ANA JCBワイドカードの比較・まとめ

特徴まとめ

ANA JCBワイドカードのサンプル画像
  • マイル付与率最大1.06%
  • 入会・毎年継続・フライトボーナスあり
  • チェックイン時にビジネスクラス専用カウンターが利用可能
  • 充実した付帯保険

メリット

概要

ANA JCBワイドカードは、JCBとANAが提携したクレジットカードです。
JCB側は一般カード、ANA側は上級カードクラスを併せ持ったカードになります。

「ワイドカード」の最大の特徴は、
フライトボーナスが多く付くことです。
このため、フライトでマイルを獲得する機会が多い人に向いているカードです。
具体的にどれくらいのフライト量ならワイドカードが得になるかは、
ANA一般よりワイドカードの方が得になる区間基本マイルを検証!」で徹底検証しています。

さらに、ワイドカード限定のサービスも使えます。
ANA国際線エコノミークラス利用時でも、
ビジネスクラス専用カウンターが利用できるので、
待つこと無くスムーズにチェックインすることができます。

しかし、その分年会費は高くなってしまいます。
マイル移行手数料やマイル付与率はANA JCB一般カードと同じです。

なので、フライトボーナスマイルを年会費相当額以上に獲得できるなら、
ワイドカードはおすすめのカードになります。

ANAマイル付与率

クレジットカードを使うと、「Oki Dokiポイント」が貯まります。
1,000円利用ごとに1ポイント貯まります。

そしてOkiDokiポイントは、ANAマイルに交換できます。
交換レートは、マイルコースごとによって変わります。

交換レートは、
10マイルコースだと、1,000円利用=1 OkiDokiポイント=10マイルになります。
5マイルコースだと、1,000円利用=1 OkiDokiポイント=5マイルになります。

つまりANAマイル付与率は、
10マイルコースは1%、5マイルコースは0.5%になります。

マイルを貯める目的でANAカードを選ぶと思うので、
クレ活では強く10マイルコースをおすすめします。

さらに、JCBカードは「JCB STAR MEMBERS」もあるので、
以下のような条件をクリアするとボーナスポイントがもらえます。

メンバー 条件 ポイントアップ内容
スターβ 年間利用額50万円以上 獲得ポイント10%アップ
スターα 年間利用額100万円以上 獲得ポイント20%アップ

ただし、このようなボーナスポイントの移行レートは、
1,000円=3マイルになります。
他にOkiDokiランドで獲得したボーナスポイントもこのレートになります。
ボーナスポイントかどうかは、利用明細に書かれています。

ANAカードマイルプラス加盟店

ANAカードマイルプラス加盟店でカード利用した場合は、
クレジットカードのポイントが付くだけでなく、
さらにANAマイルが直接貯まります。

つまり、ポイントとマイルが2重で貯まるんです!

ANAマイルは100円ごとに1マイル、または200円ごとに1マイルが直接貯まるので、
1,000円ごとに20マイルまたは15マイル貯まります。

ダブルでポイントが貯まるので、
ANAカードマイルプラス加盟店はチェックしておくと良いと思います。
ANAカードマイルプラス対象店舗一覧(ANA公式サイト)

ANAマイルボーナス

ANA JCBワイドカードのマイルボーナスは、以下となります。

条件 ボーナスマイル
入会ボーナス 2,000マイル
毎年継続ボーナス 2,000マイル
フライトボーナス 区間基本マイレージ × クラス・運賃倍率 × 25%

ANA JCBワイドカードはフライトボーナスが高いです。
フライト距離が長ければ区間基本マイルは高くなるので、
フライト距離が長い人や、フライトが多い人におすすめです。

年会費

年会費は、7,250円+税です。

年会費は一般カードよりも高くなっているので、
その分を毎年継続ボーナスや、フライトボーナスでペイしたいところです。

家族カードの年会費は、1,500円+税です。

ETCカードの年会費は無料です。

ANAマイル移行手数料

ANAマイルの移行手数料は、
5マイルコースは無料、
10マイルコースは5,000円+税になります。

年間利用額50万円以上なら、
5マイルコースだと2,500マイル貯まり、
10マイルコースだと5,000マイル貯まり、
その差は2,500マイルになります。
1マイル=2円換算だと5,000円分の差がつくことになるので、
年間利用額50万円以上を使う人なら、10マイルコースにした方が得になります。

