ライフカードの比較・まとめ

ライフカード(JCB)の写真
ライフカード(Bタイプデザイン)のサンプル写真


上は普通のデザインのライフカード。

下は、MasterCardのBタイプデザインです。
少々年季入ってます(笑)。
ライフカードの封入資料

特徴まとめ

ライフカードのサンプル画像
  • 年会費永年無料(家族カード、ETCカードも)
  • 誕生月のカード利用はポイント5倍
  • ポイントの有効期限が最大5年
  • 最短3営業日でカード発行

メリット

概要

ライフカードは、ライフカード株式会社が発行するクレジットカードです。
一時期はCMが多く流れていたので、知っている人も多いと思います。

ライフカードの最大の特徴は、誕生月がポイント5倍になることです。
これは、還元率に換算すると2.5~3.33%にもなるので、
全クレジットカードで比較しても、最高レベルの還元率になります。

そのため、誕生月にカードを多く使うユーザーを始め、
誕生月にたんまりと電子マネーチャージをする人もいます。
この誕生月の5倍は、ポイントはもちろん、
ANAマイルや電子マネーチャージにも適用されます。

誕生月の使い方によって、
お得にも平凡にもなるカードとなっています。

クレ活では、通常時のカード利用はあきらめ、
誕生月に集中して使うスタイルを推奨します。
つまり、サブカードとして利用することになります。

還元率

ライフカードの還元率は、
年間利用額や交換先によって変わるのでやや複雑です。

以下表のように、ステージや誕生月によって還元率が変わります。

倍率 還元率 還元率(AOYAMAギフトカードセット)
レギュラーステージ ポイント1倍 0.5~0.67% 1%
スペシャルステージ ポイント1.5倍 0.75~1% 1.5%
プレミアムステージ ポイント2倍 1~1.33% 2%
誕生月 ポイント5倍 2.5~3.33% 5%

このように、ステージによって還元率が変わってきます。
AOYAMAギフトカードセットは使い勝手は限定的になってしまうので、
別枠の還元率にしています。

この還元率の詳細は、
ライフカードの還元率の詳細について」を参照してください。

ちなみに、誕生月と他のステージは重複せず、
誕生月の場合は、一律ポイント5倍になります。

それぞれのステージの条件は、以下のようになります。

レギュラーステージ 条件なし
スペシャルステージ 年間利用額50万円以上
入会初年度
プレミアムステージ 年間利用額150万円以上
誕生月 誕生月でのカード利用

以上から、誕生月がお得なのは間違いありません。
ただ、誕生月以外は、条件がある割には還元率が低いです。

なぜなら、同じ年会費無料カードには常時還元率1%のカードがあります。
また、年間利用額50万円以上使うのであれば、
条件付き年会費無料の高還元率カードを使った方が得になります。
例えば、REXカードの場合だと、
年間利用額50万円以上なら年会費無料で、還元率は常時1.5%です。

よって、誕生月以外の利用は他カードの方が得になるので、
ライフカードは、誕生月のみに使うサブカードとして使うのが最も得になります。

ちなみに、誕生月のみに使う場合、
ポイント有効期限や、実際に交換できるかどうか、気になると思います。
これは、5年で60,000円カード利用し300ポイント貯めれば大丈夫です。
1年なら12,000円使えばOKです。
ハードルは低いと思うので、
誕生月だけしか使わないサブカードとしても、十分に使っていけます。

ANAマイル

ANAマイルも上記と同じ考えになります。

誕生月以外だと得ではありませんが、
誕生月なら最強カードに豹変します。

誕生月だと、1,000円で15ANAマイル(付与率1.5%)なので、
あのエクストリームカード+ソラチカカード組み合わせ時の付与率1.35%を
超えるほどになります。

なので、ANAマイルを貯めている人も、
ライフカードを誕生月に使えば、一気にポイントが貯まるのでおすすめです。

ちなみに、ライフカードの「サンクスポイント」を直接ANAマイルにするよりも、
一旦Gポイントにしてから、ソラチカカード経由でANAマイルにした方が得です。

年会費

年会費は、永年無料です。

本人、家族カード、ETCカードの年会費は、
すべて無料になります。

ポイントの使いやすさ

ポイントは、色々な商品券やポイントに交換できるので使いやすいです。

主な交換先は以下になります。

  • Vプリカ
  • Amazonギフト券
  • 図書カード
  • JCBギフト券
  • QUOカード
  • その他商品

また、ポイント有効期限も5年とかなり長いので、
誕生月のみの利用だったとしても、失効することなく使いきれるはずです。

ただ、注意したい点が1つあります。
ライフカードは、100円ごとに0.1ポイント付きますが、
これは月の合計金額に対してではなく、
1回の利用ごとにポイントが付いていきます。

