住宅ローン審査とクレジットカードの影響を徹底調査!

最近、クレ活管理人の身内が不動産購入の活動をしているので、
その手伝いや立会をする機会がありました。
クレ活管理人自身が、不動産購入の経験があるためです。

その際、住宅ローンの担当者と話ができたので、
クレジットカードがどう住宅ローンの審査に影響するのか、
根掘り葉掘り聞いておきました。

それと、ネットでの口コミも合わせて調べたので、
せっかくなのでクレ活でも公開することにします。

ということで今回は、
住宅ローンの審査にどのようにクレジットカードが影響するのか、
徹底的に調べてみました!

クレジットカードは住宅ローン審査に影響するのか?

まずは細かい話をする前に、
クレジットカードが住宅ローン審査に影響するかどうかですが、
これは、影響します

なので、クレジットカードを無計画に使っていると、
将来的に住宅ローンの審査に落ちてしまう、
といったことになりかねません。

逆に、しっかりとクレジットカードを使っておけば、
住宅ローンの審査に有利になることもあります。

なので、将来住宅ローン審査で困らないようにするための
クレジットカードの使い方をそれぞれ見ていきたいと思います。

質問1:直近でクレジットカードの支払いを延滞し続けているが大丈夫か?

完全にアウトです。
おそらく、どの住宅ローン審査も通らないと思います。

クレジットカードに限らず、ローン系などのお金を借りる系は、
個人信用情報機関に記録されます。
この記録をクレジットヒストリー(通称クレヒス)と呼ぶこともあります。

銀行は住宅ローン審査時に、この個人信用情報を見ます。
その時、延滞が続いている記録を見るので、
この人には返済する能力が無いという見方をします。
厳しい言い方をしますが、
普段の生活もうまく回っていない人に、
住宅ローンをうまく返せると思うわけがありません。

質問2:直近でクレジットカードの支払いをうっかり1回だけ延滞し、すぐに返済したが大丈夫か?

これはいくつかのパターンによりますが、
大丈夫な可能性の方が高いです。

まず、延滞をしてしまってもすぐに対応した場合、
クレジットカード会社が個人信用情報に記録しないことがあります。
誰にでも、ついうっかり、というのはあるので、
カード会社の方で、一定期間は猶予を持たせてくれる場合が多いです。
個人信用情報に載っていなければ、
住宅ローンに影響が出ることはありません。

次に、個人信用情報に載ってしまった場合です。
もちろんすぐに返済をした、という事実は必要です。
この際は、住宅ローンの担当者には正直に話しましょう。
なぜ延滞してしまったのか、その理由も話します。
例えば、身内が病気で支払いの事を忘れてしまった、とかです。
誠実でマジメな人であれば、1回くらいは許してくれる場合が多いです。

あとは、他の要素との総合的な判断になります。
全然余裕で住宅ローン審査通りますって人なら、大丈夫な可能性は高いです。
ギリギリで住宅ローン審査通るかどうか微妙って人なら、
この延滞が致命傷になるかもしれません。

いずれにしろ、この場合は、
個人信用情報がかなり影響してくるので、
自分で取得して確認した方が良いと思います。
その上で、住宅ローンの担当者と相談してみましょう。

質問3:過去にクレジットカードの支払いで延滞したが大丈夫か?

クレジットカードの個人信用情報機関はCICになります。
CICでは、延滞記録は5年間残ります。

なのでまず1つの結論としては、
5年経てば住宅ローンには影響しない、ということです。

次にですが、CICから個人信用情報を取得すると、
2年3ヶ月分の情報を見ることができます。
ここからは本当に審査する人じゃないとわからないので予想になります。
もし、銀行が見る情報が、個人で取得する情報と同じであれば、
2年4ヶ月前の情報は見られないことになります。
なので、2年4ヶ月前の延滞は大丈夫な可能性もあります。

2年3ヶ月の間に起こった延滞は、
確実に銀行が知ることになるので、質問2と同じ回答になります。

その延滞が1回のみで、すぐの返済で、理由がしっかりしていれば、
住宅ローン担当者がうまいことやってくれる可能性は高くなります。

ちなみにクレ活管理人が住宅ローンに申し込んだ時、過去5年以内に延滞がありました。
しかも1回ではなく、何回かありました。
ただ、連続ではありません。半年に1回程度です。
それでも、住宅ローンの審査には影響しませんでした。
うろ覚えですが、住宅ローン申し込みの4年前とかそういう時だったと思います。
一応、参考として載せておきました。

質問4:クレジットカードのキャッシング枠は影響あるのか?

