リクルートカード(プラス)の比較・まとめ

現在リクルートカードプラスは新規申込、家族カード申込ができません。
また、2016年9月16日以降は、nanaco・モバイルSuicaのチャージによるポイントが付かなくなります。
プラスではない「リクルートカード」には影響ありません。
リクルートカード(VISA)の写真
リクルートカードの写真
リクルートカードプラスの写真

クレ活管理人は申し込んでから、なんと5日で到着しました!
リクルートカードの封入資料

特徴まとめ

リクルートカードのサンプル画像

リクルートカードプラスのサンプル画像
  • リクルートカードは、年会費無料でポイント還元率1.2%
  • リクルートカードプラスは、ポイント還元率2%
  • リクルートサービスの利用で還元率大幅アップ
  • 1年に1回使うだけでポイント有効期限が実質無期限
  • 電子マネーQUICPayを利用可能
  • 高還元率カードで旅行傷害保険とショッピング保険の両取り
  • リクルートカードプラスは、海外・国内の旅行傷害保険が自動付帯

メリット

概要

リクルートカード、リクルートカードプラスは、
株式会社リクルートホールディングスが発行するクレジットカードです。

リクルートがクレジット業界に参入するきっかけとなったカードで、
自社サービスをより使ってもらうために開発したようです。
2013年5月30日に登場しました。

後発組のカードのため、今出回っているカードよりも、
1段階スペックが高い印象を受けます。

年会費無料のリクルートカードは、
年会費無料カードの中でもポイント還元率が1.2%とトップクラス。
年会費有料のリクルートカードプラスは、
全クレジットカード中でも脅威のポイント還元率2%と最高峰。

さらに、リクルート関連のサービスを使った場合に、
最大で10%ポイント加算、平均で2~3%ほど加算されます。
例えば、リクルートカードプラスで3%加算のポンパレモールを使った場合、
2%+3%=5%となり、非常にお得なカードになります。

メインカードとしても最有力候補と言っても良く、
特にリクルートのサービスを使う人におすすめのカードです。

還元率

リクルートカードは、年会費無料カードの中で最高クラスの1.2%、
リクルートカードプラスは、全クレジットカードの中で最高クラスの2%です。

この非常に高い還元率がリクルートカードの特徴になります。

リクルートのサービス(じゃらん、ポンパレモール、ホットペッパー等)を使うと、
さらに平均2~3%、最大10%のポイントが加算されます。

また、電子マネーのnanacoチャージでもポイントが満額付与されるので、
nanacoへのチャージ用カードとしても優秀です。

年会費

リクルートカードの年会費は、永年無料です。
リクルートカードプラスの年会費は2,000円+税、
家族カードの年会費は1,000円+税と有料です。

年会費が有料なため、ある程度の年間利用額が無いと1番得なカードにはなりません。
しかし、他の高還元率カードとは微差です。
もし、リクルートのサービスを使うのであれば還元率が加算されるので、
他のカードよりも得になりやすいです。

ポイントの使いやすさ

貯まるポイントはPontaになります。
共通ポイントのPontaは、ローソンなどのリアル店舗や、
インターネット上でも使えるので使い道は多いです。

また、さらにdポイント(ドコモの共通ポイント)にも交換可能なので、
ドコモのケータイ料金にも使うことができます。

Pontaの有効期限はポイント変動(たまる、使う)から1年になるので、
実質無期限と言っても良いと思います。

リクルートポイントとも統合されたので、
リクルートのサービスにも使うことができます。

国際ブランド

リクルートカードの国際ブランドは、JCB、VISAが選べます。
リクルートカードプラスの国際ブランドは、JCBになります。

付帯保険

付帯保険も充実しています。
リクルートカードは、
海外旅行傷害保険が利用付帯で最高2,000万円、
国内旅行傷害保険が利用付帯で最高1,000万円
です。

リクルートカードプラスは、
海外旅行傷害保険が自動付帯で最高3,000万円、
国内旅行傷害保険が自動付帯で最高3,000万円、
です。

さらに両カードともに、
ショッピング保険200万円が付帯しています。

デメリット

リクルートカードのデメリットは、
Pontaが使えるかどうかによります。

Pontaを使う機会のない人にとっては、
ちょっと使いにくいかもしれません。

クレ活では、普段Pontaやリクルートを使っていない人でも、
活用できる方法を模索しました。
その結果が「最も得するリクルートポイントの使い道」にありますので、
リクルートカードは良いけど、ポイントが使いにくい、
と思っている人がいたら、是非みてください。

また、Pontaはdポイントにも交換できるようになっているので、
dポイントとして使うことも検討すれば、
より良い使い道が見つかるかもしれません。
dポイントは、主にドコモのケータイ料金に使うことができます。

他の超高還元率カードとの比較

同じ超高還元率と言われる、以下のカードと徹底比較しています。

  • 漢方スタイルクラブカード
  • REXカード
  • リーダーズカード

それぞれ、1対1での総当り比較をしています。
漢方スタイルクラブカードとリクルートカードプラスの比較!どっちが得?
REXカードとリクルートカードプラスの比較!どっちが得?
リーダーズカードとリクルートカードプラスの比較!どっちが得?

