社会人なら誰でも得できる「ふるさと納税」超入門!

ふるさと納税

「ふるさと納税」は自分には関係ないと思っていませんか?

ほとんどの社会人なら誰でも得になる制度なので、
一度本格的に調べてみて、やってみることをおすすめします。

そんなクレ活管理人も去年初めてやりましたが、
実質2,000円払うだけで色々な品物がもらえ、
多分、万単位で得になってます。

去年もらった、おいしいお米なんか、
実はまだ使いきれていません(笑)。
これだけでも1年分のお米代は浮いているので、
簡単に元が取れるのがわかると思います。

2016年のふるさと納税の締め切りには、
今ならまだ余裕で間に合うので、
興味が出たら是非やってみてください。

ということで、今回はふるさと納税の超入門的なところを、
できるだけわかりやすく解説したいと思います。

また、2,000円の自己負担を少し減らす方法もあるので、
経験者の人も確認してみてください。

これをきっかけに、ふるさと納税で得になる人が増えると嬉しいです。

ふるさと納税の本来の目的は?

「納税」という単語が付いていますが、
一言で言えば、「寄付」になります。

この制度は、地方の収入を増やすために作られました。
だいたいの人は都会に出稼ぎに行ってしまうので、
自分が育った故郷に税収が入りません。
そこで、都会に住んでいても、地方にお金を寄付できる制度として、
このふるさと納税があります。

だからと言って、自分の出身地方に寄付しなければいけない、
ということはありません。
好きな都道府県の町を選んでOKです。

ふるさと納税はどんな得があるの?

では、一番肝心な得についてです。

ふるさと納税は、まず自分で寄付したい町を選びます。

すると、町によりますが、
「1万円以上の寄付でこのお礼品」というように、
一定以上の寄付をすることで、その町の特産物などがもらえます。

例えば、1万円以上の寄付で5kgのお米がもらえる町、
3万円の寄付で25kgのお米がもらえる町があります。
町によって、寄付金やもらえる品物が違います。
(25kgなど量が多いところは、
送る時期を3ヶ月ごと4回などに分けて送ってくれます)

1万円以上の寄付が条件の町では、
2万円払えば倍もらえるわけではないので、
品物がもらえる最低金額を寄付すればOKです。

ここでは例として、3万円寄付して25kgのお米をもらうことにします。

すると、3万円の内、2,000円が自己負担額となり、
残りの28,000円は、自分が支払う所得税や住民税から控除されます。


ふるさと納税の控除額と自己負担額

控除とは、本来払うべき税金が少なくなるか、
税金を払いすぎていたら、その分が戻ってきます。
つまり簡単に言えば、28,000円分の税金が安くなります。

この例では、寄付した3万円の内、
28,000円は税金を前払いしたようなものなので、一切損はありません。
どちらにしろ払うお金です。
残りの2,000円は、自己負担になります。

ただ、お米25kgがもらえるので、
自己負担の2,000円でお米25kgを買ったようなものです。
これはどう考えてもお得ですよね。

あと、自己負担額は、寄付金の総額の内の2,000円だけです。
5箇所に寄付した場合、2,000円×5が自己負担になるわけではなく、
その総額の内の2,000円だけが自己負担です。

なので例えば、
1万円の寄付でお肉、1万円の寄付で野菜、1万円の寄付でお米、
1万円の寄付で果物、1万円の寄付でお酒、1万円の寄付でうなぎ、
の計6万円寄付したとしても、
自己負担額は2,000円のみで、
お肉、野菜、お米、果物、お酒、うなぎ、
がもらえるわけです。

これをやらないのはもったいない!

ふるさと納税で得できる人

このお得なふるさと納税ですが、
やるだけなら、学生でもできたりします。
ただ、ふるさと納税をして得できるのは、
一定以上の税金を払っている社会人になります。

もう少し具体的に言うと、
ふるさと納税は所得税と住民税から控除されるので、
所得税、住民税を支払っている人が対象です。

さらに言えば、所得税や住民税の内、
全額控除できる金額は年収や家族構成によって変わります。
つまり、ふるさと納税で控除できる金額には上限があるわけです。

例えば、年収300万円の独身の人は、28,000円が上限です。
(あくまでもこの上限は「目安」です)

総務省のふるさと納税ポータルサイトを見ると、
下の表のような上限になります。
年収と家族構成によって、ふるさと納税の上限額が変わります。

ふるさと納税上限額クリックで拡大します。
参考:総務省のふるさと納税ポータル

ふるさと納税の自己負担額を少しでも抑える方法

ふるさと納税は、だいたいの自治体でクレジットカード払いができます!

