ビックカメラSuicaカードの比較・まとめ

ビックカメラSuicaカードの写真


ビックカメラSuicaカードの封入資料

特徴まとめ

ビックカメラSuicaカードのサンプル画像
  • JR関連(定期券、切符、Suicaチャージ等)で還元率1.5%
  • 年1回の利用で年会費無料
  • Suicaオートチャージ可能
  • モバイルSuicaの年会費が当面無料
  • ビックカメラでポイント10%

メリット

概要

ビックカメラSuicaカードは、
株式会社ビューカードが発行するクレジットカードです。

ビックカメラの利用でポイント10%貯まり、
さらにJR関連でポイントが3倍(還元率も1.5%)になるカードです。

たとえビックカメラを使わない人でも、
JRを使う人なら十分にメリットがあるので、
どちらかを使う人なら大丈夫です。

年1回以上の利用で年会費無料になるので、
年会費無料のビューカードが欲しい人にもおすすめです。

ビックカメラか、JRで使う人におすすめのカードです。

還元率

通常時の還元率は1%になります。
ビューサンクスポイントと、ビックポイントがそれぞれ0.5%付きます。

さらに、以下の時にポイントがアップします。

  • ビックカメラで10%
  • 定期券、切符、Suica等でポイント3倍
  • ENEOSでポイント2倍
  • Web明細ならカード利用のある月に20ポイントもらえる

通常使うカードというよりかは、
ビックカメラや、JR関連で使うとお得になるカードです。

ビックカメラで10%

通常ビックカメラでクレジット払いをすると8%のポイントが付きますが、
ビックカメラSuicaカードなら、10%のポイントが付きます。

Suica払いも可能なので、
Suicaにチャージ(還元率1.5%)してから、
Suicaで支払う(還元率10%)ことで、還元率11.5%になります。

Suicaは2万円までしかチャージできないので、注意してください。

定期券、切符、Suica等でポイント3倍

JR東日本のみどりの窓口やびゅうプラザ、券売機、モバイルSuica等で、
定期券や切符、Suicaチャージをすればポイント3倍の還元率1.5%になります。

ポイント3倍になる詳細商品は以下です。

  • 乗車券
  • 特急券
  • 回数券
  • 特別企画乗車券
  • 携帯電話等による「えきねっと」からのライナー券予約
  • 定期券
  • Suica定期券
  • Suicaグリーン券
  • Suicaカード
  • ビューカードによるSuica入金(チャージ)
  • オートチャージ
  • モバイルSuica(チャージ、オートチャージ、モバイルSuica特急券、モバイルSuica定期券、モバイルSuicaグリーン券)
  • びゅう国内旅行商品 など

年会費

年会費は、477円+税になります。
年1回の利用で翌年度の年会費が無料になります。
初年度は無料です。

家族カードはありません。

ETCカードも477円+税になります。

ポイントの使いやすさ

ポイントはビューサンクスポイントと、ビックポイントの2種類があります。

ビューサンクスポイントは、Suicaにチャージできます。
より還元率を上げたい人は、ルミネ商品券に交換しましょう。

ビックポイントは、ビックカメラで1ポイント=1円として使えます。
また、このカードの場合だとSuicaにチャージもできます。

Suicaを使う人がこのカードを持つはずなので、
ポイントはどちらも使いやすいと思います。

国際ブランド

国際ブランドは、VISA、JCBがあります。

ビックカメラやJR関連でしか使わなければ、
どちらの国際ブランドでも問題ありません。

付帯保険

付帯保険は、おまけのようなものです。

海外旅行傷害保険は、自動付帯で最高500万円。
国内旅行傷害保険は、利用付帯で最高1,000万円。
ショッピング保険はありません。

その他付帯サービス

ビックカメラSuicaカードは以下機能が使えます。

  • Suicaオートチャージ
  • モバイルSuicaの年会費が当面無料
Suicaオートチャージ

Suicaオートチャージは、
このカードに一体しているSuicaにも、
別カードの記名式Suicaでも、
モバイルSuicaにも設定することが可能です。

オートチャージ設定をするには、
駅にある「VIEW ALTTE」を操作すればできます。

デメリット

このカード単体で見れば、デメリットはほとんどありません。

他のビューカードと比べると定期券機能が無いので、
別途定期券を持つか、
定期券機能付きのビューカードを持つ必要があります。

他カードとの比較

ビューカード同士の比較は、
ビューカードの違いを徹底比較!
を参考にしてみてください。

総合評価

ビックカメラSuicaカードは、
ビックカメラか、JRを使う人ならおすすめのカード!