この4枚の超高還元カード同士の比較もしています。
ポイントが貯まるおすすめクレジットカード4枚を徹底的に比較!

カードを決めるうえで、参考にしてみてください。

総合評価

ポンパレ・じゃらん・ホットペッパー使うなら最強!リクルートカード!おすすめだヨ!
リクルートカード、リクルートカードプラスは、
リクルートのサービスを使う人には最強のクレジットカード!

また、高還元率で付帯保険が充実している高スペックのカード
探している人にもピッタリです。

リクルートカードか、リクルートカードプラスのどちらが良いかわからない人は、
リクルートカードとリクルートカードプラス、どっちを選べばいいの?」が参考になります。

リクルートのサービスを使っていないからと言って、
この高還元率や付帯保険サービスを諦めてしまうのはもったいないです!
リクルートのサービスは、色々なものがあるので
ポイントが使えるかどうか、一度検討してみてください。

基本情報

リクルートカード リクルートカードプラス
還元率 1.2% 2%
国際ブランド JCB、VISA JCB
初期利用限度額 10万~100万
WEBサービス JCB:MyJCB
VISA:MUFGカードWEBサービス
年会費 本人 1年目 無料 2,000円+税
2年目以降 無料 2,000円+税
家族カード 1年目 無料 1,000円+税
2年目以降 無料 1,000円+税
ETCカード 1年目 無料
2年目以降 無料
発行手数料 本人 無料
家族カード 無料(JCB:最大8枚まで、
VISA:最大4枚まで)
ETCカード JCB:無料
VISA:1,000円+税
家族用ETCカード JCB:無料
VISA:1,000円+税
再発行手数料 所定の手数料が必要
発行 発行資格 18歳以上で本人または配偶者に安定継続収入のある方(高校生を除く)
発行期間 約1週間
発行会社 株式会社リクルートホールディングス
提携会社 なし
支払い 1回払い あり
2回払い あり(手数料無料)
ボーナス払い あり(12/16~6/5、7/16~11/15)
分割払い あり
リボ払い あり
支払日 15日締め翌月10日払い
ボーナス払い支払日 8/10、1/10
金利手数料 分割払い金利 12%~15%
リボ払い金利 13.2~15%
キャッシング金利 15~18%
海外利用時手数料 JCB:1.6%
VISA:1.63%

ポイント

リクルートカード リクルートカードプラス
ポイント ポイント名称 Ponta
ポイント有効期限 1年(ポイントをもらう度に1年延長になるので、実質無期限)
ポイントレート 100円ごとに1.2ポイント 100円ごとに2ポイント
ポイント交換 1ポイント1円相当で、Pontaが使えるお店で使用できる
ボーナスポイント リクルートのサービス利用
ポイントモール ポンパレモール
電子マネー カードに付属する電子マネー JCB:QUICPay
VISA:なし
楽天Edy JCB:チャージ可、ポイント対象外
VISA:チャージ可、ポイント満額付与
nanaco チャージ可、ポイント満額付与
モバイルSuica チャージ可、ポイント満額付与
SMART ICOCA JCB:チャージ可、ポイント対象外
VISA:チャージ可、ポイント満額付与
WAON チャージ不可
PASMO チャージ不可

付帯保険

リクルートカード リクルートカードプラス
海外旅行傷害保険 付帯条件 利用付帯 自動付帯
死亡・後遺障害 最高2,000万円 最高3,000万円
障害治療 最高100万円
疾病治療 最高100万円
救援者費用 最高100万円
賠償費用 最高2,000万円
携行品損害
[自己負担額]
最高20万円(1旅行)
[3,000円]
家族特約 なし
国内旅行傷害保険 付帯条件 利用付帯 自動付帯
死亡・後遺障害 最高1,000万円 最高3,000万円
入院費用 なし
手術費用 なし
通院費用 なし
家族特約 なし
ショッピング保険 年間保証限度額
[自己負担額]
最高200万円
[3,000円]
補償期間 90日間
その他保険 紛失・盗難時の保険 あり
ネット不正利用の保険 あり(JCB:JCBでe安心、
VISA:不正利用の補償)

入会特典

入会特典はありません。


関連記事一覧

サブコンテンツ

クレ活一押しの年会費無料&高還元率カード!

「Orico Card THE POINT」(オリコカードザポイント)は、年会費永年無料でポイント還元率は常時1%のカード。

 オリコモール経由でAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングの還元率が常時2%になるネットショッピングに強い、メインカードにおすすめのカードです。

クレ活!クレジットカード4コマ

クレ活4コマ003
クレ活4コマ004

このページの先頭へ