もうおわかりだと思いますが、
自己負担の2,000円を少しでも抑える方法としては、
クレジットカードで寄付をする、ということです。

カード払いOKなところなら、基本的にはどのカードでもOKです。
去年、クレ活管理人はリクルートカードプラスで支払いました。

もちろんポイントやマイルは満額付与されるので、そのポイント分お得になります。

ただ、一部現金のみの自治体もあるので、寄付する前に確認しておきましょう。

ふるさと納税のやり方

ここではふるさと納税のやり方を、ざっくりと書きます。

まず、ふるさと納税のサイトがいくつかあるので、そこで会員登録します。
クレ活管理人は、「ふるさとチョイス」でやってます。
日本最大級のふるさと納税サイトらしいです。

ふるさと納税サイトで会員登録したら、
まずは自分の上限額を知っておきます。

上限額は、先程の総務省のサイトでもいいですし、
いくつか自分の上限を知ることができるシミュレーションサイトもあるので、
一応複数のサイトで確認しておきます。
上記のふるさとチョイスでも調べられます。

例えば、58,000円が上限と出たら、
5万円くらいが寄付の上限と考えればOKだと思います。

次に、ふるさと納税のサイトで寄付する自治体を選びます。
はっきり言って、寄付するというか、
ネットショッピングで買物する感覚と似ています。
自分が欲しい品物があれば、そこの自治体でOKです。
「米」とか「肉」などでも検索できます。

寄付する時は、できればクレジットカードで寄付して、
ポイントもGETしましょう。

すると後日、寄付したことを証明する「寄付金受領証明書」が届きます。
これは寄付した自治体の数だけ届きます。
あとはこの証明書を持って、確定申告すればやることは完了です。

確定申告とサラッと書きましたが、実はこれが一番面倒ですよね。
2016年からは「ワンストップ特例制度」と言って、
要は確定申告しなくてもOKという制度ができました。

これをやるためには、寄付した後に、
寄付した各自治体に申請書を郵送で提出する必要があります。

上で紹介した「ふるさとチョイス」では、
寄付をする時に、「申請書の要望」という選択があるので、
ワンストップ特例制度を使いたい人はチェックを付けておけばOKです。
すると、申請書が届くので、これに記入し、
本人確認書類などを同封して、郵送すればOKです。

もし申請書の要望を忘れた場合は、自分で申請書を印刷すればOKです。

ただ、ワンストップ特例制度には注意点が2つあります。
1つ目は、確定申告ができなくなります。
2つ目は、寄付先は5箇所以下である必要があります。
元々医療費控除などで確定申告をする予定がある人は、ワンストップ特例制度は使えません。

ちょっと長くなったので簡単に手順をまとめます。

  1. ふるさと納税サイトに会員登録する
  2. 自分のふるさと納税上限額を知っておく
  3. 好きな自治体に寄付をする
  4. 後日、寄付金受領証明書が届く
  5. 確定申告かワンストップ特例制度をする

1回やってみれば簡単でお得なので、是非やってみてください!

まとめ

いかがだったでしょうか?

ふるさと納税は自分がかなりお得になるだけでなく、
地方にも貢献できるという素晴らしい制度です。
しかも、年収300万円以上(目安)の社会人なら誰でもできます。

2016年分のふるさと納税は、12月末までが期限です。
人気の商品(高級お肉など)は多分もうありませんが、
米や野菜など、日常で使える食べ物はまだまだ大丈夫です。

もし今回、ふるさと納税に興味をもった人がいたら、
是非やってみてください!!
クレ活管理人もやっています。本当にお得な制度です。

そして寄付をする場合、
クレジットカードで支払ってポイントもGETしておきましょう!

良いクレジットカードライフを!
クレ活管理人でした。


関連記事一覧

サブコンテンツ

クレ活一押しの年会費無料&高還元率カード!

「Orico Card THE POINT」(オリコカードザポイント)は、年会費永年無料でポイント還元率は常時1%のカード。

 オリコモール経由でAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングの還元率が常時2%になるネットショッピングに強い、メインカードにおすすめのカードです。

クレ活!クレジットカード4コマ

クレ活4コマ003
クレ活4コマ004

このページの先頭へ