ビックカメラでのポイント10%、
JR関連でのポイント3倍=1.5%は非常にお得です。

しかも、たった年1回の利用だけで年会費が無料になります。
普通にSuicaを使っていれば、まず条件はクリアできるでしょう。

ビックカメラを使う人かJRを使う人なら、
非常におすすめのカードです。

2016年12月31日までに申し込みで入会特典最大7,000円相当分をプレゼント!

基本情報

還元率 1~1.17%
国際ブランド VISA、JCB
初期利用限度額 10万~60万
WEBサービス VIEW’s NET
年会費 本人 1年目 無料
2年目以降 477円+税
年1回以上の利用で翌年度無料
家族カード 1年目 なし
2年目以降 なし
ETCカード 1年目 477円+税
2年目以降 477円+税
発行手数料 本人 無料
家族カード
ETCカード 無料
家族用ETCカード
再発行手数料 477円+税
発行 発行資格 満18歳以上の方で、電話連絡のとれる方(高校生不可)
発行期間 約3週間
発行会社 株式会社ビューカード
提携会社 ビックカメラ
支払い 1回払い あり
2回払い あり
ボーナス払い あり(12/1~6/30、7/1~11/30)
ボーナス2回払い なし
分割払い あり
リボ払い あり
支払日 月末締め翌々月4日払い
ボーナス払い支払日 8/4、1/4
その他 なし
金利手数料 分割払い金利 12~15%
リボ払い金利 13.2%
キャッシング金利
海外利用時手数料 VISA、MasterCard:1.63%
JCB:1.6%

ポイント

ポイント ポイント名称 ビューサンクスポイント
ビックポイント
ポイント有効期限 ビュー:ポイント獲得年の翌年度末まで(最長2年)
ビック:ポイント獲得から2年間
ポイントレート ビュー:1,000円ごとに2ポイント
ビック:1,000円ごとに5ポイント
ビューサンクスポイント交換 ・Suicaへのチャージ
 400ポイント → 1,000円分
・メトロポリタンホテルズ共通利用券
 600ポイント → 2,000円分
・ルミネ商品券
 650ポイント → 2,000円分
 1,250ポイント → 4,000円分
・ビューサンクスクーポン
 1,600ポイント → 5,000円分
ビックポイント交換 ・1ポイント1円としてビックカメラで使用可能
・Suicaへのチャージ
 400ポイント → 1,000円分
ボーナスポイント ・ビューサンクスポイント
 定期券、きっぷ、Suicaチャージ等はポイント3倍
 ENEOSでポイント2倍
 Web明細で毎月20ポイント
・ビックポイント
 ビックカメラで10%
ポイントモール えきねっとポイントモール
電子マネー カードに付属する電子マネー Suica
楽天Edy チャージ可、ポイント対象外
nanaco チャージ可、ポイント対象外
モバイルSuica チャージ可、ポイント満額付与
SMART ICOCA チャージ可、ポイント対象外
WAON チャージ不可
PASMO チャージ不可

付帯保険

海外旅行傷害保険 付帯条件 自動付帯
死亡・後遺障害 最高500万円
障害治療 最高50万円
疾病治療 最高50万円
救援者費用 なし
賠償費用 なし
携行品損害
[自己負担額]
なし
家族特約 なし
国内旅行傷害保険 付帯条件 利用付帯
死亡・後遺障害 最高1,000万円
入院費用 3,000円/日
手術費用 最高3万円
通院費用 2,000円/日
家族特約 なし
ショッピング保険 年間保証限度額
[自己負担額]
なし
補償期間
その他保険 紛失・盗難時の保険 あり
ネット不正利用の保険 あり

入会特典

  • 新規入会:800ポイント(2,000円相当)
  • オートチャージ3,000円以上利用:200ポイント(500円相当)
  • 携帯電話料金の支払い:400ポイント(1,000円相当)
  • 上記以外で50,000円以上利用:1,000ポイント(2,500円相当)

関連記事一覧

サブコンテンツ

クレ活一押しの年会費無料&高還元率カード!

「Orico Card THE POINT」(オリコカードザポイント)は、年会費永年無料でポイント還元率は常時1%のカード。

 オリコモール経由でAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングの還元率が常時2%になるネットショッピングに強い、メインカードにおすすめのカードです。

クレ活!クレジットカード4コマ

クレ活4コマ003
クレ活4コマ004

このページの先頭へ