ENEOSカード(C・P・S)の比較・まとめ

特徴まとめ

ENEOSカードCのサンプル画像
ENEOSカードPのサンプル画像
ENEOSカードSのサンプル画像
  • 年会費やガソリン値引きが違う3種類のカードタイプ
  • Sなら年1回の利用で翌年度の年会費無料
  • ENEOSでガソリン・軽油・灯油などが値引き
  • ロードサービスが無料で付帯

メリット

概要

ENEOSカードは、JXエネルギー株式会社のクレジットカードです。
その名の通り、ENEOSでお得になります。

ENEOSカードは3種類あります。
Cはキャッシュバックタイプ、
Pはポイントタイプ、
Sはスタンダードタイプとなっています。

Cは、ポイントは付きませんが、
月間利用額に応じて、ガソリン・軽油が値引きされます。
最大で1Lあたり7円引きになります。

Pは、ENEOSでのポイントが多く付きやすいです。
その分、ガソリン等の値引きはありません。

Sは、年1回以上の利用で年会費無料になります。
ガソリン・軽油は1Lあたり2円引きと固定されています。

どのENEOSカードにも、ロードサービスが付帯するので、
ENEOSを利用する人なら、どれかのENEOSカードを持っておいた方がお得です。

クレ活のおすすめとしては、
ライト~ミドルユーザーはSを、ヘビーユーザーはPをおすすめします。
基本的にSを選択しておけば、失敗はありません。

還元率

還元率はENEOSカードの種類によって変わるので、
それぞれ説明したいと思います。

ENEOSカードC

ENEOSカードCは、ENEOSでのガソリン・軽油の値引き、
灯油の値引きのみとなり、ポイントは一切付きません。
完全にENEOS専用のカードになります。

具体的には以下の値引きになります。
ENEOSカードCのガソリン値引き表

ENEOSやENEOS以外での1ヶ月間のカード利用額によって、
値引き額が決まる仕組みです。
この値引き分は、その場で値引きされるのではなく、
後日現金でキャッシュバックされます。
ただし、値引きの上限が毎月150Lと決まっています。

このキャッシュバックまでのサイクルは遅く、
以下のように4ヶ月かかる仕組みになっています。

ENEOSカードCのキャッシュバック間隔

まず、カードを使う当月、1ヶ月後については、
実際には値引きが適用されないので、
この最初の2ヶ月間は1Lあたり1円のみの値引きが確定しています。
2ヶ月後からようやく値引きが始まり、
その値引き分は3ヶ月後にキャッシュバックされます。

このサイクルを毎月行っていくことになります。
毎月カード利用額が一定でない場合は、
いつが何円引きになっているのか把握するのが大変になります。

最初の2ヶ月間の値引きが低かったり、
毎月のカード利用がないと、値引き単価が低くなってしまうこと、
上限が毎月150Lまでと決まっていることから、
運用が最も難しいカードになります。

これらを把握できるガソリンヘビーユーザーであれば、
恩恵は得られますが、
正直かなり大変だと思うので、
ヘビーユーザーであれば、Pをおすすめしておきます。

ENEOSカードP

ENEOSカードPは、Cに比べるとかなりシンプルです。

ENEOSでの利用なら1,000円ごとに30ポイント付きます。
還元率にすれば3%です。
ENEOS以外の利用だと1,000円ごとに6ポイントになるので、
還元率は0.6%です。

ENEOSでのポイント還元率が高いので、
基本的にはENEOSでのみ使うことをおすすめします。

ENEOSカードS

ENEOSカードSは、ポイントと値引きが両方あります。

ガソリン・軽油なら、いつでも2円/L引き。
灯油なら、いつでも1円/L引き、となります。

さらに、上記以外のENEOSでの利用、カーメンテ商品等なら、
1,000円ごとに20ポイント(還元率2%)、
ENEOS以外なら1,000円ごとに6ポイント(還元率0.6%)、
のポイントが付きます。
ただ、基本的にはガソリン等の給油に使うと思うので、
カーメンテ商品をよく利用する人以外は、
ポイントはほとんど貯まらないと思った方がいいです。