なので、99円だと0ポイントになりますし、
1,980円なら、1.9ポイントになります。

なかなか注意しにくいことなので、
100円未満にはカードを使わない、と覚えておけば大丈夫です。

国際ブランド

国際ブランドは、VISA、MasterCard、JCBがあります。

それぞれ、電子マネーチャージでポイントが付くかどうかの違いがあります。

VISA、MasterCardは、モバイルSuicaのチャージでポイントが付きます。
JCBでは付きません。

nanacoチャージは以前はJCB限定でしたが、
VISA、MasterCardでも付きます。
ただ、nanacoチャージのポイントは常に1,000円0.5ポイントと、
非常に貯まりにくくなっているので、
nanacoチャージ用としてはおすすめできません。

電子マネー

ライフカードを誕生月のみに使うサブカードとして使う場合、
電子マネーはよく使うテクニックになります。

誕生月にとりあえずMAXまでチャージしておけば、
いつ使っても大丈夫だからです。

電子マネーチャージは、以下に対応しています。

  • 楽天Edy(ポイント半分付与、ステージ・誕生月の倍率対象外)
  • モバイルSuica(VISAは、MasterCardのみ)
  • SMART ICOCA
  • nanaco(JCBのみ)

楽天Edyは、ポイントが半分になってしまったり、
ステージや誕生月のポイント倍率が適用できないので、
おすすめできません。

nanacoは誕生月、ステージ、新規入会キャンペーンの対象外で、
常に1,000円0.5ポイントのレートになります。

それ以外は、誕生月にチャージすればポイント5倍で付きます。

付帯保険

付帯保険はありません。

海外旅行傷害保険、国内旅行傷害保険、ショッピング保険、
すべてありません。

一応、旅行傷害保険が付帯しているライフカードもありますが、
年会費が1,250円+税かかってしまいます。

他のカードに、年会費無料で旅行傷害保険が自動付帯するカードもあるので、
わざわざ年会費を払う必要はありません。
付帯保険は別カードに任せましょう。

デメリット

誕生月以外の初期の還元率が低いことです。

ポイントが増える色々なステージを満たしていけば還元率は高くなりますが、
一番最初の時は還元率が低い状態となってしまいます。

逆に、誕生月ならライフカードに勝てるカードはありません!
また、年会費無料で、ポイント有効期限も5年あるので、
誕生月のみに使う、という条件にも適しています。

なので、ライフカードを使うなら、
基本的には誕生月の利用がおすすめです。
メインカードとして使うなら、ステージが上がるまでは多少の我慢が必要です。

あと、細かいことですが上にも書いたとおり、
毎月の合計金額ではなく、1回ごとに100円単位でポイントが付きます。
なので、100円未満の買物ではポイントは付かないのでご注意ください。

他カードとの比較

誕生月なら、還元率は最低2.5%にもなるので、
どの高還元率カードよりもお得になります。

ぶっちぎりで得になるので、比較は省略します。

総合評価

ライフカードは、
誕生月に使えば全カード中最強還元率になるカード!

ライフカードは、誕生月以外はそこまで得にはなりませんが、
誕生月なら還元率が5倍になるので、全カード中で比較しても最も得になります!
そのため、クレ活では誕生月のみの集中利用をおすすめします。

誕生月だけの利用だと、ポイントが使いきれるか不安があると思いますが、
ポイント有効期限が5年あるので、
年12,000円以上使えるなら、失効することはありません。

例えば、ライフカードを電子マネーチャージ用として年1回使うだけでも、
十分に恩恵を得ることができます。

年会費無料なのでで持っていて損はないので、
誕生月用に使ってみてはいかがでしょうか?

