リーダーズカードの比較・まとめ

リーダーズカードの写真


リーダーズカードの封入資料

特徴まとめ

リーダーズカードのサンプル画像
リーダーズカードフロスのサンプル画像
  • ポイント還元率1.32%
  • 年間50万利用で翌年の年会費無料
  • 充実の付帯保険
  • デザインがクール&ビューティ
  • 女性向けデザインも有り

メリット

概要

Readers Card(リーダーズカード)は、
Amazonを使う人向けのクレジットカードとして、
2011年12月に登場しました。
実はAmazonと提携しているわけではなく、JACCSが単独で出しています。

ただ、2015年12月の改悪によって還元率が1.8%から1.32%に大幅ダウンしたため、
もはやAmazon最強カードとは言えなくなっています。

クレ活管理人が個人的に一番良いと思うのが、デザインです。
高還元率カードの中では最も良いと思います。
しかも、女性向けデザインのリーダーズカードフロスもあるので、
男女共におしゃれなカードを持つことができます。

還元率

リーダーズカードの還元率は、
Amazonデポジットに使えば1.32%、
Jデポに使えば1.1%になります。

ポイントは1,000円ごとに11ポイント貯まります。

年会費

年会費は2,500円+税、家族カードの年会費は400円+税と有料です。
でも、年間利用額50万円以上の利用で、
両方の翌年度年会費が無料になるので、
人によっては超高還元率なのに、年会費無料カードとして使えます。

この年会費無料条件があるので、
年間利用額50万~100万の人にとっては、
最も得になるカードになります。
(実際は、REXカードとの選択になります)

日本人のクレジットカード平均利用額が60万円前後らしいので、
Amazonをよく使う人にとっては、
このリーダーズカードが最強になるということです。

ポイントの使いやすさ

得られるポイントは、「Reader’s Cardポイント」で、
有効期限は2年間です。
主にAmazon限定デポジットとJデポに交換することができます。

Amazon限定デポジットとは、
Amazonで使った分を値引きできるものになります。
JデポのAmazon限定版のようなものです。

Amazon限定デポジットについては、ちょっとわかりにくいかもしれないので、
AmazonポイントとAmazon限定デポジットの違い」などが参考になると思います。

国際ブランド

国際ブランドは、VISAなのでどこでも問題無く使うことができます。

付帯保険

一般カードとしては、付帯保険は充実しています。

海外旅行傷害保険が最高2,000万円、
国内旅行傷害保険が最高1,000万円、
残念ながらショッピング保険はありません。

デメリット

リーダーズカードのデメリットは、
ポイントの交換先が実質Amazonでしか使えないことです。

また、改悪されポイント還元率も下がったので、
Amazon最強カードとは言えなくなり、
ほとんど使い道が無くなってしまったと言えるカードです。

なので残念ながらAmazon目的のクレジットカードが欲しいのであれば、
リーダーズカードではなく、他のカードの方が良いです。

おすすめは、「オリコカードザポイント」で、
ネットショッピングに強いため、Amazonでは還元率2%になります。
Amazonだけでなく、楽天、Yahoo!ショッピングでも同じく2%です。

また、以下のAmazon MasterCardでも良いと思います。

Amazon MasterCardとの比較

リーダーズカードは、Amazon向けのクレジットカードですが、
Amazonには純正のクレジットカードの「Amazon MasterCard」もあります。

そのAmazon MasterCardとの比較をしています。
Amazon MasterCardクラシック&ゴールドの徹底比較

ただ、改悪があったため、もはや比べるまでもありません。
Amazon目的でリーダーズカードを選ぶのは不正解となりますが、
一応、上記の徹底比較内容を見て、
納得したうえでカードを選んでほしいと思います。

他の高還元率カードとの比較

同じ超高還元率と言われる、以下のカードと徹底比較しています。

  • 漢方スタイルクラブカード
  • REXカード
  • リクルートカードプラス

それぞれ、1対1での総当り比較をしています。
漢方スタイルクラブカードとリーダーズカードの比較!どっちが得?
REXカードとリーダーズカードの比較!どっちが得?
リーダーズカードとリクルートカードプラスの比較!どっちが得?