さらに年会費無料にすることができるので、
その分、Sは他のENEOSカードに比べて有利です。

年会費

年会費は種類によって変わります。
どのカードも初年度は無料です。
2年目以降からは、1,250円+税かかりますが、
Sであれば年1回以上の利用で翌年度の年会費が無料になります。

家族カードとETCカードは、どのカードでも無料になります。

ポイントの使いやすさ

ポイントは1,000ポイント=1,000円のキャッシュバックになるので、
誰でも問題なく使えます。
ポイントの有効期限は2年間になります。

ただ、Cの場合はポイントは一切たまりません。
その分、ガソリン値引きが高めになっています。

国際ブランド

国際ブランドは、VISA、JCBがあります。

ENEOSで使うサブカードになることがほとんどだと思うので、
どちらでも問題ないと思います。

付帯保険

付帯保険は
海外旅行傷害保険、国内旅行傷害保険、ショッピング保険すべてありません。

基本的にはENEOSで使うサブカードとして使うことになるので、
付帯保険なしでも問題ないと思います。

付帯サービス

どのENEOSカードにも、ロードサービスが付帯します。
もしSであれば、年会費無料でロードサービスを持てるのでかなりお得です。

ENEOSロードサービスは以下のような特徴があります。

  • 365日24時間、電話1本の受け付けでOK
  • 全国9,600箇所の拠点で、30分~1時間でかけつける
  • レッカーサービスは10kmまで無料
  • 路上修理は30分以内は無料
  • 部品代は有料になる場合がある

各種ENEOSカードの比較まとめ表

ENEOSカードC・P・S、それぞれの違う部分を表にまとめました。

C(キャッシュバック) P(ポイント) S(スタンダード)
年会費 1,250円+税 1,250円+税 1,250円+税
※年1回以上の利用で翌年度年会費無料
ガソリン・軽油値引き 月間利用額に応じた値引き
7万円以上:7円/L引き
5万~7万未満:5円/L引き
2万~5万未満:4円/L引き
1万~2万未満:2円/L引き
1万円以上:1円/L引き
1,000円毎に30ポイント いつでも2円/L引き
灯油値引き いつでも1円/L引き 1,000円毎に30ポイント いつでも1円/L引き
上記以外のENEOS なし 1,000円毎に30ポイント 1,000円毎に20ポイント
ENEOS以外 なし 1,000円毎に6ポイント 1,000円毎に6ポイント

上にも書いたとおり、Cはおすすめしません。
管理が難しい上に、そこまでお得というわけでもないからです。
Pはヘビーユーザー向け、Sはライト~ミドルユーザー向けとなります。

迷ったら年会費無料となるSにしておけば良いでしょう。

デメリット

1番のデメリットは、わかりにくいことだと思います。
C・P・Sと3種類のカードがあり、
それぞれの特徴が結構違うため、
結局どのカードが一番良いかわかりにくいです。

CやPは、年会費が有料になるのがデメリットです。
コンスタントに毎月ガソリンを使い続けなければ、
ペイすることはできません。

Sのデメリットは、ほとんどありません。
年会費無料にできるので、普通にガソリン給油時に使えば恩恵を受けられます。
また、ロードサービスも実質無料で付帯するので安心です。

他カードとの比較

ENEOSでは「楽天カード」もよくおすすめされています。
楽天カードの場合は、ポイント2倍となるので還元率2%になります。

突き詰めれば、ENEOSカードの方がお得になりますが、
複数のカードを持つのが面倒だったり、多少還元率が下がってもいいなら、
楽天カードにしておくのも1つの手です。

ただ、楽天カードはETCカードが年会費有料となる人が多かったり、
ENEOSカードならロードサービスが付帯するので、
ENEOSを利用する人なら、素直にENEOSカードを持っておいた方がいいと思います。

総合評価

ENEOSカードは、
ENEOS用のガソリンカードとしておすすめ!