マイル自動移行コース(マイルコース)、
マルチポイントコース(マルチコース)のどちらでも、
10マイルコースか5マイルコースを選べます。

楽天Edyについて

ANA JCBカードには、楽天Edyが内蔵されます。

楽天Edyの支払い200円につき、1~2マイルもらえます。
ただ、ANA JCBワイドカードのチャージではマイルは貯まりません。

200円につき2マイルならマイル付与率1%なのでまだ良いですが、
200円につき1マイルだとマイル付与率0.5%になってしまいます。

なので、楽天Edyを使うよりも、
直接クレジットカードを使った方がマイルが貯まるので、
楽天Edyは使わない方がマイルが貯まります

国際ブランド

国際ブランドは当然JCBになります。

日本の国際ブランドなので、
日本や日本人がよく行く海外の観光地は使えますが、
それ以外だと使えない場合があります。

VISAかMasterCardを別途サブに持った方が良いと思います。

付帯保険

海外旅行傷害保険は、自動付帯で最高5,000万円です。

国内旅行傷害保険は付帯しませんが、
国内航空傷害保険は、自動付帯で最高5,000万円です。

ショッピング保険は、最高100万円で補償期間90日間になりますが、
海外利用時のみ有効になります。
「支払い名人」定額コースに登録していれば、
国内でもショッピング保険が付帯されます。

その他サービス

ANAカード共通のサービスが利用できます。

  • 家族のマイルを合算できるANAカードファミリーマイル
  • ANAカード会員専用の割引運賃「ビジネスきっぷ」が利用可能
  • ANA国内線・国際線機内販売10%引き
  • IHG・ANA・ホテルズグループジャパン宿泊割引サービス
  • 空港内店舗「ANA FESTA」で10%引き
  • ANA国内ツアー(ANAスカイホリデー)、ANA海外ツアー(ANAハローツアー)ツアー商品5%引き
  • ショッピングサイト「ANAショッピング astyle」で7%引き
  • 国内では、ニッポンレンタカー、トヨタレンタカー、オリックスレンタカーを5%引き
  • 海外では、ハーツレンタカーを5~20%引き
  • 成田空港でのパーキング割引
  • ANAビジネスソリューション公開講座 受講料15%引き

ワイドカード専用の以下サービスが利用できます。

  • ANA国際線エコノミークラス利用時でも、ビジネスクラス専用カウンターが利用可能(国際線、ANA運航便のみ対象)
  • ANAグループ空港内免税店での10%引き
  • IHG・ANA・ホテルズグループジャパン朝食無料&ウェルカムドリンク(国内)サービス(直接予約時のみ)
  • JRホテルクレメント高松で宿泊20%割引、レストラン5%割引、アーリー・レイトチェックイン、朝食無料&ウェルカムドリンク

デメリット

ANA JCBワイドカードのデメリットは、年会費の高さになります。

その分、サービスは充実していますが、
年会費の元が取れなければ、
ANA JCB一般カードの方が得だった、という事態になってしまいます。

なので、ワイドカードを選ぶ場合は、
フライト距離が長かったり、フライト回数が多いなど、
フライトによる獲得マイルが多い人が向いています。

他カードとの比較

他ANA JCBカードとの比較は、
ANA JCBカードの違いを徹底比較!
を参考にしてみてください。

他ANA ワイドカードとの比較は、
ANA ワイドカードの違いを徹底比較!
を参考にしてみてください。

一般カードと迷っている人は、
ANA一般よりワイドカードの方が得になる区間基本マイルを検証!
を参考にしてみてください。

総合評価

ANA JCBワイドカードは、
フライトによるマイル獲得が多い人向けのANAカード!

