NTTグループカードの比較・まとめ

特徴まとめ

NTTグループカードのサンプル画像
  • WEB明細登録で年会費無料
  • NTTグループの通信費用をキャッシュバック
  • 出光SSのガソリンが2円/L以上の値引き
  • 入会特典がお得

メリット

概要

NTTグループカードは、NTTファイナンスが発行しているクレジットカードです。

このカードの主な特徴は、
通信費用のキャッシュバックと、出光SSのガソリン値引きがあります。

ただ、両方ともクレ活で徹底検証した結果、
ほぼ使い道の無いカードということがわかりました。

このカードを使っている人は、
すみやかに別カードに移行することを強くおすすめします。

これから申し込もうという人は、
ひと通りこのページを見て納得できたら、
クレ活おすすめの別カードを再検討してみてください。

なぜ、NTTグループカードがおすすめできないかは、
以下に根拠を示します。

還元率

NTTグループカードには、
「ポイント・プレゼントコース」と「おまとめキャッシュバックコース」の
2種類のポイントプログラムがあり、
どちらかを選択する必要があります。

それぞれ還元率が違うので、1つずつ見ていきます。

ポイント・プレゼントコース

ポイント・プレゼントコースは、
他のクレジットカードと同じように、
使った金額に対して一定の割合でポイントが貯まります。

ポイントは0.5%で付与され、
交換時には0.5~0.6%となります。

また、5,000ポイント達成ごとに500ポイントがボーナスとして付きます。

ボーナスポイント込みで還元率を計算すると、
最大0.66%となります。

一応、還元率の算出方法を書いておきます。
ポイントは1,000円ごとに10ポイントのレートで付くので、
5,000ポイント達成には、50万円のカード利用になります。

つまり、50万円で5,000+500ポイント貯まります。
5,500ポイントは円換算すると、3,300円分になるので、

還元3,300円 ÷ カード利用50万円 × 100 = 還元率0.66%

となるわけです。

世の中には、常時1.5%以上の高還元率カードがある以上、
最高で0.66%という還元率では、まったく話になりません。

なので、ポイント・プレゼントコースを使うなら、
別カードを使った方が得になります。

おまとめキャッシュバックコース

おまとめキャッシュバックコースは、
以下の手順で、NTTグループで使った通信費用がキャッシュバックされます。

  1. 月間利用額に応じてもらえるポイント量によって、キャッシュバック率が決定
  2. そのキャッシュバック率 × NTTグループ通信費用 = 還元額

キャッシュバック率は、以下のように決まります。

獲得ポイント 月間利用額 キャッシュバック率
0~190ポイント 2万円未満 0%
200~390ポイント 2~4万円未満 1.5%
400~590ポイント 4~6万円未満 3%
600~790ポイント 6~8万円未満 4.5%
800~990ポイント 8~10万円未満 6%
1,000~1,990ポイント 10~19万円未満 8%
2,000~2,990ポイント 20~29万円未満 18%
3,000~3,990ポイント 30~39万円未満 28%
4,000~4,990ポイント 40~49万円未満 38%
5,000~5,990ポイント 50~59万円未満 50%
6,000ポイント以上 60万円以上 60%

続いて、NTTグループの通信費用を計算します。
以下の支払合計金額がキャッシュバック対象となります。
ただ、通信費用の合計額は上限15,000円となっています。

  • NTT東日本・NTT西日本:加入電話、フレッツ・サービス、ひかり電話などの基本料、通話・通信料など
  • NTTドコモ:Xiサービス、FOMAサービス、パケット通信サービス、衛星電話サービス(船舶電話を除く)
  • NTTコミュニケーションズ:OCNご利用代金、NTTコミュニケーションズご利用分の電話料金(県間・国際通話料金)など
  • NTT-ME:プロバイダー(WAKWAK)料金など
  • NTTぷらら:プロバイダー(ぷらら)料金、ひかりTV料金など
  • @nifty:プロバイダー料金など
  • BIGLOBE:プロバイダー料金など
  • NTTファイナンス:おまとめ請求

通信費用の合計金額にキャッシュバック率を掛けることで、
キャッシュバック額が計算できます。

例えば、月間利用額が10万円で、
NTTグループの通信費用が1万円だったとします。

月10万円のキャッシュバック率は、8%となります。
通信費用1万円の8%になるので、
キャッシュバックされる金額は、

10,000 × 8% = 800円

となります。
この例で還元率を出すと、10万円使って800円の還元になるので、

800円 ÷ 10万円 × 100 = 0.8%

となります。

すべてのケースで還元率を計算した結果は以下表です。
以下表では最大の還元率になるように、
上限の通信費用15,000円、月間利用額は低い方を使って計算しています。

