Amazon MasterCardクラシック&ゴールドの徹底比較

2014年2月3日、Amazonは三井住友カード株式会社と正式に提携し、
クレジットカード「Amazon MasterCard」を開始しました。

Amazon MasterCardのスペック紹介

まずは、どんなカードが見ていきます。
以下2種類のカードがあります。

  • Amazon MasterCardクラシック
  • Amazon MasterCardゴールド

それぞれ詳しく見ていきます。

Amazon MasterCardクラシック

Amazon MasterCardクラシックのサンプル画像

  • 年会費は1,250円+税
  • 年会費は初年度無料。年間1回以上利用で翌年度の年会費が無料
  • 通常還元率は1%
  • Amazon利用時の還元率は1.5%
  • 入会特典Amazon2,000円分
  • 旅行傷害保険は無し
  • ショッピング保険は最高100万円

Amazon MasterCardゴールド

Amazon MasterCardゴールドのサンプル画像

  • 年会費は10,000円+税
  • マイ・ペイすリボ登録で年会費半額(初年度からOK)
  • WEB明細利用で年会費1,000円引き(翌年度より)
  • 通常還元率は1%
  • Amazon利用時の還元率は2%
  • 入会特典Amazon3,000円分
  • 旅行傷害保険は最高5,000万円
  • ショッピング保険は最高300万円
  • Amazonプライム(3,900円相当)が付く

Amazon MasterCardの年会費を整理

Amazon MasterCardの年会費がやや複雑なので整理しておきます。

Amazon MasterCardクラシック

クラシックの年会費は1,250円+税ですが、
以下の条件を満たすことで無料になります。

  • 初年度無料
  • 年1回以上の利用で翌年度の年会費が無料

つまり、カードを使っていれば年会費は実質無料ということです。

Amazon MasterCardゴールド

ゴールドの年会費は10,000円ですが、
こちらも以下条件を満たす事で割引を受けられます。
さすがに無料にはなりません。

  • マイ・ペイすリボ登録で年会費半額(初年度から有効)
  • WEB明細登録で1,000円引き(翌年度から有効)

年会費半額は初年度から有効ですが、1,000円引きは翌年度から有効になるようです。
これらを考慮し、フルに割引を活用した場合・・・

初年度は、

年会費10,000円 × 50%(マイ・ペイすリボ割引) = 5,000円+税
年会費半額のみ有効になるので、初年度の年会費は5,000円となります。

翌年度以降は、

年会費10,000円 × 50%(マイ・ペイすリボ割引) - 1,000円(WEB明細割引) = 4,000円+税
すべての割引が有効になるので、翌年度以降の年会費は4,000円となります。

以上が実際に払う年会費の金額になります。
ただ、考え方によってはもっと年会費は下がります。

ゴールドには、3,900円相当の「Amazonプライム」が付いてくるので、
この分を引いて考えることもできます。

すると、
初年度の年会費は、1,100円+(5,000円に対する税)
翌年度以降の年会費は、100円+(4,000円に対する税)
と考えることもできます。

税の部分を消費税8%で考えると、合計額は
初年度の年会費は、1,500円
翌年度の年会費は、420円!
になります。

さらに、ゴールドカードの旅行傷害保険などのサービスも考慮すれば、
年会費の金額分の元はほぼ取れていると言えるんじゃないでしょうか。

ゴールドカードでこの年会費なら、
非常にコストパフォーマンスが高いです。

マイ・ペイすリボについて補足

ちなみに、マイ・ペイすリボ登録と聞いて、
リボ登録するのは嫌だな、と思いませんでしたか?
たしかにリボ払いは嫌ですが、
三井住友のマイ・ペイすリボはリボ支払金額を自由に設定できるので、
全額支払う、と設定しておけば手数料はかかりません
詳細は「三井住友系カードのマイ・ペイすリボとは?」を参照してください。

マイ・ペイすリボは、きちんと設定をすればデメリットは無いので、
Amazon MasterCardゴールドを使う場合は、
マイ・ペイすリボに登録する前提で考えます。

Amazon用カードのトップだったリーダーズカード等と比較

それでは、Amazonの最強カードを決めるために、
Amazon最強カードと謳われたリーダーズカードとの比較をしていきます。

リーダーズカードのサンプル画像

リーダーズカードは、年間利用額50万以上で年会費無料になり、
還元率は常時1.8%のカードです。
(リーダーズカードの詳細は「リーダーズカードの比較・まとめ」)

さらに、年会費無料カードの中で高還元率のREXカードライトとも比較します。

REXカードライト(マットブラック)のサンプル画像

REXカードライト(マットボルドー)のサンプル画像

REXカードライトは、年会費無料の還元率常時1.25%のカードです。
(REXカードライトの詳細は「REX CARD Lite(レックスカードライト)の比較・まとめ」)

