三井住友VISAゴールドカードの比較・まとめ

特徴まとめ

三井住友VISAゴールドカード(クレジットカード)入会なら三井住友カード
  • 国内で人気の高いVISAゴールドカード
  • 高セキュリティと高品質サポート
  • 家族特約付きの充実した付帯保険
  • 空港ラウンジサービス付帯
  • 年会費割引によりコストパフォーマンスが高い

メリット

概要

三井住友VISAゴールドカードは、
三井住友カード株式会社が発行するクレジットカードです。

三井住友VISAゴールドカードは、原則30歳以上の人しか持てません。
ステータス性のある券面に加え、安定したセキュリティのため、
日本では代表的とも言える人気のゴールドカードです。

サービス内容は空港ラウンジや付帯保険が充実しているのはもちろんですが、
年会費の割引を最大限に活用すれば4,000円で持つことができます。
条件は簡単なので、誰でもこの年会費で持つことが可能です。

年会費とサービス内容のバランスを考えると、
コストパフォーマンスが非常に高いカードと言えます。

クレ活管理人がおすすめするゴールドカードの中で、
Top3には間違いなく入り、おそらく1番おすすめできます。

ステータスカードが持ちたい人や、
充実したサービスと年会費のコスパを考えると、
これ以上のカードは無いかもしれません。

マイ・ペイすリボについて

以降、マイ・ペイすリボがよく出てくるので、
最初に内容を把握しておきます。

マイ・ペイすリボとは、
ショッピング利用した支払いが自動でリボ払いになるサービスです。
つまり、1回払いにしてもリボ払いになってしまいます。

リボ払いだと金利手数料がかかるから嫌だ…と思うかもしれませんが、
マイ・ペイすリボでは金利手数料をかけずに、
ほぼ1回払いと同じ使い方ができます。

マイ・ペイすリボは初回の金利手数料が掛からないので、
毎月のリボ払い金額を全額にしておけば、
金利手数料はかからなくなります。

マイ・ペイすリボに登録することで
年会費が無料になる等のメリットがいくつかあるので、
クレ活ではマイ・ペイすリボの登録を推奨します。

ただ、マイ・ペイすリボの設定を間違えてしまうと、
リボ手数料が発生することがあるので、ここだけは注意してください。
きちんと設定をすれば、ノーリスクでメリットを受けられます。

還元率

通常時の還元率は0.5%になります。
リボ払い手数料が発生した場合は、ポイント2倍の還元率1%になります。

それと、前年度(2月~翌年1月)の年間利用額によって、
以下表のように還元率がアップします。

ステージ 条件 ボーナスポイント 還元率
V1メンバー 前年度の年間利用額50万円以上 50万円利用で+50ポイント
以降10万円毎に+10ポイント
0.6%
V2メンバー 前年度の年間利用額100万円以上 50万円利用で+75ポイント
以降10万円毎に+15ポイント
0.65%
V3メンバー 前年度の年間利用額300万円以上 50万円利用で+150ポイント
以降10万円毎に+30ポイント
0.8%

つまり、還元率は0.5%~0.8%になります。
V3メンバーの還元率0.8%までアップすれば、
ゴールドカードとしては高い還元率になります。

年会費

年会費はかかりますが、簡単な条件で割引できます。
そのため、ゴールドカードの割にコストパフォーマンスが高いです。

本会員の年会費

割引なしの年会費は、10,000円+税です。
VISA、MasterCardを両方持つ場合は、12,000円+税になります。

年会費は以下の条件を満たせば無料になったり、割引になります。

条件 年会費
初年度 無料
マイ・ペイすリボに登録し、年間1回以上利用 翌年度の年会費半額
(5,000円+税)
WEB明細書サービスに登録し、年間6回以上の請求(月1回以上利用を6ヵ月) 翌年度の年会費1,000円割引
(9,000円+税)
年間利用額100万円~300万円 翌年度の年会費20%引き
(8,000円+税)
年間利用額300万円以上 翌年度の年会費半額
(5,000円+税)

WEB明細とその他の割引は重複します。
WEB明細+マイ・ペイすリボに登録していれば、
10,000円の年会費は、半額の5,000円になり、
さらに1,000円割引で4,000円+税まで下がります。

そのため、WEB明細とマイ・ペイすリボに登録するのが最もお得です。

家族カードの年会費

家族カードの年会費は、1,000円+税です。
VISA、MasterCardを両方保つ場合は、2,000円+税になります。

1人目は無料になりますが、
2人目以降は年会費がかかってきます。

ETCカードの年会費

ETCカードの年会費は、500円+税です。
年間1回以上のETCカード利用で、翌年度の年会費は無料になります。
初年度も無料です。

ポイントの使いやすさ

ポイントプログラムは、「ワールドプレゼント」になります。

三井住友の一般カードの有効期限は2年間ですが、
ゴールドカードの有効期限は3年間と長くなっています。

また、色々なポイントや商品券などに交換できるので、使いやすいです。
交換先によって還元率が多少変わります。
還元率0.5%になる主な交換先は、以下のようなものがあります。

