ANA VISA Suicaカードの比較・まとめ

特徴まとめ

ANA VISA Suicaカードのサンプル画像
  • マイ・ペイすリボ登録で年会費が激安
  • マイル付与率1~1.39%(単体)
  • 入会・毎年継続・フライトボーナスあり
  • Suicaチャージでポイントが貯まる

メリット

概要

ANA VISA Suicaカードは、
三井住友カード株式会社が発行し、
ANA(全日本空輸)と提携したクレジットカードです。

基本的にはANA VISA/マスター 一般カードと同じスペックですが、
Suicaが使えるようになっています。

Suicaチャージでもポイントが貯まり、マイルに交換できたり、
ポイントをSuicaに交換することも可能になっています。

さらにそれだけでなく、マイ・ペイすリボ登録時の年会費が
ANA VISA/マスター 一般カードよりも安くなっています!

もちろん、ANA側の特典として、
入会時、毎年継続時にANAマイルがボーナスでもらえたり、
フライト時にもボーナスマイルがもらえます。

年会費よりもらえるマイルの方が多いので、
実質年会費無料どころかプラスです。

他のANA VISA/マスターカードと重複して持つことも可能なので、
まさに持っているだけでマイルがもらえる超お得なカードです!

なので、メインのANAカードとして使っていくこともできるし、
サブのANAカードとして毎年マイルをもらうこともできます。

腐ることが無いカードなので、
ANAマイルを貯めたい人は絶対に持っておきたい1枚です。

家族カードが無いので、
必要な人は「ANA VISA/マスター 一般カード」をおすすめします。

マイ・ペイすリボについて

以降、マイ・ペイすリボがよく出てくるので、
最初に内容を把握しておきます。

マイ・ペイすリボとは、
ショッピング利用した支払いが自動でリボ払いになるサービスです。
つまり、1回払いにしてもリボ払いになってしまいます。

リボ払いだと金利手数料がかかるから嫌だ…と思うかもしれませんが、
マイ・ペイすリボでは金利手数料をかけずに、
ほぼ1回払いと同じ使い方ができます。

マイ・ペイすリボは初回の金利手数料が掛からないので、
毎月のリボ払い金額を全額にしておけば、
金利手数料はかからなくなります。

マイ・ペイすリボに登録することで
年会費が無料になる等のメリットがいくつかあるので、
クレ活ではマイ・ペイすリボの登録を推奨します。
(リボ払い自体は絶対反対のスタンスですが、
マイ・ペイすリボは設定次第で金利手数料がかからないのでOKとしています。)

ただし、マイ・ペイすリボの設定を忘れてしまうと、
高額な金利手数料がかかってしまう可能性があるため、
絶対にリボ払いの支払金額を全額に設定してください!

この設定を最初にしておけば、
ノーリスクで、メリットだけ受けることができます。

さらに詳細を知りたい人は以下も参考にしてみてください。
三井住友系カードのマイ・ペイすリボとは?

ANAマイル付与率

クレジットカードを使うと、「ワールドポイント」が貯まります。
1,000円利用ごとに1ポイント貯まります。

そしてワールドポイントは、ANAマイルに交換できます。
交換レートは、マイルコースごとによって変わります。

交換レートは、
10マイルコースだと、1,000円利用=1 ポイント=10マイルになります。
5マイルコースだと、1,000円利用=1 ポイント=5マイルになります。

つまりANAマイル付与率は、
10マイルコースは1%、5マイルコースは0.5%になります。

マイルを貯める目的でANAカードを選ぶと思うので、
クレ活では強く10マイルコースをおすすめします。

さらにANA VISA/マスター系カードには、
ボーナスポイントがもらえる方法が2つあります。

1つ目は、リボ払い手数料が発生した場合は、ポイントが2倍になります。

2つ目はステージごとによって、ボーナスポイントがあります。
以下のような条件をクリアするとボーナスポイントがもらえます。

ステージ 条件 ボーナスポイント
V1メンバー 前年度の年間利用額50万円以上 50万円利用で+50ポイント
以降10万円毎に+10ポイント
V2メンバー 前年度の年間利用額100万円以上 50万円利用で+75ポイント
以降10万円毎に+15ポイント
V3メンバー 前年度の年間利用額300万円以上 50万円利用で+150ポイント
以降10万円毎に+30ポイント

