジットカードですれば、
5万円の1%の500円分がポイントで付くので、
実質負担は1,500円ということになります。

たったこれだけの自己負担で、
お肉やお米などをたくさんもらえるのでめっちゃお得です。
これだけお得な制度をいままでやらなかったことに対して、
ものすごく後悔しているクレ活管理人だったりします。。

ふるさと納税のやり方や流れ

細かいやり方は専用のサイトがあるのでそちらに任せるとして、
ここではおおまかな流れを紹介したいと思います。

STEP1:ふるさとチョイスにアカウント登録

まずは「ふるさとチョイス」にアカウントを登録します。
もちろん無料です!
「ふるさとチョイス」と検索すれば出てきます。

STEP2:自分が寄付できる金額を確認する

次に、ふるさとチョイスのこちらのページに行き、
自分がどれくらいの金額をふるさと納税できるのかを確認しておきます。
このシミュレーションの入力項目は面倒ですが、しっかり入力した方がいいです。

わからないところは飛ばしてもいいですが、
ふるさと納税できる上限額があいまいになってしまいます。
もし、あいまいになってしまった場合は、
上限額ギリギリではなく、上限額より少し少ない金額を寄付すると確実です。
例えば、上限5万円まで効果がある、と結果が出ても、
一応4万円を上限としてふるさと納税をする、という感じです。

正確に数値を入れておくほど、自分の上限額が正確になるので、
できるだけ入力しましょう。
年末調整の紙に書くものと同じものが多いので、
同じ時期にやるとやりやすいと思います。

STEP3:寄付する地方自治体を決める

後は、サイト内の検索機能などを使って、
寄付したい地方自治体を決めます。

寄付する地方自治体によって、
品物がもらえる寄付金額が○万円以上とかあったりするので、
それも考慮して決めてみてください。

肉や米は人気が高いので、なくなりやすいです。
これ良いかも、と思ったら、品物がある内に申し込んでおきましょう。

クレ活管理人が挑戦した人気のお肉なんかだと、
○月○日の何時から募集開始、となっていたので、
待機していて、その時間になったら申し込もうとしましたが、
それでも品切れになって、申し込むことができませんでした。
どうやら、開始1分でなくなったようです。。(えーってなりました笑)

STEP4:寄付をする

地方自治体を決めたら寄付をします。

寄付の画面になると、自分の個人情報などを入力していきます。

基本的にはクレジットカードやTポイントで支払えますが、
自治体によってはダメなところもあるようです。

ちなみに、もらえる品物については、
食べ物で量が多い場合だと、お届時期を選べます。
しかも、4月、8月、12月のように分割も可能だったりします。

STEP5:確定申告をする

ふるさと納税を完了すると、このような証明書が届きます。
ふるさと納税の寄付受納証

あとは、この紙を持って確定申告をすればOKになります。

確定申告の細かい書き方はここでは省略しますが、
確定申告の「寄付金控除」という欄に、
「自分が寄付した金額 – 2,000円」の金額を書けばOKです。

クレ活管理人はいつも確定申告の書き方がわからないので、
市役所の確定申告相談みたいなところに行って、
1つ1つの項目を指導してもらいながら書いてます(楽だし、確実です)。
わかる人は、自宅でネットからやった方が楽だと思いますけどね。

ふるさと納税の注意点

注意点は2つです。

1つ目は上でも触れましたが、上限額がある点です。
これはシミュレーションすれば大丈夫だと思います。

2つ目は時期です。
自分がふるさと納税できる金額は、
年が変わってしまうとリセットされるので注意しましょう。
例えば、今日上限額が10万円と出たら、
2015年中に10万円分の寄付をした方が良いということです。
2016年になったらリセットされてしまうので、
やるのなら、2015年中にしておきましょう。

あと、本屋さんに結構ふるさと納税の雑誌も増えてきたので、
初めての人は一冊買って見るのも悪くないと思います。

まとめ

今日クレ活管理人が言いたいことは1つ、

「ふるさと納税はめっちゃお得なので、やりましょう!」

ということです。


関連記事一覧

サブコンテンツ

クレ活一押しの年会費無料&高還元率カード!

「Orico Card THE POINT」(オリコカードザポイント)は、年会費永年無料でポイント還元率は常時1%のカード。

 オリコモール経由でAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングの還元率が常時2%になるネットショッピングに強い、メインカードにおすすめのカードです。

クレ活!クレジットカード4コマ

クレ活4コマ003
クレ活4コマ004

このページの先頭へ