デルタ スカイマイルJCBカード(一般)の比較・まとめ

特徴まとめ

デルタ スカイマイルJCBカード(一般)のサンプル画像
  • スカイマイルが直接貯まるので移行が不要
  • マイル付与率1.3%
  • デルタ航空の航空券購入は獲得マイルが倍
  • 海外旅行傷害保険が充実

メリット

概要

デルタ スカイマイルJCBカード(一般)は、
デルタ航空とJCBが提携したクレジットカードです。

2013年3月16日に、100円ごとに1マイルから、
100円ごとに1.3マイルに改善されました。

コストパフォーマンス的にはテイクオフカードに劣りますが、
付帯保険や入会ボーナスマイルが多くなっています。

ただ、テイクオフに比べて年会費が高くなるので、
特別な理由が無い限り、一般カードよりはゴールドカード、
もしくはテイクオフの方がいいかもしれません。

ちょっと半端な一般カードといった印象です。
詳しくは、下にある他デルタカードとの比較を見てもらうと良いと思います。

デルタ航空のスカイマイルの特長

デルタ航空は海外の航空会社なので、
日本のANAやJALに無い、以下のような特長があります。

  • スカイマイルの有効期限が無期限
  • 特典航空券を使った時の燃油サーチャージ料金が不要
  • 特典航空券を誰にでも渡すことができる
  • マイルの購入が可能
  • エコノミーでもフライトマイルが100%以上加算される
  • ブラックアウトデイト(適用除外日)が無く、いつでもマイルが使える
  • マイル+現金でも可能
  • 片道のマイル利用も可能

ユーザーにとってはかなり嬉しい内容です。
実は国際的にはこれが普通で、ANAやJALが特殊なだけだったりします。

スカイマイル付与率

デルタスカイマイルカードは、カードを使うと直接スカイマイルが貯まります。
そのため、わざわざマイルに移行する必要はありません。

一般カードの場合は、
マイル付与率が1.3%貯まります。

ANAやJALの場合は、手数料を払ってマイル付与率を1%に上げる必要がありますが、
スカイマイルでは最初から1%以上のマイル付与率になっています。

さらに、デルタ航空の航空券を以下の場所で購入すればマイルが2倍貯まります。

  • デルタ航空ホームページ(日本語サイト)
  • デルタ航空予約センター(電話)
  • 日本国内空港のデルタ航空カウンター

スカイマイルボーナス

デルタ スカイマイルJCBカード(一般)のマイルボーナスは、以下となります。

条件 ボーナスマイル
入会ボーナス 2,000マイル
毎年継続ボーナス なし
フライトボーナス 入会6ヶ月以内の初回搭乗なら以下のマイルボーナス
・エコノミー:2,000マイル
・ビジネスエリート:5,000マイル
ニッポン500マイルキャンペーン 日本国内線の1フライトにつき500マイル(2017年3月31日まで)

テイクオフよりも入会ボーナスが多くなっています。

ニッポン500マイルキャンペーンは、ANAやJALを使ってもマイルがもらえます。

年会費

年会費は、10,000円+税です。
初年度は半額の5,000円+税です。

家族カードの年会費は、3,000円+税です。
初年度は無料です。

ETCカードの年会費は無料です。

国際ブランド

国際ブランドはJCBになります。

JCBは使えないケースもあるので、
サブカードにVISAかMasterCardは持っておいた方が良いです。

付帯保険

海外旅行傷害保険は、自動付帯で最高5,000万円です。

国内旅行傷害保険はありません。

ショッピング保険は、最高100万円で補償期間90日間になりますが、
海外利用時のみ有効になります。
「支払い名人」定額コースに登録していれば、
国内でもショッピング保険が付帯されます。

JCB共通サービス

JCB共通のサービスも利用できます。

  • JCBプラザ(世界60ヵ所に設置された海外サービス窓口)

デメリット

デルタ スカイマイルJCBカード(一般)のデメリットは、
年会費が高いことです。

マイル付与率が1.3%、入会マイルボーナスが2,000マイルと増えてはいますが、
テイクオフの年会費が1,500円ということを考えると、
やはりコストパフォーマンスは良いとは言えません。

しかも、そこまでスペック的にテイクオフカードよりも
優れているわけではないので、
この程度の差なら、テイクオフか、ゴールドを選んだ方がいいと思います。

他カードとの比較

他デルタカードとの違いは、
デルタスカイマイル一般カードの違いを徹底比較!
を参考にしてみてください。

総合評価

デルタ スカイマイルJCBカード(一般)は、
デルタスカイマイルの微妙な一般カード!