ENEOSカードは、ENEOSでの還元率が高いため、
ENEOS用のサブカードとしておすすめです。
ロードサービスも付帯するので、
ENEOSでガソリン給油する人なら持っておきたいカードです。

細かい説明は上でしましたが、
ライト~ミドルユーザーはENEOSカードS、
ヘビーユーザーはENEOSカードPがおすすめです。

基本情報

還元率 C:0%
P:0.6%~3%
S:0.6%~2%
国際ブランド VISA、JCB
初期利用限度額 10万~100万
WEBサービス MY TS3 (マイティーエスキュービック)
年会費 本人 1年目 無料
2年目以降 1,250円+税
S:※年1回以上の利用で年会費無料
家族カード 1年目 無料
2年目以降 無料
ETCカード 1年目 無料
2年目以降 無料
発行手数料 本人 無料
家族カード 無料
ETCカード 無料
家族用ETCカード なし
再発行手数料 無料
発行 発行資格 18歳以上(高校生不可)で安定継続収入のある方
発行期間 約3週間
発行会社 JXエネルギー株式会社
提携会社 なし
支払い 1回払い あり
2回払い あり
ボーナス払い あり(12/21~6/20、7/21~11/20)
ボーナス2回払い あり
分割払い あり
リボ払い あり
支払日 5日締め翌月2日払い
20日締め翌月17日払い
ボーナス払い支払日 8月、1月
その他 なし
金利手数料 分割払い金利 13.2%
リボ払い金利 13.2%
キャッシング金利 17.95%
海外利用時手数料 VISA:1.63%
JCB:1.6%

ポイント

ポイント ポイント名称 ポイントプログラム
※Cはポイントは付かない
ポイント有効期限 2年間
ポイントレート P:ENEOSなら1,000円ごとに30ポイント
ENEOS以外なら1,000円ごとに6ポイント
S:ENEOSならガソリン・軽油・灯油以外のカーメンテ商品が1,000円ごとに20ポイント
ENEOS以外なら1,000円ごとに6ポイント
ポイント交換 ・キャシュバック
 1,000ポイント→1,000円分
ボーナス特典 C:月間利用額に応じてガソリン・軽油が1~7円/L引き、灯油が1円/L引き
S:ENEOSでガソリン・軽油が2円/L引き、灯油が1円/L引き
ポイントモール なし
電子マネー カードに付属する電子マネー QUICPay
楽天Edy チャージ可、ポイント付与対象外
nanaco チャージ可、ポイント満額付与(JCBのみ)
モバイルSuica チャージ可、ポイント満額付与
SMART ICOCA チャージ可、ポイント満額付与
WAON チャージ不可
PASMO チャージ不可

付帯保険

海外旅行傷害保険 付帯条件 なし
死亡・後遺障害
障害治療
疾病治療
救援者費用
賠償費用
携行品損害
[自己負担額]
家族特約
国内旅行傷害保険 付帯条件 なし
死亡・後遺障害
入院費用
手術費用
通院費用
家族特約
ショッピング保険 年間保証限度額
[自己負担額]
なし
補償期間
その他保険 紛失・盗難時の保険 あり
ネット不正利用の保険 あり

入会特典

入会特典はありません。


関連記事一覧

  • ENEOSカード(C・P・S)の比較・まとめ
サブコンテンツ

クレ活一押しの年会費無料&高還元率カード!

「Orico Card THE POINT」(オリコカードザポイント)は、年会費永年無料でポイント還元率は常時1%のカード。

 オリコモール経由でAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングの還元率が常時2%になるネットショッピングに強い、メインカードにおすすめのカードです。

クレ活!クレジットカード4コマ

クレ活4コマ003
クレ活4コマ004

このページの先頭へ