この4枚の高還元カード同士の比較もしています。
ポイントが貯まるおすすめクレジットカード4枚を徹底的に比較!

カードを決めるうえで、参考にしてみてください。

総合評価

リーダーズカードは、
微妙になってしまった元高還元率カード!

さすがに還元率1.5%未満となってしまったら、
もう高還元率カードとは呼べないと思います。

また、今まではAmazon最強カードとしておすすめできたカードでしたが、
改悪後は、Amazon用のカードとしてもおすすめできません。

ということで残念ながら、
リーダーズカードはあまり持つ意味がなくなってしまいました。
素直に他のカードをおすすめします。

今なら最大Jデポ1,000円分プレゼント!

基本情報

還元率 1.32%(Amazon限定デポジット)
1.1%(Jデポ)
国際ブランド VISA
初期利用限度額 60万キャッシング枠50万
100万キャッシング枠50万
WEBサービス インターコムクラブ
年会費 本人 1年目 無料
2年目以降 2,500円+税(年50万円以上で翌年度無料)
家族カード 1年目 無料
2年目以降 400円+税(年50万円以上で翌年度無料)
ETCカード 1年目 無料
2年目以降 無料
発行手数料 本人 無料
家族カード 無料(最大3枚まで)
ETCカード 無料
家族用ETCカード 無料
再発行手数料 500円+税
発行 発行資格 年齢18歳以上で電話連絡可能な方(高校生を除く)
発行期間 約2週間
発行会社 株式会社ジャックス
提携会社 なし
支払い 1回払い あり
2回払い あり(手数料無料)
ボーナス払い あり(3/1~5末、9/1~10末)
分割払い あり
リボ払い あり
支払日 月末締め翌月27日払い
ボーナス払い支払日 7/27、12/27
その他 海外利用分は原則1回払い
金利手数料 分割払い金利 12.25%~15%
リボ払い金利 15%
キャッシング金利 18%
海外利用時手数料 1.63%

ポイント

ポイント ポイント名称 Reader’s Cardポイント
ポイント有効期限 2年
ポイントレート 通常:1,000円ごとに11ポイント
ポイント交換 ・Amazon限定デポジット
 5,000ポイント → 6,000円分
・Amazon限定デポジット
 3,500ポイント → 4,000円分
・Jデポ
 5,000ポイント → 5,000円分
・Jデポ
 3,500ポイント → 3,500円分
ボーナスポイント なし
ポイントモール JACCSモール(経由でJデポ加算)
電子マネー カードに付属する電子マネー なし
楽天Edy チャージ可、ポイント対象外
nanaco チャージ可、ポイント対象外
モバイルSuica チャージ可、ポイント満額付与
SMART ICOCA チャージ可、ポイント満額付与
WAON チャージ不可
PASMO チャージ不可

付帯保険

海外旅行傷害保険 付帯条件 自動付帯
死亡・後遺障害 最高2,000万円
障害治療 最高200万円
疾病治療 最高200万円
救援者費用 最高200万円
賠償費用 最高2,000万円
携行品損害
[自己負担額]
最高20万円(1旅行・1年間)
[3,000円]
家族特約 なし
国内旅行傷害保険 付帯条件 利用付帯
死亡・後遺障害 最高1,000万円
入院費用 5,000円/日
手術費用 5~20万円
通院費用 3,000円/日
家族特約 なし
ショッピング保険 年間保証限度額
[自己負担額]
なし
補償期間
その他保険 紛失・盗難時の保険 あり(カード盗難保険)
ネット不正利用の保険 あり(ネットあんしんサービス)

入会特典

  • Jリボサービス登録:Jデポ1,000円分プレゼント

関連記事一覧

サブコンテンツ

クレ活一押しの年会費無料&高還元率カード!

「Orico Card THE POINT」(オリコカードザポイント)は、年会費永年無料でポイント還元率は常時1%のカード。

 オリコモール経由でAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングの還元率が常時2%になるネットショッピングに強い、メインカードにおすすめのカードです。

クレ活!クレジットカード4コマ

クレ活4コマ003
クレ活4コマ004

このページの先頭へ