ANA JCBワイドカードは、
フライトのボーナスマイルが多いカードです。
そのため、以下のようにフライトで多くのマイルを獲得する人に向いています。

  • 単純にフライトが多い人
  • 仕事でよく飛行機を使う人
  • 日本から距離のある国に行く人

きちんと活用出来る人なら、年会費はすぐにペイできると思います。

また、ワイドカード専用の上級サービスや、
旅行傷害保険も充実しているので、
よくフライトする人には手放せないカードになるはずです。

陸でもANA JCB一般カードと同じようにマイルが貯まるので、
空と陸の両方からマイルを貯めることができます。

フライトによるマイル獲得が多い人は、検討してみてください。

新規入会で2,000マイル相当がもらえます。

基本情報

ANAマイル付与率 0.5~1.06%
国際ブランド JCB
初期利用限度額 公式サイト参照
WEBサービス MyJCB
年会費 本人 1年目 7,250円+税
2年目以降 7,250円+税
家族カード 1年目 1,500円+税
2年目以降 1,500円+税
ETCカード 1年目 無料
2年目以降 無料
発行手数料 本人 無料
家族カード 無料
ETCカード 無料
家族用ETCカード 無料
再発行手数料 1,000円+税
発行 発行資格 18歳以上で本人または配偶者に安定継続収入のある方
発行期間 約2週間
発行会社 株式会社ジェーシービー
提携会社 ANA(全日本空輸)
支払い 1回払い 公式サイト参照
2回払い 公式サイト参照
ボーナス払い 公式サイト参照
ボーナス2回払い 公式サイト参照
分割払い 公式サイト参照
リボ払い 公式サイト参照
支払日 公式サイト参照
ボーナス払い支払日 公式サイト参照
その他 公式サイト参照
金利手数料 分割払い金利 公式サイト参照
リボ払い金利 公式サイト参照
キャッシング金利 公式サイト参照
海外利用時手数料 公式サイト参照

ポイント

ポイント ポイント名称 Oki Dokiポイント
ポイント有効期限 2年間
ポイントレート 1,000円ごとに1ポイント
ポイント交換 ・ANAマイル5マイルコース
 1ポイント → 5マイル
・ANAマイル10マイルコース
 1ポイント → 10マイル
・楽天スーパーポイント
 500ポイント → 2,500ポイント
・Tポイント
 500ポイント → 2,500ポイント
・nanacoポイント
 500ポイント → 2,500ポイント
・その他各種商品など
ボーナスポイント ・JCB STAR MEMBERS
 年間利用額50万円以上で翌年度獲得ポイント10%アップ
 年間利用額100万円以上で 翌年度獲得ポイント20%アップ
ポイントモール Oki Dokiランド
ANAマイレージモール
電子マネー カードに付属する電子マネー 楽天Edy、QUICPay、PiTaPa
楽天Edy チャージ可、ポイント付与対象外
nanaco チャージ可、ポイント付与対象外
モバイルSuica チャージ可、ポイント付与対象外
SMART ICOCA チャージ可、ポイント付与対象外
WAON チャージ不可
PASMO チャージ不可

マイル

マイル移行手数料 5,000円+税(10マイルコース)
無料(5マイルコース)
入会ボーナス 2,000マイル
継続ボーナス 2,000マイル
フライトボーナス 区間基本マイレージ × クラス・運賃倍率 × 25%

付帯保険

海外旅行傷害保険 付帯条件 自動付帯
死亡・後遺障害 最高5,000万円
障害治療 最高150万円
疾病治療 最高150万円
救援者費用 最高100万円
賠償費用 最高2,000万円
携行品損害
[自己負担額]
最高50万円
[3,000円]
家族特約 なし
国内旅行傷害保険 付帯条件 なし
死亡・後遺障害
入院費用
手術費用
通院費用
家族特約
国内航空傷害保険 死亡・後遺障害 最高5,000万円
入院費用 10,000円/日
手術費用 最高40万円
通院費用 2,000円/日
ショッピング保険 年間保証限度額
[自己負担額]
最高100万円
[10,000円]
※海外利用、支払い名人定額コースが対象
補償期間 90日間
その他保険 紛失・盗難時の保険 あり
ネット不正利用の保険 あり

入会特典

  • 新規入会:2,000マイル相当

関連記事一覧

サブコンテンツ

クレ活一押しの年会費無料&高還元率カード!

「Orico Card THE POINT」(オリコカードザポイント)は、年会費永年無料でポイント還元率は常時1%のカード。

 オリコモール経由でAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングの還元率が常時2%になるネットショッピングに強い、メインカードにおすすめのカードです。

クレ活!クレジットカード4コマ

クレ活4コマ003
クレ活4コマ004

このページの先頭へ