月間利用額 キャッシュバック率 キャッシュバック額 最大還元率
2万円未満 0% 0%円 0%
2~4万円未満 1.5% 225円 1.125%
4~6万円未満 3% 450円 1.125%
6~8万円未満 4.5% 675円 1.125%
8~10万円未満 6% 900円 1.125%
10~19万円未満 8% 1,200円 1.2%
20~29万円未満 18% 2,700円 1.35%
30~39万円未満 28% 4,200円 1.4%
40~49万円未満 38% 5,700円 1.425%
50~59万円未満 50% 7,500円 1.5%
60万円以上 60% 9,000円 1.5%

つまり、最大還元率は1.5%になるわけです。

ただ、この1.5%を出すためには、
月間利用額50万円以上、かつNTTグループ通信費用15,000円が、
条件となってきます。

年間ではなく、月間の利用額です。
はっきり言って無理です(笑)。

日本のクレカ年間平均利用額が約60万であることを考えると、
月5~6万くらいが普通の家庭です。
それをその10倍っていうのは、さすがに難しいと思います。

そもそも、高還元率カードは、常時1.5%を無条件で出せます。
NTTグループカードは、かなり難しい条件をクリアして、
ようやく1.5%を出せるような内容です。

以上から、キャッシュバックコースでも、
別のカードを使った方が得、という結果になりました。

なので、ポイント還元の観点では、
NTTグループカードは得なカードでは無いことがわかりました。

出光キャッシュバックシステム

続いて、ガソリンカードの実力を見ていきます。

NTTグループカードには、
「出光キャッシュバックシステム」というガソリン値引きがあり、
これは月間利用額によって、出光SSでのガソリン値引き額が変わる仕組みです。

この仕組みは結構複雑なので、
最初にざっと全体像を把握しておきます。
以下のように値引き額が決まります。

  1. 出光SSでのカード利用金額によって、ポイントを獲得
  2. このポイント量によって、ガソリンの値引き額が決まる

まずは最初のポイント獲得部分から見ていきます。

当月16日~翌月15日に使った月間利用額に応じてポイントが決まります。
ポイントは、1,000円以上、1万円未満は、一律1ポイント、
1万円以上は1,000円につき0.1ポイントもらえます。
20ポイントが上限となります。

このポイントは、「ポイント・プレゼントコース」や
「おまとめキャッシュバックコース」とは無関係のポイントです。

次に、ポイントを獲得したら、以下計算式で値引き額が決定します。

レギュラー・ハイオク:
 月間に貯まったポイント数 × 2円 = 1リッター当たりの値引き額

軽油:
 月間に貯まったポイント数 × 1円 = 1リッター当たりの値引き額

例えば、月15,000円出光SSで利用した場合、
ポイントは、1.5ポイントとなります。
なので値引き額は、

1.5ポイント × 2円 = 3円/L値引き

になります。

他に、例をいくつか挙げておきます。

月間利用額 獲得ポイント 値引き額
1,000円以上~10,000円未満 1ポイント 2円/L
15,000円 1.5ポイント 3円/L
20,000円 2ポイント 4円/L
50,000円 5ポイント 10円/L
100,000円 10ポイント 20円/L
200,000円 20ポイント 40円/L(最大値)

この値引き額が、翌々月の出光SSのガソリン利用に適用されます。
そして、キャッシュバックはさらに翌月となります。

時系列がわかりにくいので整理すると、
1/16~2/15の1ヶ月間の出光SS利用金額に応じて値引き額が決まり、
3/16~4/15に値引きが適用されます。
5/15に値引きした金額がキャッシュバックされます。

