ハワイラブカード<ゴールド>の比較・まとめ

特徴まとめ

ハワイラブカード<ゴールド>のサンプル画像
  • 年会費初年度無料
  • ハワイ関連のお店で優待サービス
  • 手荷物無料宅配サービスや旅行傷害保険で旅をサポート
  • 空港ラウンジサービス付帯

メリット

概要

ハワイラブカード<ゴールド>は、アプラスが発行するクレジットカードです。
その名の通り、ハワイでお得になるクレジットカードです。

まず、ゴールドカードなので、空港関連のサービスがあります。
空港ラウンジサービス、手荷物無料宅配サービス、旅行傷害保険です。
これらで快適な移動ができます。

そして、ハワイラブカードの真骨頂のサービスとして、
ハワイのお店で優待サービスを受けられます。
割引から特別なプレゼントなど、
ハワイでのひとときをより一層楽しくしてくれます。

ゴールドカードですが初年度の年会費が無料なので、
まずはどんなサービスを受けられるのか、試すことができます。

ハワイに定期的に行く人はもちろんですが、
これから初めてハワイに行く、という人など、
とにかくハワイに行く人なら持っておきたいクレジットカードです。

還元率

還元率は0.5%になります。
1,000円ごとに1ポイント貯まります。
1ポイント=5円相当となっています。

このカードの真骨頂はハワイでの付帯サービスにあるので、
還元率にはそこまでこだわらなくても良いと思います。

年会費

年会費は、10,000円+税です。
初年度は無料です。

家族カードの年会費は、1,000円+税です。
初年度は無料です。

ETCカードの年会費は無料ですが、
新規発行手数料が1,000円+税かかります。

ポイントの使いやすさ

ポイントプログラムは、アプラスの「とっておきポイント」になります。

有効期限は1ヶ月~2年間です。
通常はポイントを獲得した年度末(3/31)までとなりますが、
年度内のポイント残高が100ポイント以上であれば、
ポイント有効期限が1年間延長します。
なので、できれば常にポイント残高は100ポイント以上にしたいところです。

ポイントの使い道は色々あります。

  • アマゾンギフト券
  • nanacoギフト
  • 図書カード
  • QUOカード
  • JAL、ANAマイル
  • その他商品

見た限り、ポイントの使い道に困ることは無いと思います。

国際ブランド

国際ブランドは、JCBのみとなります。
国内やハワイでの使い勝手はそこまで問題無いと思います。

付帯保険

海外旅行傷害保険は、最高5,000万円が自動付帯します。
国内旅行傷害保険は、最高3,000万円が利用付帯します。
ショッピング保険は、最高300万円で補償期間90日です。

付帯サービス

ハワイラブの真骨頂はこの付帯サービスにあります。
ハワイで色々なサービスを体験することができます。

  • ハワイのお店や国内のハワイ関連のお店での優待
  • アプラス プレミアムグルメサービス
  • 国際線手荷物無料宅配サービス
  • 空港ラウンジサービス
  • レンタカー割引サービス
  • ワイキキトロリー乗り放題
  • レストラン執事サービス
  • ワイン執事サービス
ハワイのお店や国内のハワイ関連のお店での優待

ハワイラブカードを見せるだけで、
お店で優待サービスを受けることができます。

例えば、5%オフ、10%オフ、20%オフ、グッズプレゼント、などです。
中でも、アストン・ホテルズ&リゾートでは通常料金より最大59%割引となります。

詳しくはこちらの公式サイトをご覧ください。

アプラス プレミアムグルメサービス

対象レストランの所定のコースメニューを2名以上で利用すると、
1名分が無料になります。
現在、日本国内は約200店舗、ハワイ4店舗、シンガポール14店舗が対象です。

国際線手荷物無料宅配サービス

海外への出発・帰国時に、空港~自宅間で荷物1個を無料で運んでくれます。
対象空港:成田国際、羽田国際、中部国際、関西国際

空港ラウンジサービス

日本国内、ハワイ、韓国の主要空港ラウンジを無料で利用できます。

レンタカー割引サービス

ハーツレンタカーが5~10%割引になります。

ワイキキトロリー乗り放題

カードを見せるだけでトロリー(ピンクライン)の乗車賃が無料になります。
なお、2019年3月31日までとなります。

レストラン執事サービス

シーンにあったレストランを探して、予約などの手配をしてくれるサービスです。
なお、首都圏限定となります。

ワイン執事サービス

ワインを届けてくれるサービスです。

デメリット

デメリットを挙げると、還元率の低さ、2年目以降の年会費になります。

ただ、このカードはサービスが非常に充実しており、
これだけで年会費もペイできるので、特に問題ないと思います。

むしろ、カード提示だけで色々なサービスを受けられるので、
カードを一切使わずに年会費だけ払っておく状態でも、
かなりお得になるはずです。

メリットが非常に大きいカードなので、
デメリットはあまり気にしなくても良いと思います。

総合評価

ハワイラブカード<ゴールド>は、
ハワイに行くなら絶対に持っていきたいカード!

