ふるさと納税を簡単にする「ワンストップ特例制度」を徹底解説!

2016年も残り2週間となりました。
ふるさと納税はもう済ませましたか?
最近は、ふるさと納税も知られてきて、常識と化しつつある節約方法です。
実際、会社でも「ふるさと納税どうした?」という話をちらほら聞きました。

非常にお得な制度なので、活用しない手はありません。
年収300万円以上ある人なら恩恵を受けられます。
詳細:「社会人なら誰でも得できる「ふるさと納税」超入門!

寄付の申し込みは2016年12月31日まで可能で、
やろうと思えば1時間もあれば十分にできるので、
もしやっていなければ、この1~2週間の内にやってしまいましょう。

クレ活管理人は、実は昨日ちょうど終わったところです。

ふるさと納税完了

1万円の寄付を7つの自治体にしてきました。
もちろんクレジットカードで支払ったので、
支払った分のポイントもGETしています。

ちなみにもらえるお礼品はこんな感じです。

ふるさと納税完了

全部、お肉です(笑)。

去年は、米や野菜、果物なども選びましたが、
量や保存の関係上、うちでは肉が一番だという結論になりました。

あと、クレ活管理人の家では糖質制限をすることが多く、
もうあまり米を使う料理が出てきません。
なので、去年もらった米60kgはまだ半分以上残っています。
米の代わりに肉を多く使うようになったので、
ふるさと納税のお礼品もお肉のみ、となりました。

上記のお肉を見ればわかりますが、
これを実質2,000円で購入できるようなものなので、
どう考えてもお得ですよね。

まだふるさと納税をやっていない人は、至急やりましょう!

今年からは「ワンストップ特例制度」という、
確定申告をしなくてもOK、という制度もあるので、
より簡単にできるようになっています。

前回のふるさと納税では、
ワンストップ特例制度については、軽くしか触れられなかったので、
ここでは、より詳しくワンストップ特例制度について解説します。

ワンストップ特例制度とは?

ワンストップ特例制度とは、
確定申告をしなくても寄付金控除が受けられる制度のことです。
要は確定申告しなくてもOKになります。
なお、一定条件を満たす必要があります。

簡単な紙1枚に記入して郵送するだけでOKになるので、
確定申告よりも簡単になります。

ワンストップ特例制度が使える人は?

条件は2つあります。

1つ目は、ふるさと納税の寄付先が5箇所以下であることです。
5箇所はOKで、6箇所の場合NGです。
クレ活管理人は今年7箇所に寄付をしているので、
ワンストップ特例制度は残念ながら使えません。
(どちらにしろ、確定申告をする予定ですけどね)

なので、ワンストップ特例制度を使いたい人は、
寄付先を5つまでに調整する必要があります。

2つ目の条件は、確定申告をしない人です。
医療費控除など、元々確定申告をする予定のある人は使えません。
正確には、ワンストップ特例制度は使えますが、
確定申告をすると無効になってしまいます。

もしワンストップ特例制度を使った後に確定申告をする場合、
ふるさと納税の申告も再度する必要が出てきます。

まとめると、
寄付が5箇所以下で確定申告をしない人
がワンストップ特例制度を使えます。

ワンストップ特例制度の手続き方法

ワンストップ特例制度が利用できるとわかったら、
あとは実際の手続きをする必要があります。

手続きは、申請書に記入し、必要書類と共に郵送するだけです。

申請書の記入事項は、
住所、名前、電話、生年月日、マイナンバー、捺印
寄付した年月日、寄付金額、
程度なので簡単です。

必要書類は、マイナンバーカードの両面コピーでOKです。
もしマイナンバーカードがなければ、
免許証などのコピーが必要になります。

これらの申請書+必要書類を、
自分が寄付した自治体にそれぞれ送ります。
5箇所寄付してたら、5箇所に送ります。
(封筒代と切手代がかかります…)

申請書の正式名称は、「寄付金税額控除に係る申告特例申請書」ですが、
この申請書は、ふるさと納税をした自治体から送られてきます。

ふるさと納税サイトによっては、
この申請書を希望するかどうかのチェック項目があるので、
欲しい人はチェックしておきましょう。

もしこの申請書を失くしたり、もらいそびれた場合は、
その自治体に相談しましょう。
(申請書はネットにアップされているので、
それをダウンロードして印刷して送っても基本問題ありませんが、
自治体によって申請書の形式が違うことがあるらしいので、
念のため連絡した方が良いとのことです)

ワンストップ特例制度の最重要注意点

ワンストップ特例制度で最も注意したい点は、
郵送の必着期限です。

2017年1月10日(日)が必着期限なので、注意してください。

そろそろ期限が迫っているので、十分に注意しましょう。

その他Q&A

あと、よくありそうな質問です。

5自治体を超えても、超えた分だけ確定申告すればよいか?
ダメ。寄付した自治体全部について確定申告する必要があります。
ワンストップ特例制度を使ったら、確定申告ができなくなるのか?
いいえ。手続きなど不要で、そのまま普通に確定申告はできます。
ただし、再度ふるさと納税の申告が必要です。
書類不備があり、期限に間に合わなかった場合は?
確定申告する必要があります。
住所変更があった場合はどうすれば?
2017年1月1日時点での住民票の住所で申し込みをしてください。
なお、既に古い住所で提出してしまった場合は、
変更届を2017年1月10日までに別途提出する必要があります。
ワンストップ特例制度は、所得税の還付はないのか?
はい、住民税からの控除のみとなります。
確定申告をすると、所得税の還付と住民税の控除を受けられます。
一見、確定申告の方が得に見えますが、
税金の控除金額は同じなので、どちらでも変わりません。

例えば、税金控除金額が5万円とすると、
ワンストップ特例制度だと、住民税の控除が5万円分、
確定申告だと、所得税の還付が1万円、住民税の控除が4万円分、
(割り振りは適当です)
のようになるので、トータル控除額は同じです。

厳密には、他の控除制度との関わりや、本人の所得額によって、
ワンストップ特例制度の方が得になったり、損になる場合もあります。

まとめ

ワンストップ特例制度についてのまとめです。

  • ワンストップ特例制度とは、確定申告をしなくても寄付金控除が受けられる制度のこと
  • ワンストップ特例制度を使う条件は、寄付が5箇所以下で確定申告をしない人
  • 手続き方法は、申請書に記入し必要書類と共に、寄付した各自治体に郵送する
  • 2017年1月10日(日)が必着期限

条件に当てはまる人は、
確定申告よりも簡単に手続きができるので、
ワンストップ特例制度を利用することをおすすめします。

今まで確定申告が面倒で、ふるさと納税を敬遠していた人がいたら、
ワンストップ特例制度を使ってやってみてください。

ふるさと納税の期限はあと約2週間だけです。
クレ活管理人も駆け込みで、寄付したばかりですので、
まだやっていない人がいたら、早めにふるさと納税をやっておきましょう。

もちろんふるさと納税をする時は、クレジットカードがお得です。

何度も言いますが、ふるさと納税はめっちゃお得な制度です。
是非やりましょう!

良いクレジットカードライフを!
クレ活管理人でした。


関連記事一覧

サブコンテンツ

クレ活一押しの年会費無料&高還元率カード!

「Orico Card THE POINT」(オリコカードザポイント)は、年会費永年無料でポイント還元率は常時1%のカード。

 オリコモール経由でAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングの還元率が常時2%になるネットショッピングに強い、メインカードにおすすめのカードです。

クレ活!クレジットカード4コマ

クレ活4コマ003
クレ活4コマ004

このページの先頭へ