年会費自体がテイクオフよりも大幅に高くなっているので、
どうしてもコスパ的に悪く見えてしまうカードです。

ただ、ANAのワイドカード、JALのCLUB-Aカード相当なので、
年会費的にはむしろ普通なんですが、
テイクオフカードがあまりにもコスパが良いので、
こちらのカードがやや劣っているように見えてしまいます(汗)。

テイクオフカードか、ゴールドカードを先に検討してもらった方がいいと思います。

ただ、ゴールドカードを取得する前提で使ったり、
どうしても一般カード並の付帯保険が必要な場合はアリだと思います。

基本情報

マイル付与率 1.3%
国際ブランド JCB
初期利用限度額 20万~100万
WEBサービス MyJCB
年会費 本人 1年目 5,000円+税
2年目以降 10,000円+税
家族カード 1年目 無料
2年目以降 3,000円+税
ETCカード 1年目 無料
2年目以降 無料
発行手数料 本人 無料
家族カード 無料
ETCカード 無料
家族用ETCカード 無料
再発行手数料 1,000円
発行 発行資格 18歳以上でご本人または配偶者に安定継続収入のある方、または高校生を除く18歳以上で学生の方
発行期間 約2週間
発行会社 株式会社ジェーシービー
提携会社 デルタ航空
支払い 1回払い あり
2回払い あり(国内のみ)
ボーナス払い あり(12/16~6/15、7/16~11/15)(国内のみ)
ボーナス2回払い なし
分割払い あり
リボ払い あり
支払日 15日締め翌月10日払い
ボーナス払い支払日 8/10、1/10
その他 なし
金利手数料 分割払い金利 7.92~18%
リボ払い金利 8.04~18%
キャッシング金利 15~18%
海外利用時手数料 1.6%

ポイント

ポイント ポイント名称 デルタ スカイマイル
ポイント有効期限 無期限
ポイントレート 100円ごとに1.3マイル
ポイント交換 なし
ボーナスポイント デルタ航空の航空券購入でマイル2倍
ポイントモール スカイマイル ショッピング
電子マネー カードに付属する電子マネー QUICPay
楽天Edy チャージ不可
nanaco チャージ可、ポイント付与対象外
モバイルSuica チャージ可、ポイント付与対象外
SMART ICOCA チャージ可、ポイント付与対象外
WAON チャージ不可
PASMO チャージ不可

マイル

入会ボーナス 2,000マイル
毎年継続ボーナス なし
フライトボーナス なし

付帯保険

海外旅行傷害保険 付帯条件 自動付帯
死亡・後遺障害 最高5,000万円
障害治療 最高200万円
疾病治療 最高200万円
救援者費用 最高200万円
賠償費用 最高2,000万円
携行品損害
[自己負担額]
最高50万円
[3,000円]
家族特約 なし
国内旅行傷害保険 付帯条件 なし
死亡・後遺障害
入院費用
手術費用
通院費用
家族特約
ショッピング保険 年間保証限度額
[自己負担額]
最高100万円
[10,000円]
※海外利用、支払い名人定額コースが対象
補償期間 90日間
その他保険 紛失・盗難時の保険 あり
ネット不正利用の保険 あり

入会特典

入会特典はありません。


関連記事一覧

サブコンテンツ

クレ活一押しの年会費無料&高還元率カード!

「Orico Card THE POINT」(オリコカードザポイント)は、年会費永年無料でポイント還元率は常時1%のカード。

 オリコモール経由でAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングの還元率が常時2%になるネットショッピングに強い、メインカードにおすすめのカードです。

クレ活!クレジットカード4コマ

クレ活4コマ003
クレ活4コマ004

このページの先頭へ