ハワイに定期的に行く人はもちろんですが、
とりあえず1回ハワイに行ってみよう、という人でも、
持っておきたいクレジットカードです。

ゴールドカードなのに初年度の年会費が無料になっているので、
1回限りのハワイ旅行でもお得に使うことができます。
空港ラウンジサービスや旅行傷害保険、手荷物無料宅配等があるので、
ハワイに行く人なら誰でも恩恵があります。

ハワイのお店を使う人ならさらにお得な優待サービスがあり、
割引になったり、通常では受けられないサービスを体験できるので、
より一層ハワイ旅行が楽しくなります!

初年度年会費無料なので、試しに使ってみてはいかがでしょうか。

2017年3月31日までなら、2,000円分のポイント!

基本情報

還元率 0.5%
国際ブランド JCB
初期利用限度額 50万~200万
WEBサービス NET station *APLUS
年会費 本人 1年目 無料
2年目以降 10,000円+税
家族カード 1年目 無料
2年目以降 1,000円+税
ETCカード 1年目 無料
2年目以降 無料
発行手数料 本人 無料
家族カード 無料
ETCカード 1,000円+税
家族用ETCカード 1,000円+税
再発行手数料 800円+税
発行 発行資格 原則として年齢20歳以上で電話連絡可能な方(学生不可)
発行期間 約3週間
発行会社 株式会社アプラス
提携会社 なし
支払い 1回払い あり
2回払い あり
ボーナス払い あり
ボーナス2回払い なし
分割払い あり
リボ払い あり
支払日 5日締め当月27日払い
ボーナス払い支払日 8月、1月
その他 なし
金利手数料 分割払い金利 12.6~15%
リボ払い金利 12.6~15%
キャッシング金利 15~18%
海外利用時手数料 1.6%

ポイント

ポイント ポイント名称 とっておきポイント
ポイント有効期限 最大2年間
ポイントレート 1,000円ごとに1ポイント
ポイント交換 ・・アマゾンギフト券
 200ポイント→1,000円分
・nanacoギフト
 200ポイント→1,000円分
・図書カード
 600ポイント→3,000円分
・QUOカード
 600ポイント→3,000円分
・JALマイル
 1ポイント→3マイル(200ポイント以上)
・ANAマイル
 1ポイント→3マイル(200ポイント以上)
・その他商品
ボーナスポイント なし
ポイントモール アプラスモール
電子マネー カードに付属する電子マネー なし
楽天Edy チャージ可、ポイント付与対象外
nanaco チャージ可、ポイント満額付与
モバイルSuica チャージ可、ポイント満額付与
SMART ICOCA チャージ可、ポイント満額付与
WAON チャージ不可
PASMO チャージ不可

付帯保険

海外旅行傷害保険 付帯条件 自動付帯
死亡・後遺障害 最高5,000万円
障害治療 最高300万円
疾病治療 最高300万円
救援者費用 最高200万円
賠償費用 最高2,000万円
携行品損害
[自己負担額]
最高100万円
[3,000円]
家族特約 なし
国内旅行傷害保険 付帯条件 利用付帯
死亡・後遺障害 最高3,000万円
入院費用 5,000円/日
手術費用 なし
通院費用 2,000円/日
家族特約 なし
ショッピング保険 年間保証限度額
[自己負担額]
最高300万円
[3,000円]
補償期間 90日間
その他保険 紛失・盗難時の保険 あり
ネット不正利用の保険 あり

入会特典

  • 新規入会:2,000円相当のポイント

関連記事一覧

  • ハワイラブカード<ゴールド>の比較・まとめ
サブコンテンツ

クレ活一押しの年会費無料&高還元率カード!

「Orico Card THE POINT」(オリコカードザポイント)は、年会費永年無料でポイント還元率は常時1%のカード。

 オリコモール経由でAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングの還元率が常時2%になるネットショッピングに強い、メインカードにおすすめのカードです。

クレ活!クレジットカード4コマ

クレ活4コマ003
クレ活4コマ004

このページの先頭へ