住宅ローンの返済比率に影響します。

返済比率とは、年収に対する年間の返済額(借りられるローン額)の割合のことです。
例えば、返済比率35%で年収が500万円なら、
500万円の35%の175万円が、1年間の上限返済額になります。

クレジットカードのキャッシングは、
今現在借りている金額ではなく、
キャッシングの限度額一杯借りているものとして計算されます。
今まで1回もキャッシングを使ったことがなくても、
キャッシング枠が50万円であれば、
年間50万円分、借りられる金額が減ってしまうということです。

例えば、年収500万円で返済比率35%の人は、
金利にもよりますが3500万円前後をMAXで借りられます。
でも、キャッシング枠が50万円あると、
2500万円がMAXで借りられる金額になる、ということです。
(注意:この計算は適当です。
わかりやすく説明するために書いています。
ただ、大まかには間違ってはいないと思います。)

まとめると、クレジットカードのキャッシング枠があると、
住宅ローンで借りられる金額が減ってしまう、ということです。

返済比率に問題がないなら、
キャッシングをしていたとしても住宅ローンの審査は問題なく通ります。
逆に、返済比率に問題が発生するなら、
住宅ローンの審査は落ちてしまうか、減額、という結果になります。

なので、借入金額+キャッシング枠の合計が返済比率ギリギリの人は、
事前にクレジットカードのキャッシング枠を0円にしておきましょう。

質問5:現在進行中でリボ払いや分割払い、キャッシングを利用しているが大丈夫か?

質問4と同じで、返済比率に影響します。

リボ払いや分割払いも質問4のキャッシングと同じです。
これらは、その他のローン扱い、になります。
ちなみに、車のローンなども同じ扱いになります。

つまり、住宅ローンの借入金額+その他のローンの合計額が、
自分の年収に対する返済比率に収まっていればOKということです。

質問6:過去にリボ払いや分割払い、キャッシングを利用していたが影響あるか?

影響はまったく無しと考えて大丈夫です。

質問4、5でも書きましたが、
お金を借りる系は、返済比率に影響します。
過去のことであれば、返済比率には影響しないので、
住宅ローンには影響はありません。

質問7:クレジットカードの枚数が多いですが大丈夫か?

キャッシング枠がなければ影響ありません

キャッシング枠については、質問4と同じです。

質問8:クレジットカードの1回払いは影響するのか?

クレジットカードの1回払いに関しては、
住宅ローンには影響しません

まとめ

住宅ローン審査に影響するクレジットカードについてでした。

  • クレジットカードの支払いで延滞が続いていたら、住宅ローン審査はほぼ無理
  • 1回だけの延滞なら、住宅ローン審査に通る可能性は五分五分
  • 5年以上前の延滞なら影響なし
  • キャッシング枠は限度額が返済比率に影響する
  • リボ払い、分割払い、キャッシングは、その他のローンとして返済比率に影響する
  • 過去のリボ払い、分割払い、キャッシングは影響なし
  • クレジットカードの枚数は影響なし(キャッシング枠除く)
  • クレジットカードの1回払いは影響なし

さらに簡単にまとめると、

  • 延滞はNG
  • リボ・分割・キャッシングは、返済比率に影響

ということです。

今回は以上ですが、これ以外にも疑問がありましたら、
クレ活管理人までお問い合わせください。
住宅ローン担当の人に聞いて回答、もしくはこのページに追記します。


関連記事一覧

サブコンテンツ

クレ活一押しの年会費無料&高還元率カード!

「Orico Card THE POINT」(オリコカードザポイント)は、年会費永年無料でポイント還元率は常時1%のカード。

 オリコモール経由でAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングの還元率が常時2%になるネットショッピングに強い、メインカードにおすすめのカードです。

クレ活!クレジットカード4コマ

クレ活4コマ003
クレ活4コマ004

このページの先頭へ