ただし、これらのようなボーナスポイントの移行レートは、
1,000円=3マイルになります。

ボーナスポイントを考慮したANAマイル付与率は、
以下のようになります。

ステージ
ANAマイル付与率
通常時 マイ・ペイすリボ
なし 1% 最大1.3%
V1メンバー 1.03% 最大1.33%
V2メンバー 1.045% 最大1.345%
V3メンバー 1.09% 最大1.39%

さらにこれは裏技になりますが、
1ポイント=3マイルのボーナスポイント分を、
ソラチカカード経由で交換した場合、
1ポイント=4.455マイルになります。
交換ルートは、ワールドポイント→Gポイント→メトロポイント→ANAマイルです。

ソラチカカードも組み合わせると以下のようなマイル付与率になります。

ステージ
ANAマイル付与率
通常時 マイ・ペイすリボ
なし 1% 最大1.4455%
V1メンバー 1.04455% 最大1.49005%
V2メンバー 1.066825% 最大1.512325%
V3メンバー 1.13365% 最大1.57915%

通常のANAマイル付与率1%を考えると、
使い方によってはかなりの高還元率になります。
特にマイ・ペイすリボ時のANAマイル付与率が大きいです。

マイ・ペイすリボのANAマイル付与率に「最大」と付いているのは、
ここからリボ手数料分を引く必要があるからです。
といっても、マイ・ペイすリボの裏技を正しく使っていれば、
リボ手数料は数十円~数百円程度なので、
マイル換算しても1マイル程度の影響しかありません。

なので、ANA VISA/マスター系カードは、
使い方によっては、他のANAカードよりもマイルが貯まりやすいと言えます。

ANAカードマイルプラス加盟店

ANAカードマイルプラス加盟店でカード利用した場合は、
クレジットカードのポイントが付くだけでなく、
さらにANAマイルが直接貯まります。

つまり、ポイントとマイルが2重で貯まるんです!

ANAマイルは100円ごとに1マイル、または200円ごとに1マイルが直接貯まるので、
1,000円ごとに20マイルまたは15マイル貯まります。

ダブルでポイントが貯まるので、
ANAカードマイルプラス加盟店はチェックしておくと良いと思います。
ANAカードマイルプラス対象店舗一覧(ANA公式サイト)

ANAマイルボーナス

ANA VISA Suicaカードのマイルボーナスは、以下となります。

条件 ボーナスマイル
入会ボーナス 1,000マイル
毎年継続ボーナス 1,000マイル
フライトボーナス 区間基本マイレージ × クラス・運賃倍率 × 10%

ANA VISA Suicaカードはフライトボーナスが少ないので、
どちらかというと陸で貯めるカードと言えます。

年会費

年会費は、2,000円+税です。
WEB明細利用なら500円割引され、1,500円+税になります。
マイ・ペイすリボ登録し、年1回以上利用すれば1,250円割引され、750円になります。

ただし、WEB明細とマイ・ペイすリボ登録の割引は重複はしません。
キャンペーン中のため、初年度は無料です。

マイ・ペイすリボ登録を使えば、
ANAカードの中では最安レベルの年会費です。

ANA VISA/マスター 一般カードは割引を使っても、1,025円なので
一般カードよりもANA VISA Suicaカードの方がお得です。

さらに、毎年継続ボーナスが1,000マイルもらえるので、
2円換算すれば2,000円分となり、
年会費以上のリターンを得られることができます。

家族カードはありません。

ETCカードの年会費は500円+税です。
年間1回以上のETCカード利用で無料になります。
初年度は無料です。

ANAマイル移行手数料

ANAマイルの移行手数料は、
5マイルコースは無料、
10マイルコースは6,000円+税になります。

また、マイルの移行には応募方式と自動移行方式があります。
応募方式は、自分のタイミングで手動でマイルに交換します。
自動移行方式は、自動的にマイルに交換されます。
ただし、ボーナスポイントは、どちらの方式にしていても応募方式の手続きが必要です。

応募方式、自動移行方式のどちらでも、
10マイルコースか5マイルコースを選べます。

どのコースが良いかというと、
10マイルコースの移行手数料6,000円は年度ごとにかかるので、
応募方式にして2年に1度移行すれば、移行手数料は実質半額になります。