これらのカードを比較すると、以下表のようになります。

Aクラシック Aゴールド リーダーズ REX Lite
年会費 実質無料 10,000円+税 2,500円+税 無料
通常時還元率 1% 1% 1.8% 1.25%
Amazon利用時
還元率
1.5% 2% 2.3% ※1 1.75% ※1
入会特典 Amazon2,000円分 Amazon3,000円分 最大最大Jデポ1,000円分円分 最大最大Jデポ4,000円分円分
海外旅行傷害保険 なし 最高5,000万円 最高2,000万円 最高2,000万円
国内旅行傷害保険 なし 最高5,000万円 最高1,000万円 最高1,000万円
ショッピング保険 最高100万円 最高300万円 なし なし

※1・・・ジャックスモール経由時

Amazon MasterCardは、Amazonに特化していますが、
ジャックス系カードはモールを経由することで還元率がアップするので、
還元率ではジャックス系カードが有利です。
付帯保険は、さすがにゴールドカードだけあって充実しています。

表だけではわかりにくいので、年間利用額ごとにグラフ化してみます。

なお、Amazonクラシックは年会費無料、
Amazonゴールドは初年度1,500円、翌年度以降420円として計算します。
リーダーズカード、REXカードライトは、
Amazon利用時はジャックスモール経由をするとします。

まずは、クレジットカードで使った全額をAmazonで使った場合です。

年間利用額に対する還元額のグラフ(Amazon利用率100%)

年間利用額50万円未満はAmazonゴールドが優勢です。
リーダーズカードは、年間利用額50万円から、ぐんと上がってきます。
ただ、実際にカードの全額をAmazonに使うことは無いと思います。

次に、クレジットカードで使った8割をAmazonで使った場合です。

年間利用額に対する還元額のグラフ(Amazon利用率80%)

続いて、クレジットカードで使った5割をAmazonで使った場合です。

年間利用額に対する還元額のグラフ(Amazon利用率50%)

最後に、クレジットカードで使った3割をAmazonで使った場合です。

年間利用額に対する還元額のグラフ(Amazon利用率30%)

これを見ると、Amazon利用率が下がってくるにつれ、
リーダーズカードやREXカードライトが優位になることがわかります。

また、リーダーズカードは年間利用額50万以上になると、
年会費無料になります。
リーダーズカード方が還元率が高いので、
年間利用額50万以上の時はAmazon MasterCardに勝ち目はありません。

それからREXカードライトは、
常にAmazon MasterCardクラシックよりも上なんです。
なのでAmazon MasterCardクラシックは、持つ価値がありません。
Amazon MasterCardクラシックよりもREXカードライトの方が完全にお得です。

つまり、結論は…
Amazon MasterCardよりもリーダーズカードの方が得
Amazon MasterCardクラシックよりもREXカードライトの方が得
であると言えます。
Amazon最強カードの座は変わらずのリーダーズカードでした。

ただ、そんなリーダーズカードにも弱点があります。
リーダーズカードが強いのは年間利用額50万円以上となります。
年間利用額が50万円未満の人は、他カードの方が良いです。

また、上記はあくまでもポイント還元率で比較した場合になります。
ゴールドカードの付帯サービスが欲しい場合は話が変わってきますので、
サービスを重視しつつ、ポイントもある程度欲しい人は、
「Amazon MasterCardゴールド」は良い選択になるはずです。

つまり、まとめると以下表のようになります。

重視する条件 おすすめカード
ポイントを重視、かつ年間利用額50万円以上 リーダーズカード
年間利用額50万円未満、かつAmazonプライムや付帯保険が欲しい Amazon MasterCardゴールド
年間利用額50万円未満、かつAmazonプライムや付帯保険が不要 REXカードライト
年間利用額50万円未満、かつ年会費無料が良い人 REXカードライト

どれかには当てはまると思うので、
あなたのベストカードを選んでみてください!

もし、リーダーズカードのような高還元率カードを知らなかった人は、
ポイントが貯まるおすすめクレジットカード4枚を徹底的に比較!
も参考になると思います。
リーダーズカードと肩を並べる高還元率カードを徹底比較しています。


関連記事一覧

サブコンテンツ

クレ活一押しの年会費無料&高還元率カード!

「Orico Card THE POINT」(オリコカードザポイント)は、年会費永年無料でポイント還元率は常時1%のカード。

 オリコモール経由でAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングの還元率が常時2%になるネットショッピングに強い、メインカードにおすすめのカードです。

クレ活!クレジットカード4コマ

クレ活4コマ003
クレ活4コマ004

このページの先頭へ