  • iDバリュー
  • 三井住友カードWAON
  • ベルメゾン・ポイント
  • 楽天スーパーポイント
  • dポイント
  • WALLET ポイント

国際ブランド

国際ブランドは、VISA、MasterCardがあります。
VISAカードの方が使いやすいと思います。

付属する電子マネー

三井住友VISAゴールドカードには、以下の電子マネーを紐付けできます。

  • iD
  • WAON
  • PiTaPa

iDは、クレジット一体型、iD専用カード型、おサイフケータイ型の3タイプがあります。
どのタイプも年会費・発行手数料は無料です。

WAONは、別カードになります。
年会費は無料ですが、発行手数料が300円(税込)かかります。
なお、通常のWAONと同じなので、毎月20・30日のお客さま感謝デーは5%オフ、
毎月5・15・25日のお客さまわくわくデーはWAONポイント2倍になります。

PiTaPaは、別カードになります。
本会員、家族会員ともに、年会費・発行手数料は無料です。
ただし、1年間に一度もPiTaPaの利用が無い場合は、
維持管理料として1名につき1,000円+税がかかります。

付帯保険

付帯保険はゴールドカードなだけあって、充実した内容です。

海外旅行傷害保険は、自動付帯と利用付帯の枠がそれぞれあります。
自動付帯は最高1,000万円、利用付帯は最高4,000万円の、合計最高5,000万円です。
さらに、家族特約が自動付帯します。

国内旅行傷害保険も、自動付帯と利用付帯の枠がそれぞれあります。
自動付帯は最高1,000万円、利用付帯は最高4,000万円の、合計最高5,000万円です。

ショッピング保険は、最高300万円で補償期間90日です。
海外・国内や、支払い方法等の条件など問わずに適用されます。

ドクターコール24

三井住友VISAゴールドカードには「ドクターコール24」が付帯します。

このサービスは、24時間・365日、年中無休で医師への無料電話相談ができます。
ただし、国内からの相談のみで、海外からは対応していません。

特に小さい子供がいる人は、おすすめです。
休日や深夜でも電話一本で医療相談ができるのは安心できると思います。

「relux」割引サービス

「relux」は、全国の高級旅館やホテルを予約できるサイトです。
三井住友VISAゴールドカード会員なら、
このサイトで予約する際に3,000円オフの優待を受けられます。

優待を受ける方法は、Vpassにログインすると専用のクーポンコードが載っているので、
このクーポンコードをreluxで使えば割引になります。

その他付帯サービス

通常年会費3,059円+税かかる情報誌「VISA」を無料で届けてくれます

対応空港ラウンジ

国内の主要な空港ラウンジが無料で利用できます。
対象の空港は以下になります。

  • 新千歳空港
  • 函館空港
  • 青森空港
  • 秋田空港
  • 仙台空港
  • 新潟空港
  • 富山空港
  • 成田国際空港
  • 羽田空港
  • 中部国際空港
  • 小松空港
  • 伊丹空港
  • 関西国際空港
  • 神戸空港
  • 岡山空港
  • 広島空港
  • 米子空港
  • 山口宇部空港
  • 徳島空港
  • 高松空港
  • 松山空港
  • 福岡空港
  • 北九州空港
  • 長崎空港
  • 大分空港
  • 熊本空港
  • 鹿児島空港
  • 那覇空港

デメリット

三井住友VISAゴールドカードのデメリットは、あるんでしょうか?
クレ活管理人的には見つかりませんでした。

初期の還元率が0.5%なのはややデメリットですが、
ゴールドカードとしては普通なので、
そこまで言うほどのことでもありません。

やはりこれだけのサービスや、ステータス性のあるカードを
年会費4,000円で持てるということ自体がスゴイと思います。

ただ、やはりポイント還元率のみを重視するなら、
向かないカードだと思います。

他カードとの比較

他の三井住友VISAカードとの比較は、
各三井住友VISAカードの違いを徹底比較!
を参照してください。

総合評価

三井住友VISAゴールドカードは、
ステータス性、安心・信頼性が非常に高く、コスパに優れたゴールドカード!

三井住友VISAゴールドカードは昔からあるクレジットカードの1つで、
現在までずっと人気のステータスカードとして君臨しています。

これだけの長い期間使われ続けた実績は、
安心・安全で信頼性の高いことの証明になると思います。

やはりステータス性の高い券面なので、
ビジネスでのフォーマルな場面からプライベートのデートなどの場面など、
どのような時にも堂々とスマートに使うことができます。

その一方で年会費はWEB明細とマイ・ペイすリボ登録により、
10,000円から4,000円まで下げることが可能です。
家族特約付きの充実した旅行傷害保険や空港ラウンジなど、
サービスも充実しています。