またこの場合だと、10マイルコースの移行手数料は、
年間30万円以上利用する人ならペイできます。

なので、ほとんどの人は応募方式の10マイルコースにした方が得です。

応募方式と自動移行方式については、
詳しくは「マイル自動移行コースとマルチポイントコースどっちが得?」を
参考にしてみてください。

ソラチカカード経由でANAマイルに交換する場合、マイル移行手数料はかかりません。

国際ブランド

国際ブランドは、VISAのみとなります。
使いやすいので問題無いと思います。

付属する電子マネー

ANA VISA Suicaカードには、以下の電子マネーを紐付けできます。

  • Suica
  • iD
  • PiTaPa

Suicaは、分離型、おサイフケータイ型の2タイプです。
オートチャージ対応で、Suica定期券としては利用できません。

おサイフケータイで使う場合、
通常はモバイルSuicaの年会費1,030円(税込)がかかりますが、
ANA VISA Suicaカードの場合は、これが当面無料です。

また、Suicaへのチャージでもポイントがもらえます。(還元率0.5%)

iDは、iDカード、おサイフケータイ型の2タイプです。
どのタイプも年会費・発行手数料は無料です。

PiTaPaは、別カードになります。
年会費・発行手数料は無料です。
ただし、1年間に一度もPiTaPaの利用が無い場合は、
維持管理料として1名につき1,000円+税がかかります。

なお、Suicaが増えた分、楽天Edyは使えません。

付帯保険

付帯保険は一応ありますが、内容は充実していません。
他カードで付帯保険のカバーをした方が良いです。

海外旅行傷害保険が、自動付帯で最高1,000万円です。

国内旅行傷害保険はありませんが、
国内航空傷害保険が、自動付帯で最高1,000万円です。

ショッピング保険は、最高100万円で補償期間90日です。
ただし、ショッピング保険は、海外、リボ払い、分割払いのみが対象です。
マイ・ペイすリボを登録している場合は、国内利用でも適用されます。

その他サービス

ANAカード共通のサービスが利用できます。

  • ANAカード会員専用の割引運賃「ビジネスきっぷ」が利用可能
  • ANA国内線・国際線機内販売10%引き
  • IHG・ANA・ホテルズグループジャパン宿泊割引サービス
  • 空港内店舗「ANA FESTA」で10%引き
  • ANA国内ツアー(ANAスカイホリデー)、ANA海外ツアー(ANAハローツアー)ツアー商品5%引き
  • ショッピングサイト「ANAショッピング astyle」で7%引き
  • 国内では、ニッポンレンタカー、トヨタレンタカー、オリックスレンタカーを5%引き
  • 海外では、ハーツレンタカーを5~20%引き
  • 成田空港でのパーキング割引
  • ANAビジネスソリューション公開講座 受講料15%引き

デメリット

ANA VISA Suicaカードのデメリットは、
移行手数料が高いことです。

ただ、この移行手数料の高さを補う方法がいくつかあります。

マイ・ペイすリボ登録で年会費を安くしたり、
2年に1度の移行をしたりすることです。

これらによって、トータル的には
ANA JCB系カードと同じくらいの金額に抑えることができます。

あと、ANA VISA Suica特有のデメリットが1つあります。
それは、家族カードが無いことです。

なのでメインカードとして家族カードも使いたい人には向きません。
かと言って選択肢から外す必要はなく、
サブカードとして継続マイルボーナス用に持っておけばOKです。

他カードとの比較

他ANA VISA/マスターカードとの比較は、
ANA VISA/マスターカードの違いを徹底比較!
を参考にしてみてください。

他ANA 一般カードとの比較は、
ANA 一般カードの違いを徹底比較!
を参考にしてみてください。

ワイドカードと迷っている人は、
ANA一般よりワイドカードの方が得になる区間基本マイルを検証!
を参考にしてみてください。

総合評価

ANA VISA Suicaカードは、
年会費が安く、持っているだけでお得な必須級のANAカード!

