クレジットカード決済時の、スライドするタイプと差し込むタイプの違い

クレジットカードをお店で利用していると、
機械に差し込んで決済するタイプと、
機械にスライドして決済するタイプの2種類があることに気が付くと思います。

また、お店によっては暗証番号を打ったり、サインとしたりと、
確認方法が違うこともあります。

クレ活管理人が良く使うスーパーでは、
クレジットカードを通す機器が新しくなり、
スライド式から差し込み式に変わっていたりします。

他のお店でも、おそらく差し込むタイプが多くなり、
スライドするタイプは減少していくと思います。

ということで今回は、
クレジットカードの決済時の「スライド式」と「差し込み式」の違いについて、
まとめてみます。

クレジットカードを差し込むタイプ

まずはクレジットカードを差し込むタイプです。
こちらの方式の方が新しいです。

差し込むタイプは、クレジットカードのICチップを読みます。
クレジットカードのICチップ

ICチップは上記図の通り、表面の金色のチップです。
もしかしたら、古いクレジットカードはこのチップが搭載させていないかもしれません。
最近のクレジットカードなら搭載されているはずです。

ICチップを利用した差し込むタイプの場合は、
お店や金額によって暗証番号が必要になります。
なのでこちらのタイプの場合は、サインをすることはありません。

そしてICチップの最大のメリットは、情報を暗号化できるということです。
また、使ったお店にも最低限の情報しか残さないので、
もしそのお店がハッキングなどをされてカード情報が盗まれても、
クレジットカード番号がそのまま漏れるという可能性は低くなります。
つまり、一言で言えば、ICチップはセキュリティが高い、ということです。

稀にICチップに付いた汚れによって読み取りができない場合があるので、
ICチップの汚れを拭いたり、ICチップに傷が付かないようにしましょう。

ちなみにこのICチップは、マイナンバーのカードにも搭載されています。

クレジットカードをスライドするタイプ

次にスライドするタイプです。
こちらは古いタイプです。

スライドするタイプは、クレジットカードの磁気ストライプを読みます。
クレジットカードの磁気ストライプ

磁気ストライプはクレジットカードの裏面にある茶色い部分です。
これが搭載されていないクレジットカードは今のところ無いと思います。

スライドするタイプでは、お店や金額によってはサインが必要になります。
クレ活管理人が最近カードを使ったことを思い返すと、
驚くほどサインをする機会が減ったことに気付きます。
少額の場合はサイン不要になることが多かったり、
差し込むタイプで暗証番号を打つ機会の方が多いですね。

そしてセキュリティですが、磁気ストライプの場合だと、
暗号化されていない場合もあるようなので、
ICチップに比べるとセキュリティは低いと言えます。
なので、海外ではクレジットカードをスキミング(スライド)をして、
カード情報を盗むという手法があったりします。

また、最近ではクレジットカードの被害が増えているようなので、
クレジットカード業界全体的にはICチップをカードに搭載させたり、
お店では差し込むタイプの機器に変更していたりと、
どんどんICチップ化しているようです。

あと、スライドタイプだとたまにスライドする人が下手くそだと、
読み取りに失敗することもあるようです。

2つのタイプの違いのまとめ表

クレジットカードの差し込むタイプと、スライドするタイプの違いを表にまとめます。

差し込むタイプ スライドするタイプ
読み取るもの ICチップ 磁気ストライプ
決済時にすること 暗証番号 サイン
セキュリティ性 高い 低い

この表を見るとあきらかで、
ICチップの差し込むタイプの方が断然良いのがわかります。

スライドするタイプは危険なのか?

じゃあ、スライドするタイプは危険なのか、ということですが、
クレ活管理人は国内であれば基本的には問題ないと考えています。

ここで警戒したいのが、「スキミング」です。
クレジットカードをスライドして読み取ることで、
カード情報を根こそぎ盗む方法です。

スキミングはクレジットカードを機械に通す必要があるので、
レジに置いてある機械以外でスライドして、情報を盗みます。
なので、レジの機械以外でもスライドしていたり、
カードを持ってお店の奥に行く、といった行動をしていたら要注意です。

日本の場合は、基本的にお客から見える場所でスライドしているので、
問題は起こる可能性は低いと思います。

海外でも一般的なお店なら問題ないと思いますが、
中には怪しいお店もあると思うので、注意してください。

磁気ストライプをなくすことはできるのか?

スライドするタイプのせいで、不正利用があるのなら、
いっそのこと磁気ストライプをなくしてほしい、そう思うかもしれません。

クレ活管理人もそう思います。
ICチップを搭載したり、お店でも対応していくなら、
磁気ストライプのスライド型はもう廃止した方がいいと思います。

例えば、2020年はスライドタイプは使えなくなります、と、
クレジットカード業界の方で宣言してもらい、
各カード会社やお店が対応していけばいいと思います。

ただ、実際にはおそらく磁気ストライプがなくなることはないと思います。
クレジットカードの業界は、かなり保守的で互換性を重視しています。
その証拠に、エンボス(クレジットカードの番号のでこぼこ)がいつまでも残っています。

エンボスは、今回紹介したスライドタイプ、差し込むタイプよりももっと古い方式の、
インプリンター方式というもので必要でした。
でも、現状日本でいえば、インプリンター方式を使っている場所は多分無いと思います。
ただ、世界で見ると、一部のお店では未だにインプリンター方式が残っているそうです。

なので、クレジットカード業界的には、
エンボスをなくしてしまうと、そういうお店で使えなくなってしまう、
ということでいつまでも残しています。

これと同じように、磁気ストライプをなくしてしまうと、
使えなくなるお店やカードが増えてしまうので、
こういった自体は避けてくるはずです。

なので、磁気ストライプはなくならないと思います。

クレ活管理人的には、こういう互換性よりも、
セキュリティを向上させてほしいところですが、
世界的な変化が必要になるので、相当難しいと思います。

まとめ

ということで今回は、クレジットカードの差し込むタイプとスライドタイプの違いを見てきました。
この違いについては、中間になる表が最もわかりやすいと思います。

クレジットカード業界的に、今後もスライドするタイプと差し込むタイプは、
共存していくと思うので、その違いを理解しておいて損はないと思います。


関連記事一覧

サブコンテンツ

クレ活一押しの年会費無料&高還元率カード!

「Orico Card THE POINT」(オリコカードザポイント)は、年会費永年無料でポイント還元率は常時1%のカード。

 オリコモール経由でAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングの還元率が常時2%になるネットショッピングに強い、メインカードにおすすめのカードです。

クレ活!クレジットカード4コマ

クレ活4コマ003
クレ活4コマ004

このページの先頭へ