これだけのサービスやステータス性がありながら安い年会費で持てるので、
コストパフォーマンスが非常に高いです。

さらに初年度は無料なので、
ゴールドカードを試したい人は、是非一度申し込んで使ってみてください。

入会特典最大8,000円は、2016年12月28日までになります。

基本情報

還元率 0.5~0.8%
国際ブランド VISA、MasterCard
初期利用限度額 50万~200万
WEBサービス Vpass
年会費 本人 1年目 無料
2年目以降 10,000円+税
(VISA+MasterCardは、12,000円+税)
・マイ・ペイすリボに登録し、年間1回以上利用で半額
・WEB明細書サービスに登録し、年間6回以上の請求で1,000円割引
・年間利用額100万円~300万円で翌年度20%引き
・年間利用額300万円以上で翌年度半額
家族カード 1年目 1人目:無料
2人目以降:1,000円+税
 (VISA+MasterCardは、2,000円+税)
2年目以降 1人目:無料
2人目以降:1,000円+税
 (VISA+MasterCardは、2,000円+税)
ETCカード 1年目 無料
2年目以降 500円+税(年1回以上利用で翌年度無料)
発行手数料 本人 無料
家族カード 無料
ETCカード 無料
家族用ETCカード 無料
再発行手数料 無料
発行 発行資格 原則として、満30歳以上で、本人に安定継続収入のある方
発行期間 約2週間(最短3営業日発行)
発行会社 三井住友カード株式会社
提携会社 なし
支払い 1回払い あり
2回払い あり
ボーナス払い あり(12/16~6/15、7/16~11/15)
ボーナス2回払い なし
分割払い あり
リボ払い あり
支払日 15日締め翌月10日払い
月末締め翌月26日払い
ボーナス払い支払日 8月、1月
その他 なし
金利手数料 分割払い金利 12~14.75%
リボ払い金利 15%
キャッシング金利 18%
海外利用時手数料 1.63%

ポイント

ポイント ポイント名称 ワールドプレゼント
ポイント有効期限 3年間
ポイントレート 1,000円ごとに1ポイント
ポイント交換 ・iDバリュー
 200ポイント → 1,000ポイント
・三井住友カードWAON
 200ポイント → 1,000ポイント
・ベルメゾン・ポイント
 200ポイント → 1,000ポイント
・楽天スーパーポイント
 200ポイント → 1,000ポイント
・dポイント
 200ポイント → 1,000ポイント
・WALLET ポイント
 200ポイント → 1,000ポイント
・ビックポイント
 200ポイント → 1,000ポイント
・ジョーシンポイント
 200ポイント → 1,000ポイント
・ヨドバシゴールドポイント
 200ポイント → 1,000ポイント
・その他各種商品など
ボーナスポイント ・前年度の年間利用額50万円以上:50万円利用で+100ポイント、以降10万円ごとに+20ポイント
・前年度の年間利用額100万円以上:50万円利用で+150ポイント、以降10万円ごとに+30ポイント
・前年度の年間利用額300万円以上:50万円利用で+300ポイント、以降10万円ごとに+60ポイント
ポイントモール ポイントUPモール
電子マネー カードに付属する電子マネー iD、WAON、PiTaPa
楽天Edy チャージ可、ポイント付与対象外
nanaco チャージ可、ポイント付与対象外
モバイルSuica チャージ可、ポイント付与対象外
SMART ICOCA チャージ可、ポイント付与対象外
WAON チャージ可、ポイント付与対象外
PASMO チャージ不可

付帯保険

海外旅行傷害保険 付帯条件 自動付帯+利用付帯
死亡・後遺障害 自動:最高1,000万円
利用:最高4,000万円
家族:最高1,000万円
障害治療 最高300万円
家族:最高200万円
疾病治療 最高300万円
家族:最高200万円
救援者費用 最高500万円
家族:最高200万円
賠償費用 最高5,000万円
家族:最高2,000万円
携行品損害
[自己負担額]
最高50万円
[3,000円]
家族:最高50万円
[3,000円]
家族特約 あり
国内旅行傷害保険 付帯条件 自動付帯+利用付帯
死亡・後遺障害 自動:最高1,000万円
利用:最高4,000万円
入院費用 5,000円/日
手術費用 最高20万円
通院費用 2,000円/日
家族特約 なし
ショッピング保険 年間保証限度額
[自己負担額]
最高300万円
[3,000円]
補償期間 90日間
その他保険 紛失・盗難時の保険 あり
ネット不正利用の保険 あり

入会特典

  • 新規入会&3ヶ月以内に3万円以上利用:1,000円キャッシュバック
  • バーチャルカード同時入会&3ヶ月以内に3万円以上利用:1,000円キャッシュバック
  • 家族カード同時入会&3ヶ月以内に3万円以上利用:1,000円キャッシュバック
  • 入会時マイ・ペイすリボを設定し、入会後3ヶ月以内に3万円以上利用:1,000円キャッシュバック
  • 入会時三井住友カードiDに同時入会し、入会後3ヶ月以内にiDで3万円以上利用:2,000円キャッシュバック
  • 三井住友カードiD入会&キャンペーンエントリー後利用:最大2,000円分iDバリュー

関連記事一覧

サブコンテンツ

クレ活一押しの年会費無料&高還元率カード!

「Orico Card THE POINT」(オリコカードザポイント)は、年会費永年無料でポイント還元率は常時1%のカード。

 オリコモール経由でAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングの還元率が常時2%になるネットショッピングに強い、メインカードにおすすめのカードです。

クレ活!クレジットカード4コマ

クレ活4コマ003
クレ活4コマ004

このページの先頭へ