ANAマイルを貯めている人なら、どんな人でも持っておきたいカードです。

何と言っても、「年会費 < 毎年継続ボーナスマイル」になるので、
持っているだけでお得です。
他のANAカードと重複して持てるので、必須級のカードだと思います。

基本スペックは、ANA VISA/マスター 一般カードと同じなので、
普通に使っていく分にも全く問題ありません。

さらに、Suicaとしても使えるので、
Suica用カードとして使うのも悪くありません。

家族カードが無いので、そこだけ注意しておけば大丈夫です。

ANAマイルを貯めている人は、是非1枚持っておきましょう。

入会特典最大最大27,000マイル相当は、2017年4月30日までになります。

基本情報

ANAマイル付与率 1~1.39%
国際ブランド VISA
初期利用限度額 20万~80万
WEBサービス Vpass
年会費 本人 1年目 無料
2年目以降 2,000円+税
・マイ・ペイすリボに登録し、年間1回以上利用で750円+税
・WEB明細書サービスに登録し、年間6回以上の請求で1,500円+税
家族カード 1年目 なし
2年目以降 なし
ETCカード 1年目 無料
2年目以降 500円+税(年1回以上利用で翌年度無料)
発行手数料 本人 無料
家族カード
ETCカード 無料
家族用ETCカード
再発行手数料 1,000円+税
発行 発行資格 満18歳以上の方(高校生は除く)
発行期間 約2週間
発行会社 三井住友カード株式会社
提携会社 ANA(全日本空輸)
支払い 1回払い あり
2回払い あり
ボーナス払い あり(12/16~6/15、7/16~11/15)
ボーナス2回払い なし
分割払い あり
リボ払い あり
支払日 15日締め翌月10日払い
ボーナス払い支払日 8/10、1/10
その他 なし
金利手数料 分割払い金利 12~14.75%
リボ払い金利 15%
キャッシング金利 15~18%
海外利用時手数料 1.63%

ポイント

ポイント ポイント名称 ワールドプレゼント
ポイント有効期限 2年間
ポイントレート 1,000円ごとに1ポイント
ポイント交換 ・ANAマイル5マイルコース
 1ポイント → 5マイル
・ANAマイル10マイルコース
 1ポイント → 10マイル
・iDバリュー
 200ポイント → 1,000ポイント
・楽天スーパーポイント
 200ポイント → 1,000ポイント
・Tポイント
 200ポイント → 1,000ポイント
・その他各種商品など
ボーナスポイント ・前年度の年間利用額50万円以上:50万円利用で+50ポイント、以降10万円ごとに+10ポイント
・前年度の年間利用額100万円以上:50万円利用で+75ポイント、以降10万円ごとに+15ポイント
・前年度の年間利用額300万円以上:50万円利用で+150ポイント、以降10万円ごとに+30ポイント
ポイントモール ポイントUPモール
ANAマイレージモール
電子マネー カードに付属する電子マネー 楽天Edy、iD、PiTaPa
楽天Edy チャージ可、ポイント付与対象外
nanaco チャージ可、ポイント付与対象外
モバイルSuica チャージ可、ポイント付与対象外
SMART ICOCA チャージ可、ポイント付与対象外
WAON チャージ不可
PASMO チャージ不可

マイル

マイル移行手数料 6,000円+税(10マイルコース)
無料(5マイルコース)
入会ボーナス 1,000マイル
継続ボーナス 1,000マイル
フライトボーナス 区間基本マイレージ × クラス・運賃倍率 × 10%

付帯保険

海外旅行傷害保険 付帯条件 自動付帯
死亡・後遺障害 最高1,000万円
障害治療 なし
疾病治療 なし
救援者費用 最高100万円
賠償費用 なし
携行品損害
[自己負担額]
なし
家族特約 なし
国内旅行傷害保険 付帯条件 なし
死亡・後遺障害
入院費用
手術費用
通院費用
家族特約
国内航空傷害保険 最高1,000万円
ショッピング保険 年間保証限度額
[自己負担額]
最高100万円
[3,000円]
※海外利用、リボ払い、分割払いが対象
・マイ・ペイすリボ登録で国内利用も対象
補償期間 90日間
その他保険 紛失・盗難時の保険 あり
ネット不正利用の保険 あり

入会特典

  • 新規入会:1,000マイル
  • リボ払いの利用:5万円以上~50万円未満は最大5,000マイル、50万円以上は最大16,000マイル
  • iDを3万円以上利用:5,000マイル
  • ANA銀聯カード入会&3万円以上利用:5,000マイル

関連記事一覧

サブコンテンツ

クレ活一押しの年会費無料&高還元率カード!

「Orico Card THE POINT」(オリコカードザポイント)は、年会費永年無料でポイント還元率は常時1%のカード。

 オリコモール経由でAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングの還元率が常時2%になるネットショッピングに強い、メインカードにおすすめのカードです。

クレ活!クレジットカード4コマ

クレ活4コマ003
クレ活4コマ004

このページの先頭へ