他にメインカードでポイントやANAマイルを貯めていたとしても、
誕生月のみライフカードに切り替えた方が得になります!
最大限に得をしたい人は絶対に持っておきたいカードです。

2017年1月31日までの新規入会で、最大7,000円相当のLIFEサンクスポイントプレゼント!

基本情報

還元率 通常:0.5~1.33%
誕生月:2.5~3.33%
通常(青山ギフトカードセット):1~2%
誕生月(青山ギフトカードセット):5%
国際ブランド VISA、MasterCard、JCB
初期利用限度額 10万~200万
WEBサービス LIFE-Web Desk
年会費 本人 1年目 無料
2年目以降 無料
家族カード 1年目 無料
2年目以降 無料
ETCカード 1年目 無料
2年目以降 無料
発行手数料 本人 無料
家族カード 無料
ETCカード 無料
家族用ETCカード 無料
再発行手数料 クレジットカード:500円+税
ETCカード:1,000円+税
発行 発行資格 日本国内にお住まいの18歳以上(但し高校生を除く)で、電話連絡が可能な方
発行期間 約2週間(最短4営業日発行)
発行会社 ライフカード株式会社
提携会社 なし
支払い 1回払い あり
2回払い あり
ボーナス払い あり(12/16~7/15、7/16~12/15)
ボーナス2回払い なし
分割払い あり
リボ払い あり
支払日 5日締め当月27日払い、または翌月3日払い
ボーナス払い支払日 8/27、1/27または、9/3、2/3
その他 なし
金利手数料 分割払い金利 12.2~14.79%
リボ払い金利 15%
キャッシング金利 15~18%
海外利用時手数料 1.63%

ポイント

ポイント ポイント名称 Life サンクスプログラム
ポイント有効期限 最長5年
ポイントレート 100円ごとに0.1ポイント(利用ごと)
ポイント交換 ・楽天スーパーポイント
 300ポイント → 1,500円分
・Vプリカ
 590ポイント → 3,000円分
 980ポイント → 5,000円分
 1,780ポイント → 10,000円分
 3,550ポイント → 20,000円分
・Amazonギフト券
 1,000ポイント → 5,000円分
 1,800ポイント → 10,000円分
・図書カード、JCBギフトカード、QUOカード
 1,000ポイント → 5,000円分
 1,800ポイント → 10,000円分
 8,800ポイント → 50,000円分
 15,000ポイント → 100,000円分
・青山ギフトカードセット
 1,000ポイント → 10,000円分
ボーナスポイント ・入会初年度:ポイント1.5倍
・誕生月:ポイント5倍
・50万円以上で300ポイントボーナス
・年間利用額50万円以上:翌年度ポイント1.5倍
・年間利用額150万円以上:翌年度ポイント2倍
ポイントモール L-Mall
電子マネー カードに付属する電子マネー なし
楽天Edy チャージ可、ポイント半分付与
nanaco チャージ可、常時1,000円0.5ポイント付与
モバイルSuica チャージ可、ポイント満額付与
SMART ICOCA チャージ可、ポイント満額付与
WAON チャージ不可
PASMO チャージ不可

付帯保険

海外旅行傷害保険 付帯条件 なし
死亡・後遺障害
障害治療
疾病治療
救援者費用
賠償費用
携行品損害
[自己負担額]
家族特約
国内旅行傷害保険 付帯条件 なし
死亡・後遺障害
入院費用
手術費用
通院費用
家族特約
ショッピング保険 年間保証限度額
[自己負担額]
なし
補償期間
その他保険 紛失・盗難時の保険 あり
ネット不正利用の保険 あり

入会特典

  • 新規入会:200ポイント
  • カード入会から3ヶ月後の月末までの利用回数10回以上:最大400ポイント
  • カード入会から3ヶ月後の月末までに1ヶ月間の利用金額が10万円以上:最大800ポイント

最大1,400ポイント=7,000円分がプレゼント!


関連記事一覧

サブコンテンツ

クレ活一押しの年会費無料&高還元率カード!

「Orico Card THE POINT」(オリコカードザポイント)は、年会費永年無料でポイント還元率は常時1%のカード。

 オリコモール経由でAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングの還元率が常時2%になるネットショッピングに強い、メインカードにおすすめのカードです。

クレ活!クレジットカード4コマ

クレ活4コマ003
クレ活4コマ004

このページの先頭へ