つまり、最初の1ヶ月目は値引きは一切無く、
値引きの時期は翌月以降となるので、タイムラグがあります。

なので、もし出光SSで全く利用しない月があると、
その翌々月のガソリン値引きはありません。

毎月値引きをするためには、
毎月出光SSで1,000円以上の利用が必要です。

それから、この値引き適用される月間限度量は、
ハイオク100L、レギュラー100L、軽油100Lとなります。

NTTグループカードのガソリンカードのスペックは以上になりますが、
出光SSのガソリンカードとしては、
出光カードまいどプラスの方が得になります。

ガソリンカードの詳細比較は、
出光カードまいどプラスとNTTグループカードの比較!どっちが得?」になります。

ポイント面、ガソリン面とどちらも他カードの方が得という結果になったので、
NTTグループカードは、ほぼ使い道が無いカードという結論になりました。

年会費

年会費は1,200円+税になりますが、
WEB明細登録で無料になるので、
これは年会費無料と言っても問題はないと思います。

家族カードは、年会費無料です。

ETCカードは、500円+税になります。

ポイントの使いやすさ

ポイントは、キャッシュバックに使えるので使いやすいです。

国際ブランド

国際ブランドは、VISAとMasterCardです。

昔はMasterCardのみ、nanacoチャージでポイントが付きましたが、
今ならVISAでもポイントが付くのでどちらでも大丈夫です。

付帯保険

付帯保険は、海外旅行傷害保険、国内旅行傷害保険はありません。

ショッピング保険は、補償期間60日で最高100万円がついていますが、
リボや分割払いのみが対象となるので、
実質なしと考えた方が良さそうです。

デメリット

NTTグループカードのデメリットは、
ほぼ使い道が無い点です。

ポイント面、ガソリン面から徹底検証しましたが、
他カードより優れる点はありませんでした。

また、地味にETCカードの年会費がかかるので、
自動車用カードとしても使いにくくなっています。

そんな中、このカードの使い道を考え抜いた結果、
唯一ガソリン面での使い道を見つけました。

それは、ガソリンカードのサブカードです。
通常、ガソリンカードは、月間何リットルまで割引、という制限があります。
その制限を超える場合は、別のカードに頼ることになります。
このような2枚目のガソリンカードとして、
NTTグループカードは使えます。

あと一応、入会特典金額が高いので、
それ狙いといった使い方もあります。

他カードとの比較

ポイント面では、他のカードに負けています。

NTTグループカードは、最高還元率が1.5%なのに対し、
高還元率カードは、常時1.5%になります。
比べるまでもなく、高還元率カードの方がお得です。

クレ活おすすめの高還元率カードは、
ポイントが貯まるおすすめクレジットカード」になります。

また、出光SSのガソリン値引き面でも、
出光カードまいどプラス」の方がおすすめです。

それぞれの比較は、上の方に書いた通りです。

総合評価

NTTグループカードは、
ガソリンカードのサブカード!
もしくは、
入会特典狙いのカード!

残念ながら、あまり使い道の無いカードです。
ポイント目的の人は、「高還元率カード」を、
ガソリン目的の人は、「出光カードまいどプラス」をおすすめします。

2枚目以降のガソリンカードや、
入会特典目当てで作るカードとしては使い道があります。

基本情報

還元率 ポイント:0.5%~0.66
キャッシュバック:0~1.5%
国際ブランド VISA、MasterCard
初期利用限度額 10万~100万
WEBサービス MyLink
年会費 本人 1年目 1,200円+税(WEB明細登録で年会費無料)
2年目以降 1,200円+税(WEB明細登録で年会費無料)
家族カード 1年目 無料
2年目以降 無料
ETCカード 1年目 無料
2年目以降 無料
発行手数料 本人 無料
家族カード 無料
ETCカード 無料
家族用ETCカード 無料
再発行手数料 1,000円+税
発行 発行資格 満18歳以上(高校生除く)で、ご本人または配偶者に安定した継続収入のある方、または学生の方
発行期間 約2週間
発行会社 NTTファイナンス
提携会社 なし
支払い 1回払い あり
2回払い あり
ボーナス払い あり(VISA:12/16~6/15、7/16~11/15、
 MasterCard:12/11~6/15、7/11~11/15)
ボーナス2回払い なし
分割払い なし
リボ払い あり
支払日 月末締め翌月25日払い
ボーナス払い支払日 8/25、1/25
その他 なし
金利手数料 分割払い金利 10.25~12.75%
リボ払い金利 13.2%
キャッシング金利 18%
海外利用時手数料 1.63%

ポイント

ポイント ポイント名称 ポイント・プレゼントコース
おまとめキャッシュバックコース
ポイント有効期限 2年
ポイントレート 1,000円ごとに10ポイント
ポイント交換 ・キャッシュバック
 10,000ポイント → 6,000円分
ボーナスポイント 5,000ポイント達成ごとに500ポイントボーナス
ポイントモール 倍増TOMN
電子マネー カードに付属する電子マネー なし
楽天Edy チャージ可、ポイント満額付与
nanaco チャージ可、ポイント満額付与
モバイルSuica チャージ可、ポイント満額付与
SMART ICOCA チャージ可、ポイント満額付与
WAON チャージ不可
PASMO チャージ不可

付帯保険

海外旅行傷害保険 付帯条件 なし
死亡・後遺障害
障害治療
疾病治療
救援者費用
賠償費用
携行品損害
[自己負担額]
家族特約
国内旅行傷害保険 付帯条件 なし
死亡・後遺障害
入院費用
手術費用
通院費用
家族特約
ショッピング保険 年間保証限度額
[自己負担額]
最高100万円
[10,000円]
※リボ払い、分割払いが対象
補償期間 60日間
その他保険 紛失・盗難時の保険 あり
ネット不正利用の保険 あり

入会特典

入会特典はありません。


関連記事一覧

サブコンテンツ

クレ活一押しの年会費無料&高還元率カード!

「Orico Card THE POINT」(オリコカードザポイント)は、年会費永年無料でポイント還元率は常時1%のカード。

 オリコモール経由でAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングの還元率が常時2%になるネットショッピングに強い、メインカードにおすすめのカードです。

クレ活!クレジットカード4コマ

クレ活4コマ003
クレ活4コマ004

このページの先頭へ